自宅にダンジョンが出来た。(WEB版)

なつめ猫

病室に到来する者たち





「概ね、ネットでは俺のことは好意的に受け止められているか……」

 ホッとしながらも、俺はタブレットをベッドの隣のテーブルに置いてため息をつく。
 一時は、俺のことをクソ味噌のごとく言っていた奴らの華麗な手のひら返し。
 相変わらずネットというのは色々と問題がある。
 それにしても、体が若干動かせるようになったのはよかった。
 ステータス・スキルと共にスキル「大賢者」により制限が掛けられているのが、いつ解除されるかだけが気になるところだが、それは、まあいいだろう。
 
「佐々木戻ってこないかな……」

 俺の携帯電話――、スマートフォンを拾った日本ダンジョン探索者協会に佐々木が出向いてから3時間ほどが経過している。
 一人でタブレットを見ていたが特にすることも無くなった俺はベッドの上で横になることしかできない。

 
 ――コンコン



「はい」

 やっと戻ってきたか……。
 スマートフォンが無いと就職活動もできないからな。
 
「失礼致します」
「……えっと、……どちら様で?」

 佐々木が入ってくると思っていた俺は、室内から廊下に通じるドアを開けて入ってきた人物を見て首を傾げる。
 そこに立っていたのは30代前半と思われる黒髪の和風美女。

佐々木《ささき》 香苗かなえと言います。こちらに娘がいると聞いて来たのですが?」
「…………娘?」

 俺は思わず疑問を浮かべてしまう。
 
「あの、俺は男ですが……」
佐々木《ささき》 望のぞみですが、こちらに居ると娘から伺って来たのですが? お部屋を間違えたのかしら?」
「佐々木……、望……」

 そういえば、佐々木の名前はそんな感じだったな。

「娘というか息子さんなら、数時間前まで居ました。いまは日本ダンジョン探索者協会に出向いていますので、すぐに戻ってくると思いますが……」
「そうなんですの? あの……、貴方は?」
「山岸(やまぎし) 直人(なおと)です。息子さんの――」
「貴方が、山岸……さん……?」

 女性は、ジッと俺を見てくる。

「あの、何か……」
「いえ。娘が選んだ男性ですから、どういう方なのかと思っていたのですけれど」
「選んだ?」

 どういうことだ?
 含みのある言い方は正直やめてほしいんだが。

「ところで、さっきから娘と言っていましたが、佐々木 望さんは息子ですよね? どうして娘にされてそんなに落ち着いているのですか?」

 性別が変わることは大問題じゃないのか?
 
「――え? ああ、そういうことですの。――でも、娘からは何も聞いていませんの?」
「――まったく」
「娘の名前は、ご存じかしら?」
「はぁ……。まあ、一応は――」
「それなら良かったわ。娘はもともと女児として生まれたの。実は、佐々木家は1000年続く老舗の旅館でね。由緒正しい佐々木家には、男児が望まれていたの。だから本家の人間は困り果てたのだけれど……」

 佐々木が、もともと女だった?

「はぁ……」

 なるほど……。
 どうりで順応が早いと思っていたが……。
 それよりも、どういうことだ? 俺と出会ったときに佐々木は男だったぞ?

「疑問はあると思うわ。山岸さんも御存じかと思うのだけれど、5年前に発生したダンジョン。それで娘を取り巻く環境が全てが変わったの」

 ダンジョンが発生したのは知っているが、そんなことで……、なんで全てが変わるんだ?

「ダンジョンが発生してから、取引された物の中にあった性別転換薬。それを知った本家の人々は、その薬で娘を男にしたの。戸籍も含めてね」
「それって犯罪なのでは?」
「ええ――、でも……戸籍については西貝議員の力添えと役所の担当者も外国人特権枠で入った人間だったからお金で動かせたの。それで――」
「なるほど、いくらでも不正ができる土壌があったと……」

 俺の言葉に、彼女は頷く。

「でも、いくら性格や趣味嗜好が男になると言っても本来ある女としての誰かに依存したいという気持ちは消えないわ。だから医者の診断書や許可が必要になるの。もっと深く考えるべきだったわ。娘の意見もきちんと聞くべきだった。娘は無理やりに男にさせられたことから、見るからにやつれていったわ。だから……、娘には本家から遠い大学へ進学させたの。少しでも気分転換になればと思ってね」

 そうか……。
 だから、佐々木 望(のぞみ)という女性ぽい名前だったのか。

「山根さんから、事のあらましは全て伺っているわ」
「そうですか……、それで佐々木は連れて帰るんですか?」
「いいえ、娘は貴方に好意を抱いているようだから……」
「好意? それは勘違いかと」
「娘はよく貴方のことを話してくれたわ。すごく頼りになる先輩だと――。私も貴方を見て、見た目はあまり良くないけど、そこはかとなく良い感じだと思ったわ」

