自宅にダンジョンが出来た。(WEB版)

なつめ猫

ステータス初期化。




 台風や少し強い横風が発生するだけですぐに停まる千葉県を代表する京葉線。
 世界的に有名かどうかは知らないが日本で高い集客率を誇るテーマパークと言えば千葉マッキーランドというのは定番である。
 もちろん舞浜駅は京葉線の路線だ。

 地理をよく知らない人間は東京マッキーランドと勘違いした呼び方をするらしいが、千葉にあるのだから東京ではなく千葉マッキーランドと呼んでほしいものだ。

 現在、俺は京葉線の駅の一つ千葉港駅から歩くこと10分弱の場所にあるハローワーク千葉に来ている。

「11番の番号札をお持ちの方!」

 ハローワーク相談窓口から声が聞こえてくる。
 天井からぶら下がっている機械にも「11」という文字が書かれている。
 もちろん俺が持っているクリアファイルに入っている待ち受け番号も「11」だ。

「はい」

 俺は、相談窓口に向かい指定された番号の前の椅子に座る。
 
「こんにちは」

 少し年配の50過ぎを超えた男性が話しかけてきた。

「よろしくお願いします」

 軽く挨拶を交わす。
 別に挨拶をする必要はないかも知れないが、こういうことも社会人として円滑にやっていくためには必要なのだ。
 
 まずは自分に利がありそうな人間には愛想良く接する。
 そうすることで、気持ちよく仕事をしてもらう。
 そして良い結果に繋げてもらうという処世術だ。

「それでは拝見いたします」

 俺が仕事机の上に差し出したクリアファイルを男性が見ていく。
 しばらく見たあと、「照会します」と言いパソコンを打ち始めると、突然、眉間に皺を寄せた。

「何かありましたか?」

 仕事の内容に関して問題でもあったのかと思い話しかける。

「――い、いえ。少し、お待ちください」

 ハローワークの相談窓口の男性は奥まったところで座っている偉そうな男性に話しかけにいってしまった。
 俺からは、ハローワークの職員が見れる企業の詳細画面を見ることができない。

 ただ一つ言えることは、おそらくだが企業情報に関して良くない内容が書かれていたくらいだろう。

「お待たせしました」
「いえ。それで、どうですか?」
「それが――、お持ちいただいた全ての企業は全員が女性を募集しているらしく……」
「そんなこと書かれていませんでしたが?」
「いえ、男女雇用均等法で男性のみや女性のみといった募集は駄目になっているのです」
「――そ、そうですか……」

 5枚提出した企業の求人募集用紙が全て駄目だとは……。
 これでは面接で魅力のステータスを検証することすらできない。

「――で、ですが!」
「はい?」

 いきなり俺の手を男性職員、プレートに「内山田」と書かれていた50代後半の男性が握ってくる。

「山岸さんは、扶養されている方がいないとか……」
「え、ええ……、まあ……」

 俺は、若干引き気味になりながらも何度も頷く。
 ――と、言うよりさっさと手を離せ!

