自宅にダンジョンが出来た。

なつめ猫

誰がために鐘は鳴る(3)




 1杯目、2杯目と食べ続けていく間に、以前も感じていたがお腹が膨れていくのが分かる。

「おや、どうかしましたか?」
「…………ずいぶんと山根さんは余裕ですね?」
「まぁ、自衛官は体が資本ですからね。それなりに食べることができますよ? 特盛つゆだくで!」
「――チッ、こちらもつゆだく特盛で!」

 3杯目が目の前に置かれる。
 昼時ということもありサラリーマンが目を見開いて見てきている。
 中には、スマートフォンで写真を取っている人もいる。
 
 肖像権の侵害なんだが? と、突っ込みを入れそうになったが、山根が牛丼を流し食べしているのを見て俺も牛丼特盛を飲み干す。

「山岸さんの限界は5杯ですか? それとも6杯ですか?」
「…………」

 どうして、俺の現在の限界を知っているのか……。
 俺ですら、体重が減ってから自分がどれだけ食べられるのか分からなかったというのに。
 そして――、その限界は藤堂しか知り得ないはず。

「……なるほど……な……」
「どうかしましたか?」
「いいや――」

 俺は肩を竦めながら牛丼特盛つゆだく 4杯目を頼む。
 もちろん山根も追従してくる。

 ふと思ったことだが……。
 あながち間違いではないような思いが内心広がっていく。

 ――そう。
 もしかしたら、藤堂と山根は裏では繋がっているのではないのか? と――。

 そう考えると、いままで違和感を抱いてた部分が何となく理解できる。
 それと同時に――、何故? 俺に分かるように山根がヒントを出してきたのか?
 
 そこが説明つかないが……。

 まぁ、いまはそれはどうでもいい。
 問題は、1つのアパートに陸上自衛隊の人間が――、しかも山根と同じ内閣情報調査室に所属している人間が引っ越してくる可能性だ。
 その確率は極めて低いと言わざるえない。

「山根さん」
「何でしょうか?」
「山根さんは、自分が勝った時には自衛隊に入ってほしいといっていましたが――」
「そうですが……」
「それでは、私が勝ったら理由をきちんと説明してもらいましょうか? 藤堂さんとの関係を――」
「――っ!? わ、わかりました。いいでしょう……」

 山根が頷くのを確認したと同時に俺は深く呼吸する。
 さて、勝敗を決するとしよう。
 
「すううううううう――、はああああああああああ」

 丹田を練るようにし体中から力を抜き――。

「牛丼特盛10杯お願いします!」
「「え!?」」

 山根と店員の声だけでなく、店中にいた客たちの視線が俺に向かう。
 それと同時に一部の客からは「ま、まさか……、あの食べ方は――」という声が聞こえてくる。
 どうやら、俺の食べ方を知っている奴がいるようだな。
 ……まぁ、それはいい。

 ――見せてやろうではないか!

 牛丼四天王の一人の実力とやらを!

 すぐに目の前にドンッ! と置かれる牛野屋の牛丼特盛つゆだく10杯。
 それらを俺は、七味と紅ショウガで微妙に味を変えながら、10分もかけずに飲み干す。

「――ば、ばかな……」
 
 山根が6杯目を手に持ちながら茫然とつぶやく。

「やはり……、この体では15杯が限界か……」

 以前の体なら30杯はいけたはずだったが……。
 やはり無理なダイエットは体にはよくないな。

「ま、待ってください! どこに、それほどの量が――。明らかに食べた量と体に収まった量が比例しません」
「ふっ、何も分かっていないな」

 俺の言葉に「――なっ!?」と、言う表情を見せる山根。

「全ての食に感謝をして食せば、限界以上に食べられる。それが牛丼道というものだ」
「ぎゅ、牛丼道……、まったく意味がわかりません……」
「素人に分からないのも仕方がない。その奥深さは、常識人では理解できないからな」

