自宅にダンジョンが出来た。(WEB版)

なつめ猫

スキルと所有ポイント。




 ステータスリセットをしてもポイントが戻ってくるのは僥倖と言える。
 まあ、戻ってこなくても俺はステータスリセットはしていたが……。

 ――さて……。

 終点の千城台モノレール駅に到着するまで時間はかなりある。
 ここは手持ち無沙汰もあることから、自分の視界内に表示されているシステムの確認をしておいた方がいいだろうな。
 さっきのような騒動は、もうコリゴリだ。

 視界内に表示されている左上の項目のレベルとHPとMPはそのままの意味だろう。

 HPがゼロになった場合、死ぬかどうかは検証してみないと何とも言えないがやりたくはない。
 あとは、視界の下に表示されている長方形の4つのアイコン。

 ステータス、スキル、魔法、システム

 
 ステータスは、先日から俺が見ている自分のステータスを指していることは実証済み。

 

 そうすると、次はスキルだな……。

 スキルのボタンを押すように考える。
 するとボタンの色が黒く反転し視界内に半透明なウィンドウが表示された。

 俺は、表示されたスキルウィンドウを見て思わず小さく唸る。
 

 【スキル】

 ▽「ロリ王LV1」(+)
 ▽「JK交際LV1」(+)
 ▽「#JWOR」

 ▼所有ポイント 23 

 リセット所有ポイント 40 制限解除まで211秒


 「ロリ王LV1」はリセットされないのか……。
 
 それと、「JK交際LV1」って何だよ……。
 俺は、そんなことを一度もして……、ま、まさか……。


 さっきの女子高生達が俺を見てきたからか? あれだけで……、俺は女子高生と援助交際したというスキルを手に入れ……。

 俺は半透明のウィンドウを上へと意識しずらしていく。
 するとウィンドウには、「――スキル「JK交際LV1」を手に入れました。」と、たしかに書かれている。

 
 …………。
 不本意なスキルが二つも……。
 第三者が見たら不審者に思われそうだ。

 なんとかせねば……。


 ――スキル「隠蔽LV1」を手に入れました。


 タイムリーなスキルが手に入ったな。
 とりあえずスキルの項目にも並んでいる。


 【スキル】

 ▽「ロリ王LV1」(+)
 ▽「JK交際LV1」(+)
 ▽「隠蔽LV1」(+)
 ▽「#JWOR」



 ▼所有ポイント 23 



  リセット所有ポイント 40 制限解除まで122秒

 丁度良く、左側には隠しウィンドウがあるのを指し示す▽マークが表示されているし確認しておくとするか。
 積極的に確認していかないと取り返しのつかないことになったら大変だしな。

 ▼「隠蔽LV1」(+)

 第三者に開示されるレベルを擬態することができる。
 

 ※
 所有ポイント1につき1レベル上げることが可能。
 ステータスと違い一度振ったあとのリセットは不可能。

 とりあえず、隠蔽スキルのレベルは最大限まで上げておくのがベストか……。

  【スキル】

 ▽「ロリ王LV1」(+)
 ▽「JK交際LV1」(+)
 ▽「隠蔽LV10」
 ▽「#JWOR」



 ▼所有ポイント 54 



 リセット所有ポイント 0 制限解除まで0秒


 スキルのレベルは最大でLV10か……。
 ステータスに振り分けるポイントも考えると、スキルに振り分けるポイントは考えないといけないな。
 
 あとは……。
 文字が化けているのが一つあるが、怪しげな問題のスキルからチェックしておくか。



 ▼「ロリ王LV1」(+)

 10歳以下の幼女に有効
 目と目が合っただけで幼女は恋の虜になる。



 ▼「JK交際LV1」(+)

 15歳から18歳の女子高生に有効
 目と目が合っただけで女子高生は恋の虜になる。



「…………」

 絶対に上げないほうがいいな……。 
 それよりもJKがあるということはJCやJDもあるってことか?
 ふむ……、色々と考えさせられるな。
 
「あとは……」

 #JWOR? これは、何て読むんだ?
 ……ジョーア? ――、いや……、綴りが違うな……。

 とりあえず説明文を見れば何となく分かるはず。
 意識を「#JWOR」の横の▽へと向けるが、まったく色が反転しない。

 駄目だな。
 色が反転しないということは、システム的にバグが出ているということか?
 そもそも、俺の視界で映っている物すら、まったく分かっていないからな。

 とりあえずスキルのシステムは

  【スキル】

 ▽「ロリ王LV1」(+)
 ▽「JK交際LV1」(+)
 ▽「隠蔽LV10」
 ▽「#JWOR」



 ▽所有ポイント 54 


 これでいいか。
 長々とウィンドウに配置してても読みにくいからな。
 文字化けだと思う物については、日本ダンジョン探索者協会のホームページかインターネットで検索して調べてみるとしよう。
 もしかしたら何かヒントがあるかも知れないからな。

 あとは、魔法のボタンとシステムボタンだな。
 
 両方押してみるが、魔法ボタンを押しても



 【魔法】

 なし
 

 ――と、しか表示されない。 
 システムのボタンについてはまったく反応がない。

「次は千城台駅」

 スキルと魔法とシステムの確認が終わったところでアナウンスの声が車内に流れる。
 どうやら、もうすぐ終点に到着するようだ。

 俺は、外をさりげなくみる。
 
 ――すると宝くじ売り場――、のぼり旗が目に入った。
 のぼり旗には、【スクラッチキャンペーン】と書かれいる。

「……なるほど」

 俺は、ステータスウィンドウを立ち上げる。


 名前 山岸(やまぎし) 直人(なおと)
 年齢 41歳
 身長 162センチ
 体重 102キログラム

 レベル1(レベル64)
 HP 10/10(640/640)
 MP 10/10(640/640)

 体力17(+)
 敏捷11(+)
 腕力16(+)
 魔力 0(+)
 幸運 0(+)
 魅力 0(+)

 ▽所有ポイント 54

「幸運か……」

 俺は思わず顎に手を当ててしまう。
 失業手当が出るとは言っても本来の6割程度。
 仕事が決まらずに居ればジリ貧は目に見えている。

「いや、そうじゃない」
 
 俺は、気になったのだ。
 そう。一瞬の天啓というか閃き。 
 魅力を39振っただけでもあれだけ効果があった。
 何か問題になる前に検証をしないといけないのは身に染みて分かったこと。

 俺は電車が停車すると同時に、ホームへ降りてから改札口を出る。
 もちろん行先は宝くじ売り場があるラパーク千城台の方面だ。
 


「自宅にダンジョンが出来た。(WEB版)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く