 別に無理して褒める必要はないからな。
 逆に無理して褒められると心が傷つくが……。
 まぁ、それは今はどうでもいいことだ。
 それより一つ気になったことがあった。

「佐々木 香苗さんは、ずいぶんと傍観者のようにアイツのことについて語るんですね」
「――え?」

 呆気にとられたような表情で俺を見てくる彼女に、俺は溜息をつく。

「ところで、望の父親は何と言っているんですか?」
「望が3歳の時に他界しましたけれど……、それが何か関係があるのかしら?」
「まぁ、関係はありませんが……、一つお伺いしたいのですが望の許可を取らず無理やり、薬を飲ませたのは誰の命なんですか?」
「それは本家の意向で……」

 本家ねえ……。
 つまり、本家の意向に佐々木 望の母親である佐々木 香苗も従っていたことになる。

「なるほど……」
「何かあるのですか?」

 若干、険悪な雰囲気を醸し出して俺を見据えてくる佐々木 香苗に俺は若干苛立ちを募らせていく。

「香苗さん。さっき、貴女は言った。望は無理やり、本家の意向で男にさせられたと。貴女は、それを事前に知らされていましたか?」
「ええ、それは……もちろんですわ」

 なるほどな――。
 つまり……、こいつも結局のところ本家と同じだ。
 上辺では心配していると言っているが、やっていることは大差はない。
 同じ穴の狢ってわけだ。

「私から一つ言わせてもらうなら、探索者協会のホームページにも書かれていますが、性別を変化させる薬というのは、多くの問題を抱えていると思います。そして、それを本人の承諾も得ずに行うというのは虐待に当たるのでは無いのですか?」
「…………それは……」
「私から言わせていただければ、佐々木家の本家の連中も、貴女も望から見れば等しく問題のある人間だと思うのですが? 貴女だって、どうして当事者――、佐々木 望の母親であるのに、彼女に本家のことを伝えなかったのですか?」
「――そ、それは……」
「それは、何ですか?」

 俺の言葉に顔を伏せる香苗さん。

「…………わ、私だって……、本当はしたくなかったわ! で、でも……、外から嫁いできた私には、佐々木家の意向に従うしか道が無かったのよ! なら、どうすれば良かったというの!」
「どうすれば? まずは望に説明するのが筋だったと思うのですが? 何もせず、流されるがままに子供の性別を変えておいて、見て居られなくなったから離れた土地に行かせるなんて、どう考えてもおかしいと思います。子供を守ることが親の務めでしょう? 貴女は、それを放棄して傍観者のように佐々木 望のことを語っている。私としては、貴女は卑怯者にしか見えない」
「で、でも……」
「でもも何もないと思います。子供を守れるのは実の親だった貴女だけだった。その役目を放り投げておいて何を第三者面して被害者を気取っているのかと言いたくなります」

 俺の言葉に彼女は無言になる。
 やれやれ――、自分が娘に何をしたのかという罪の意識がなかったのか?
 それとも考えないようにしていたのか?
 まあ、どちらでもいいが罪の意識だけは持ってほしいものだ。

 佐々木 香苗は、無言で椅子から立ち上がると廊下へと繋がる扉に手をかける
 すると扉はスライドしていき……。

「お、おかあさん……」

 そこには佐々木 望が立っていた。

「のぞみ……」

 二人の視線が絡み合う。
 そして、彼女――、佐々木 望が俺に視線を向けてきたと思うと走り去ってしまう。

「のぞみ!」

 香苗が、望と叫ぶ声が廊下に反響する。
 そんなやり取りを見ていて俺は溜息をついた。
 どうやら、彼女の母親と俺との話を立ち聞きしていたようだ。
 まったくタイミングが悪い……。

「香苗さん、すぐに望を追ってください」
「――で、でも……」
「貴女が、望の母親なら……、人として親としての考えがあるのなら彼女と腹を割って話さないといけないことがあるはずです。それは、本家の意向とかではなく、望の母親として……、そして親として貴女が望に対してどう思っているのかきちんと伝えないと、そこで関係は終わってしまう。まだ、互いに話ができるなら……、あとで後悔をしないように言わないといけない」
「……わかったわ」

 香苗さんは、病室から出ていく。
 小走りながら廊下を走る反響音が聞こえてきて――、遠ざかっていった。

「話せる時に話しておかないと後悔するか……、まったく……、誰に向けて言った言葉なんだろうな」

 俺は溜息をつく。
 どちらにしても俺には、佐々木親子のことに関しては、もう関係の無いことだ。
 あとは二人で何とかすることだろう。

 それよりも……、早くスマートフォンを持ってきてほしい。

 もしかしたら面接がOKなメールが届いているかもしれないからな。

「……よろしいでしょうか?」
「――ん?」

 廊下側を見ると、スーツをビシッ! と着こなした男が3人立っていた。
 
「なんでしょうか?」
「警察庁から来ました。山吹と申します」
「…………」
 
 そういえば、佐々木が警察庁の人間が会いにくると言っていたな。

「どうぞ」

 断る理由もない。
 ここは社会人として対応するべき案件だろう。

「それでは失礼します」

 山吹という男のあとに2人ほど男たちが入ってくる。
 二人とも身長は190センチ近いように見受けられるが……。
 まぁ、とりあえず「解析LV10」で見ておいた方がいいな。