 俺は、前髪をかきあげながら山根の言葉に答えてやる。
 
 もともと、勝算があったから俺に戦いを挑んできたのだろう。
 
 ――だが、相手が悪かった。

 俺は世界牛丼大会で、一度は紙一重で準優勝だった漢だ。
 その俺が、素人相手に本気を出すのは大人げなかった――だが! 勝負は勝負。

「さあ、勝負は俺の勝ちだ。約束を果たしてもらおうか?」
「…………わかりました」

 支払いは万札2枚になった。
 全部、山根が支払っていたが――、やはり領収書をもらっていた。

「山岸さん、それでは込み入った話になりますので場所を変えてもいいでしょうか?」

 店から出てきた山根が提案してくる。
 それに、俺は同意する。
 藤堂の問題もある。
 それに、どうして山根が俺にここまで固執しているのか、その理由も知りたい。
 さらに言えば、どうして俺に悟られるような言動をしたのかも興味がある。

 余計なことを言わずに勝負だけしていればバレなかったものを。
 これではワザと種明かしを山根はしたようなものではないか……。

 思考している間に車が到着する。
 先ほどの黒塗りのワンボックスカー。

 俺と山根が乗ると車はすぐに走りだす。
 
 ――そして40分ほどで到着したのは、陸上自衛隊習志野駐屯地であった。

「山岸さん、係の者が案内しますので……、私は少し席を外します」

 顔を真っ青にしたまま、山根は車から降りると小走りで建物の方へとむかっていく。
 無理をして食べるからああなる。
 食べ物で遊んだらいけないという見本だな。

「山岸さん、それではお部屋までご案内します」

 話かけてきたのは、紺色の自衛隊の服装をピシッ! と着こなした女性。



 ステータス 

 名前 柚木(ゆずき) ゆい(ゆい)
 職業 軍人 ※陸上自衛隊3等陸曹
 年齢 28歳
 身長 161センチ
 体重 51キログラム
 
 レベル117

 HP1170/HP1170
 MP1170/MP1170

 体力14(+)
 敏捷25(+)
 腕力12(+)
 魔力 0(+)
 幸運 3(+)
 魅力26(+) 

 所有ポイント116



 念のためにスキル「解析LV10」で確認しておく。
 なるほど……。
 どうやら、目の前の女性は内閣情報調査室には属していないようだ。
 さらに、日本ダンジョン探索者協会にも所属してはいない。
 
 生粋の自衛隊員といったところか……。

「わかりました」

 まぁ、虎穴に入らずんば虎子を得ずとも言うからな。
 それに、全てを疑って掛かっておけばある程度の対処を取ることは出来るはず。

 彼女の後ろを付いていきながら、視界内に表示されているステータスの項目を選ぶ。
 視界内に半透明のプレートが開くと同時にステータスが表示される。



 ステータス

 名前 山岸(やまぎし) 直人(なおと)
 年齢 41歳
 身長 162センチ
 体重 66キログラム

 レベル1(レベル1100)
 HP 10/10(11000/11000)
 HP 10/10(11000/11000)

 体力17(+) 
 敏捷15(+) 
 腕力16(+)
 魔力 0(+) 
 幸運932(+)
 魅力 3(+)

 ▽所有ポイント 0



 ――すぐにステータスを解除する。
 


 ステータス

 名前 山岸(やまぎし) 直人(なおと)
 年齢 41歳
 身長 162センチ
 体重 66キログラム

 レベル1(レベル1100)
 HP 10/10(11000/11000)
 HP 10/10(11000/11000)

 体力17(+) 
 敏捷15(+) 
 腕力16(+)
 魔力 0(+) 
 幸運 0(+)
 魅力 3(+)

 ▼所有ポイント 932 



  リセット所有ポイント 932 制限解除まで300秒



 ステータスが振りなおせるまで、気を付けておかないと。
 何かあった場合に、すぐに対処できるとは限らないからな。

 柚木という女性自衛官の後を付いて行くと途中から建物に入る。
 それから建物の階段を上がっていく。
 建物の3階まで上がったところで、通路の右側へと歩いていく。
 
「山岸様、それではこちらへ」

 頷きながら入った部屋は、高級そうなソファーやテーブルが置かれている。
 薦められるままソファーに座ったあと、女性自衛官がお茶をテーブルの上におくと「それでは、少々お待ちください」と、頭を下げたあと部屋から出て行った。