「うちの娘など嫁にどうですか?」
「いえ、要りません」

 ――即答する。

「そこを何とか! うちの娘は27歳です」
「いえ、いいので! それでは、失礼します」

 俺は腕を振りほどき、「山岸さーん」と背中に掛けられてくる声を無視し千葉ハローワークを出て入り口脇のベンチに腰を下ろす。

「はぁ……、いったい何なんだ。俺のプライベートにまで足を突っ込みすぎだろ」

 普通に考えてありえない。
 あんな事をすれば懲戒免職されても文句は言えないはず。

「――ん? 普通に考えて……?」

 そこで俺は気がつく。
 母親と手を繋いだ5歳くらいの女の子が俺をジッと見つめてきていることに。

 俺と目が合うと、クリッとした大きな瞳を見開くと顔を赤くして自分の母親から手を離し俺に近寄ってくる。

「おじしゃん……、しゅき!」

 いきなり俺に抱き着いてくる幼女。
 そして、うちの娘に「何してるのよー!」と、絶叫する20代後半の女性。
 
 突然の事態に固まる俺。
 道を歩いていた人々は、俺へと一斉に視線を向けてくる。

 ある者は好奇心で――。
 ある者は犯罪者が! という目で――。

「ママっ! 私、おじしゃんと結婚しゅる!」
「アナタ! 娘になんてことをしてくれるのよ!」
「何もしていない。そもそも俺は座っていただけだ」

 まったく言いがかりもいいところだ。

「なら娘を返しなさいよ!」

 ヒステリックに叫んでくる母親に俺は溜息をつきながら

「君、俺と君とでは年の差が離れすぎている。このままだと俺は壁の中に入ることになるからママのところに行ってくれないかな?」
「……結婚しゅれば問題ないの!」

 問題大ありだ。
 俺が社会的に死んでしまう。
 
 俺は立ち上がり幼女を無理やりに母親のもとへと渡すと千葉南駅に向かって走る。
 10秒も走れば息が乱れてくるが頑張って走った。

 交差点に近づくころには、「おじしゃーん!」と言う声も聞こえなくなり俺は安堵する。

 いったい何なんだ……。
 おかしなことばかり起きている。
 
「ま、まさか……」

 下りてくる天啓。
 これは魅力を上げたことによる作用なのでは?
 そうとしか考えられない。

 俺は千葉港駅まで小走りで走り改札口を抜けてから、人がほとんど乗っていない千葉都市モノレールに乗りこむ。

「まったく……」

 額に手を当てながら、いつもなら心の内で吐露する言葉を呟く。
 その理由は、俺の視界に現れた半透明のウィンドウに表示されている文字に関係する。

 ――スキル「ロリ王LV1」を手に入れました。

 なんだよ……、ロリ王って……。

 俺はそんな目で、小さな女の子を見たことなんて一度も無い。
 少なくとも、子供を守るのが大人の役目だということくらいは理解している。
 濡れ衣もいいところだ。

「はぁ――」

 ため息しかでない。

 俺の憂鬱な気持ちを乗せて千葉都市モノレールは、静かに走り続ける。
 そして停車。

 大勢の人間が乗りこんでくる気配を感じた。
 頭を上げると、駅のプラットホームには千葉駅モノレールと表示されている。
 どうやら、千葉でも一番大きな駅に到着してしまったようだ。
 そりゃ大勢の人間が乗りこんでくるのは当たり前だな。

「ねえ、あの人……」

 一人物事に耽っていると声が聞こえてくる。

「うんうん、すごくイケてない?」
「えー小太りだけどイケてるよね!」
「むしろお腹のところが好みかも!」

 声がした方へと視線を向ける。
 そこには高校生だろうか? 女子たちが俺の方を見て何やら話しているように思えるが、俺が視線を向けた途端に顔を背けられた。

 ――いや、気のせいか……。

 さすがに俺がイケているというのは……。

「いや――、待てよ……」

 もしかしたら、魅力のステータスを上げたことで異性からイケメンに見られている可能性があるのか?
 
 ――つまり……、魅力のステータスを上げ続ければ金持ちの女性を手に入れて利用することもできることになるのではないのか?

 そして「理想の紐生活」も夢ではないということだ。


 ――下らないな……。

 まったくもって下らない。

 ステータスを上げて誰かに好かれても、それは本物ではないだろうに……。
 そんなのは俺がもっとも忌み嫌うものだ。

 そんな物は本物じゃない。

 そんな嘘はいらない。

 そんなものは必要ない。

 ――ステータスで好意を弄ぶ悪質さに嫌悪感に吐きそうになる。
 すると突然、ピロリンという音と共に視界内に半透明なプレートが表示さた。

 そこには文字が書かれている。



 ――ステータスを初期化しますか?(y/n)



 俺は迷わずステータス初期化のyのイエスを選ぶ。
 ピロリンという音が鳴り響く。
 電車内の誰も気がついていないようだ。
 もしかしたら俺にしか聞こえないのかもしれない。

 俺は、すかさずステータスを確認した。


 名前 山岸(やまぎし) 直人(なおと)
 年齢 41歳
 身長 162センチ
 体重 102キログラム

 レベル64
 HP640/640
 MP640/640
 
 体力17(+)
 敏捷11(+)
 腕力16(+)
 魔力 0(+)
 幸運 0(+)
 魅力 0(+)

 ▽所有ポイント 23
 
 どうやら、初期ステータスに戻ったようだ。
 
 ステータスが初期化されたのを実証するように俺を見てきていた女子高生たちも、先ほどまで俺を噂してきたのが嘘のように女子高生だけで会話をしている。

 その様子を見て俺は少しだけ安堵した。

 ……それにしても、所有ポイントの左側に▽印がついているが……、いったい何だ? 以前にはこんなのなったよな?
 俺は▽印を押すように考える。
 すると▽ボタンが黒く色合いが変わった。

 名前 山岸(やまぎし) 直人(なおと)
 年齢 41歳
 身長 162センチ
 体重 102キログラム

 レベル64
 HP640/640
 MP640/640
 
 体力17(+)
 敏捷11(+)
 腕力16(+)
 魔力 0(+)
 幸運 0(+)
 魅力 0(+)

 ▼所有ポイント 23 
  
  リセット所有ポイント 40 制限解除まで300秒


 ……なるほど。
 ポイントがリセットされるのではなく、待機状態になるのか……。
 それが300秒ということか。

 つまり300秒――、5分経てばスキルポイントが振り直せるということだな。



「自宅にダンジョンが出来た。(WEB版)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く