 ステータス

 名前 山吹(やまぶき) 武彦(たけひこ)
 職業 警察官 ※警察庁長官
 年齢 57歳
 身長 167センチ
 体重 71キログラム

 レベル1
 HP10/10
 MP10/10
 
 体力14(+)
 敏捷11(+)
 腕力12(+)
 魔力 0(+)
 幸運 2(+)
 魅力31(+)

 所有ポイント0



 ステータス

 名前 神谷(かみや) 昇(のぼる)
 職業 警察官 ※警視
 年齢 33歳
 身長 187センチ
 体重 82キログラム

 レベル1
 HP10/10
 MP10/10
 
 体力31(+)
 敏捷20(+)
 腕力41(+)
 魔力 0(+)
 幸運 3(+)
 魅力19(+)

 所有ポイント0



 ステータス

 名前 田村(たむら) 亜流斗(あると)
 職業 警察官 ※警視
 年齢 35歳
 身長 191センチ
 体重 86キログラム

 レベル1
 HP10/10
 MP10/10
 
 体力32(+)
 敏捷18(+)
 腕力44(+)
 魔力 0(+)
 幸運 2(+)
 魅力31(+)

 所有ポイント0



 一人以外は、ステータスがかなり高い。
 それと、スキルが大賢者に統合された影響からなのか職業が見えるようになっている。
 これはかなり便利だな。

 ただ、一つ気になった。
 それは……、警察官というのはダンジョンに潜らないのか? という点だ。
 警察官を今まで調べてきたが、全員がレベル1のままだ。
 
「ふむ……」
「山岸直人さん、どうかなさいましたか?」
「いえ――」

 思わず唸ってしまった俺に気を使ったのか田村という男が語りかけてきた。

「ただ、お二人ともずいぶんと大きいと思いまして……」
「ああ、そういうことですか。彼らは私の警護もしてもらっているのですよ、警察庁長官ともなると色々とありますから」
「なるほど……、まずはそちらに椅子がありますので――」
「それでは失礼致します」

 警護をしている男達が山吹を含む3人分の椅子を俺の傍に置く。
 そして3人が座ったのを確認してから。

「ところで、今回はどのような理由で病院にまで来られたのですか?」

 まずは軽く挨拶でもしておくか。

「今回は、山岸直人さんへ謝罪に伺いました」
「――と、言いますと?」
「はい。今回、西貝二郎はレムリア帝国マフィアと、関西の生コンクリート連合が行う非合法の人身売買・臓器売買に携わっていたことが判明しました。佐々木望さんは人身売買される前に輸送中逃げたことも分かっており、人身売買の情報を佐々木望さんから得たかもしれない山岸さんを執拗に尋問しようとしたのもそのせいです。情報開示を恐れた西貝二郎は、口封じのために山岸さん――、貴方を殺そうと画策したようです」
「……それで?」
「驚かないのですか?」

 十分、驚いている。
 だが! そのことを言ってどうなるわけでもない。
 起きてしまったことは、どうにもならないのだ。
 謝って取り返しがつくなら、いくらでも謝ればいい。
 だが、どんなに後悔しようと起きてしまったことは変えようのない事実だ。
 だったら、どんなに不条理だったとしても得た経験を今後に生かすしかない。
 
「私としては、こんな所に来る前に人身売買や臓器売買に携わった連中を検挙するのが先だと思いましたので、なるべく、そっちに力を入れてもらいたいと思います」
「…………なるほど」
「用件はそれだけでしょうか?」
「いえ。ここからが本題です。山岸さんは、ウィザードという組織を御存じで?」
「山根二等陸尉からは聞いていますが、私には何のことかさっぱり」

 間違いなくスキル「大賢者」が関与していると思うが、俺が命じたわけではないからさっぱりまったく分からん。

「そうですか……、神谷くん――」
「はい」

 山吹の言葉に、神谷という男が頷くと、手に持っていたボストンバッグから10センチほどは厚みがある封筒を取り出した。

「今回、警察の起こした不祥事ですが、山岸さんが子供連れの母子を身を呈して守ってくださらなければ大変なことになることでした。これは、そのお礼を含んでいます」
「……」

 見るからに分厚い。
 まさかカステラというわけではないだろう。
 つまり、お金か……。

 …………引っ越しするにもアパートの窓を直すにも金はかかるからな……。

 さて――、どうするべきだろうな。
 




「自宅にダンジョンが出来た。(WEB版)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く