 どうやら、彼女が全て対応するという訳ではなかったようだ。
 案内役と言ったところだろう。
 
 まぁ、山根も自身ありげに俺に勝負を挑んで負けたからな。
 本当は、山根が俺を案内する予定だったのだろう。



 柚木という女性が退室してから、5分ほど経過した。

「遅いな……」

 一体、山根は何をしているのか。
 たかが牛丼特盛6杯程度で、倒れているわけもないよな……。
 そうなると――、……やはり藤堂との関係性を問われることを気にしていると見た方がいいかも知れない。
 それにしても、一人で待たされるというのは手持ち無沙汰以外の何者でもないな。

「仕方ないか」

 一人呟きながら、スマートフォンをスーツの上着から取り出す。

「2等陸尉と……」

 自衛隊の階級について俺は知らない。
 一度、調べておいた方がいいだろう。
 まぁ、軍曹よりも上ということはないだろうが。

 ――検索項目に「陸上自衛隊 階級」と音声入力し検索。
 
 すぐに自衛隊の階級一覧が表示される。

「――さて、2等陸尉はと……」

 ふむ……、尉官? 
 よくわからないな。
 順位的には、かなり上の階級のようだが……。
 これは軍曹よりも上なのか?

 さらに検索。

「2等陸曹が、軍曹と同格なのか……。つまり、それよりも5階級上ということは、かなり偉い人間なのか……」

 なるほど……。
 つまり、2階級特進をしても届かないということか。
 ずいぶんと偉いんだな……。

 ただ、そうなると一つ問題が発生する。
 どうして、俺みたいな人間に、あそこまでアピールしてくるかという点だ。

 客観的に見て、俺は40歳を過ぎていて自衛隊に勧誘するほどの逸材だとは思えないんだが……。
 
 ――と、なると、何か裏があるとしか思えないが……。
 
「……ダメだな」

 あまりに情報が乏しすぎる。
 こういう時に大賢者がいればと思わずにはいられない。

 ――コンコン

「大変、お待たせいたしました」

 山根が入室してきた。
 山根の脇には、茶色い封筒が抱えられている。
 
「お待たせしましたか?」
「そうですね。ずいぶんと待ちましたよ」

 俺は、皮肉交じりに肩を竦めながら答える。
 実際に嘘はついていない。
 それに、相手が自衛隊内で階級がどれだけ高かろうが俺には関係の無いことだ。
 そんな俺の様子に山根が笑みを浮かべながらソファーに座る。

「こちらも時間がないので、手短にお願いできますか?」
「ええ、分かっています。私は負けましたから、お約束のことはお話しましょう」
「それでは、藤堂に関してですが……」

 こちらが、ある程度は情報を掴んでいるぞ? という意味合いを含ませながら語りかける。

「そうですね。簡単に、ご説明しますと私は、最初から貴方に興味をもっていました」

 いきなり話が脱線したな。
 それよりも、俺に興味を持っていたとは、どういうことだ?

「いえ――、私にそういう趣味はありませんから。ノーマルですから」
「違います! そういう意味合いで言ったわけではありません!」

 おっと! ずいぶんと強い口調で否定してきたぞ?
 まさか、俺の言ったことが本当だったのか?

