地の底から這い上がる

海月 結城(旧チコ)

四人の勇者vs魔王

 俺たちは今魔族の長、魔王と対峙していた。赤黒い髪に、ぐるぐるのツノを生やした男だ。何故かマントがなびいている。

「我の四天王を倒し良くここまで辿り着いた。勇者たちよ」
「え、あ、あぁ、どうも」
「どうした? 嬉しくないのか?」
「俺たち、四天王一人も倒してないぞ」
「……は? そんな訳無いだろ」
「ほんとほんと」
「そうやって我を動揺させようとしているんだろう。まぁいい。早く戦うぞ」

 魔王は、内に秘めていた魔力を放出させた。

「っ! これが、魔王本来の魔力」
「強丞。やばいよこれ。私たちじゃ!」
「ここまで来たのに。くそっ! 引くぞ!」
「おいおい。そんな簡単に逃がすと思ってるのか? 「フリーズウォール」」

 魔王が魔法を放つと、出入り口全てに氷の壁が出来上がった。

「に、逃げられない」
「雪菜。どうにか出来ないか?」
「無理だよ。こんな、凄い魔法をどうやって……」
「そうか。大海、南、雪菜」
「おうよ」
「分かってるわ」
「う、うん」
「よし。行くぞ!」

 そして、四人の勇者vs魔王の戦いが始まった。

「俺と大海で行く。二人は後方からの支援を頼む!」

 三人はは無言で頷き、直ぐ行動に移した。

「ふむ。ダメだな」

 魔王は雪菜と南に向かって持っていた槍をぶん投げた。

「やめろ!!」

 それを大海がぶん殴って起動を逸らした。それで一安心かと思ったが、魔王が南と雪菜の方に指を曲げると、槍もそっちの方に曲がった。それを強丞がギリギリのところで守る事が出来た。

「そんな力で魔王に挑もうなんて千年早いわ」

 そして、勇者たちは何も出来ずに死んだ。筈だった。

「おいおい。待て待て」

 そう言って現れたのは、黒い服を纏ったナツメだった。

「誰だ貴様?」
「そうだな。破壊者だな」
「破壊者か。何をとは言わない。お前の雰囲気でわかる」
「そうか。嬉しいよ。って事で、勇者達、ここを出るぞ」
「待て! お前が誰か分からないが、俺たちは魔王と戦っているんだ! 邪魔をするんじゃない」
「は? このまま行ってもお前達はあの魔王に負ける、いや、殺されるんだぞ。それを分かってて言ってるのか?」
「……クソ! どうすればいい?」
「そこから、逃げろ」
「おい、お前。そこは氷で塞がってるんだぞ。どう逃げろって言うんだ!」

 ナツメは、そっちの方を向き拳を振る。

「何をしている?」
「見てみろ。魔王」

 魔王がそっちの方を向くと、そこには氷が存在していなかった。

「っち!」

 魔王はそこに新たな氷を作り出そうとしていた。

「させると思うか?」

 ナツメは、魔王が魔法を放とうとする前に、集中を切らすために魔王に接近してナイフを切りつける。

「お前の目的はなんだ ︎」

 ナツメは後ろに意識を向け、勇者達がもう逃げたことを確認してから口を開いた。

「勇者への復讐。いや、あの王国への復讐かな」
「と、言うことは、お前は俺の仲間って事で良いんだな?」
「は? 勘違いするなよ。お前が勇者達を殺したらお前とこの国を消すからな」

 魔王は、ナツメの雰囲気に押され、頷くことしか出来なかった。

「じゃ、俺は行くから。また何処かで会おうか」

 ナツメは部屋から出て行き、そこに残ったのは腰を抜かした魔王だけだった。

「助けてくれてありがとう」
「別に良いさ」

 俺たちは、誰かよく分からない人に助けてもらった。

「なぁ、強丞」
「どうしたんだ?」
「声、聞いたことないか?」
「あ、それわたしも思った」
「もしかして。菜津芽君?」
「……声も変えれば良かったか」

 俺は、助けてくれたのがあの菜津芽だとは、全く気付かなかった。

「本当に、菜津芽なのか?」
「あぁ。「解除」」

 菜津芽がそう言うと、黒い服が消え、この世界の一般的な服に変わった。

「菜津芽君。もし良かったらだけど、私たちと魔王を倒してくれない?」

 南がそう言うと、菜津芽は申し訳なさそうに断った。

「ごめん。俺にも大切な仲間がいるし、一人行方不明だから、探しに行かないと行けないから、お前達の仲間にはなれない」
「そう。そうだよね」
「おいおい。南よ、なんでこんな奴を仲間にしようとしてるんだよ。あの弱っちい菜津芽に仲間になってもらったところで、足を引っ張るだけだろ」
「ちょっ! バカ! 何言ってんの、魔王から私たちを助けたのは、紛れもなく菜津芽君だよ!」
「あれは、ほかのお仲間に助けてもらってたんだろう? なぁ?」
「おい、大海!」
「はぁ、俺はもう行く。じゃあな」
「おい! 逃げんのか!」

 大海は俺たちの話を聞かずに、調子に乗っていった。大海の悪い癖が出た。自分よりも弱い奴をいたぶって、悦に浸る悪い癖が。

「逃げるんじゃねぇ。帰るんだよ」
「待て待て。一戦やっていこうぜ」
「お前、馬鹿か? ここまだ魔国だぞ」
「良いじゃねぇか。すぐに終わるしよ」
「……分かった。えっと、そこの……」

 菜津芽が指差したのは雪菜だった。

「わ、私?」
「そ、開始の合図頼んだ」
「え、分かった。よーい、スタート!」

 そう言った瞬間、凄まじい風が吹き荒れた。風のせいが砂が舞った。それが晴れた時、大海は泡を吹いて倒れていた。

「さ、これで勝負ついたな。じゃあな」

 それには、私たちも、私たちを警戒して周りにいた魔国の住人達も、唖然としていた。

「ま、待ってくれ!」

 いち早く意識を取り戻したのは、強丞だった。

「菜津芽、頼む。俺たちの師匠になってくれないか?」
「あぁ、いいぞ」
「断ることは分かっt、え、いいのか?」
「あぁ」

 何故か分からないが、俺のお願いを聞いてくれた菜津芽は、俺たちの師匠になった。
 その後、菜津芽の魔法? で壁を飛び越えて魔国を出た。

 その頃、ルガーノ達はと言うと。

「もう。お兄ちゃんと一緒に入れると思った直後に離れ離れになるなんて」
『しょうがないであろう。あれもあやつの考えだ。何か考えがあってやってることなんだろう』
「はぁ。お兄ちゃんの匂い嗅ぎたいな」

「地の底から這い上がる」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く