「気にすることはありませんよ――、趣味や性癖というのは人ぞれぞれですから。ただし、私はノーマルです」

 山根が自身の頭に手を添える。
 
「さすがは山岸さん、交渉は得意と言ったところですか?」

 こいつは何を言っているのだろうか?
 そもそも――、まだ俺は、交渉すらしていない。
 交渉というのは、お互いの掛け金をテーブルの上に乗せた上で始まる。

 ――そのために、交渉はまだ始まってすらいない。

「さて、それではどういう意味合いで言ったのでしょうか? 私に興味があったというのはどういうことでしょうか?」
「簡単に申しますと、山岸さんは人を信用はしていませんよね?」
「……ええ、まあ――」

 山根の言葉に俺は頷く。
 まぁ、人に話すことではないが……、親しい友人でもないから別にいいだろう。

「それが何か?」
「私が、以前に探索者説明会に来られていた山岸さんをスカウトしたのを覚えていますか?」
「覚えていますが? それが何か?」
「あの時は、お断りになりましたよね?」
「そうですね。自衛隊にも探索者にも興味はなかったので……」
「本当にそれだけですか?」

 俺の答えに、山根が問いただすような口調で話しかけてくるが、俺は肯定の意を込めて頷く。
 
「それで、それが何か関係あったのですか?」
「最初、私は山岸さんは人間に興味がない――、簡単に言えば冷徹に人間相手に対処が出来る兵士としては理想な精神構造を持っていると一目でわかりました。だからこそ、貴方を自衛隊に勧誘したのです。兵士というのは、感情豊かでは――、情緒が豊かではやっていけませんからね。貴方のような冷めた目をしている人が兵士として理想です。だからこそ、山岸さんを勧誘させてもらいました」
「買い被りすぎですね」

 たしかに俺は人間がどうなろうと――。
 人がどうなろうと知ったことではない。
 自分が見ていなければ――。
 自分の視界に入らなければどうでもいいと思っている。

 だが――、それは決して人に――。

「そうですか? 私から言わせて頂ければ、山岸さんは兵士として高みに至れる才能を持っていると思うのですが?」
「山根さん。申し訳ないが、話が逸れていませんか?」
「………失礼」
「私は、藤堂さんのことについてと聞いたはずですが?」
「そうですね……、以前に貴方は一般市民を暴挙に出た警察官僚や警察から身を挺して守りましたよね?」
「それが何か?」
「それで一躍有名になった貴方を守るために派遣したのが藤堂です、何せ貴方は、ヒーローですから」
「…………」
「貴方も、薄々と気がついているのではありませんか? 自分が、すでに多くの人間に顔を知られているということに。そして、そうなると何が起きるかということも」
「……マスコミが押し寄せてくるということでしょうか?」
「――ええ。ですが、問題はそれだけではありません。マスメディアと言うのは、ニュースをエンターテイメントと勘違いし真実を捻じ曲げて捏造し国民が喜ぶように証言を作り変えます。そうなれば、被害を被るのは山岸さん、貴方なのです。そこで、私は独自の裁量で貴方をマスコミから守るために情報統制をおこないました」
「……つまり、警察署で起きた問題でアパートまで記者が尋ねてこなかったのは……」
「ええ、私達――、自衛隊が貴方を守っていたということです。これでもかなりの手間暇をかけていたのですよ。それも、貴方が競馬で万馬券を超える億馬券を出してくれたことで、意味を為さなくなりましたが……」

 小さく溜息をつく山根。

「なるほど、つまり私の身を守るために――、そしてあわよくば自衛隊に勧誘ということで藤堂さんをアパートに住まわせたということですか?」
「ええ――、まあ……それだけではありませんが……」

 それだけじゃない?
 どういう意味だ?

「……どういうことでしょうか? それだけではないということは?」
「杵柄氏が所有しているアパートを自衛隊で買い上げました。自衛隊関係者以外の人間が引っ越してきた場合に、不測な事態に対処できるとは限りませんので――、もちろん……これは杵柄氏に許可を得ています」
「…………」

 山根の言葉に俺は絶句する。
 いくら何でもやりすぎだ。
 宝くじや競馬で勝ったと言っても……、――自衛隊にスカウトすると言っても、そこまでの価値が俺にあるとは到底思えない。

 普通の企業では、投資を行う際には、必ずそれに見合うメリットがなければ投資はしない。
 それなのに、たかが俺一人のためにアパートまで購入するとは正気の沙汰と思えない。

「どうして――、私のためにそこまでするのですか?」

 俺の言葉に、山根が口元を歪ませる。

「決まっています。それだけのリターンが私達にあるからですよ。山岸さんが、ネット上で持つ影響力はとても大きいものです。貴方が陸上自衛隊に加入するだけで――、兵士でなくとも多くの若者が自衛隊に入ってくれるでしょう。貴方は、善良なる市民を悪人から救った【セイギのミカタ】ですからね。正義という幻想に酔いしれる国民は警察ではなく自衛隊を支持してくれることでしょう」
「…………」
「どうでしょうか? 山岸さんが、その気なら所属してくれるだけで構いません。もしくは委託という形でも――、待遇も役職も、それなりの物をご用意しましょう。それに貴方が持つ異常なほどまでの運も貸していただければ「断る!」……」

 山根の言葉を途中で遮るように俺は怒鳴る。
 何が【セイギのミカタ】だ。
 そんなモノのために俺は行動をしたわけではない。

 俺は、俺の信念のために行動したに過ぎない。

 それに……、俺は誰かに利用されるのは我慢ならないし、何より誰かが敷いたレールの上を歩くなど真っ平ごめんだ。

「断るですか……。ですが、貴方に断るという選択肢はないはずですか?」
「どういう意味だ?」
「少なくとも、貴方は億馬券の件で有名人になりました。そんな方を――、問題があるかも知れない方を会社が雇いいれるとは到底思えないのですが? それなら、私達――、自衛隊に所属した方が遥かに賢い生き方だと思いませんか? それに、よく考えてください。山岸さんは、他人なんてどうでもいいと思っているはず。――なら、貴方が起こした行動の結果、何がどうなろうと知った事ではないではありませんか? それに、国民が自衛隊を支持してくれるということは、国防が強化されることに他ならないのですよ? 誰も不幸にはならない。あなたの行いが多くの日本国民を幸せにすることに繋がるんですよ! 一人でも多くの国民を救う! 誰かを助ける! 困っている誰かに手を差し伸べる! それが人間の在り方ではないのですか? 貴方も、そう考えて拳銃で撃たれそうになった母娘を助けたのではありませんか!?」
「…………」
「別に、正義を説く必要はないのです。重要なのは、国民に我々が【セイギのミカタ】だと思わせること。そして、それが出来るのは日本中を探しても山岸さんだけだということです。もう一度、考えてもらえませんか?」
「……一人でも多くの国民を救うね……」

 ……一人でも多くの人間を救う。
 
 その言葉はとても魅力的であり、誰もが求め止まない言葉であり、大義なのだろう。
 
 ――だが、それだけは、俺は絶対に認めない。
 人間の在り方は。
 どこまでも利己的であり。
 他者を蹴落とすことで快感を得る。
 そんな、どうしようもない腐った性根を持つ、動物よりも劣る存在だと俺は知っているからだ。

 だから、俺には山根の言葉は――、理想は届かない。

「悪いな。俺は、人間に絶望しているんだよ。そして俺自身にも失望している。だから――、俺は【セイギのミカタ】なんて信じないし認めるわけにはいかない」
「なるほど……、思ったとおりの答えでしたね」
「そうか……」
「はい。それにしても、その話し方が本来の山岸さんの話し方なのですね」

 俺に語りかけながら、山根がテーブルの上に置いた茶封筒を差し出してくる。

「それでは取引をしませんか?」
「取引?」
「はい。 貴方には、その方がよさそうですから」

 手渡された封筒を開けて中を見る。
 そこに書かれていたのは、俺が住んでいた村――。

「山岸さん、こちらの条件を呑んで頂けるのなら【上越智村で起きた事件】に関しての首謀者たちのファイルをお渡ししますよ。欲しいんでしょう? 首謀者達の情報が! 貴方は、そのために――、その情報を得るために大手のコールセンターを転々としながら20年以上も働いてきたのですから」




「自宅にダンジョンが出来た。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く