無表情ドールマスター

けんはる

図書館

「さてと」
すだちはノート等をしまった
「勉強は終わりですか?すだちさん、コーヒーのお代わりは?」
「はい、終わりです、お代わりは大丈夫です」
「そうですか、わかりました」
「グレムさん、一つ聞きたいことがあるんですが?」
「なんでしょう?」
グレムはすだちに近づく
「この街に図書館ってありますか?ちょっと気になることがあって」
「ございますよ」
すだちは地図を出し
「どこですか?」
「えーと図書館は、こちらですね」
グレムは地図の一点を指差した
「ここですね、わかりました」
すだちはその一点をタッチすると矢印が現れた
「それじゃあ、お会計お願いします」
「はい、150Rになります」
「わかりました」
すだちはお会計を済ませると〈木漏れ日〉を後にした

「着いた、ここが図書館」
矢印が消えると目の前に大きな建物が建っていた
すだち達は図書館に入るとカウンターへと向かった
「すみません」
カウンターに居た犬の獣人の男性に話しかけた
「はい、なんでしょうか?」
「魔方陣について書いている本はどこにありますか?」
「かしこまりました、少々お待ちください」
分厚い本を取り出し、いきおいよく捲り始めた
「ありました」
捲るのを止めると光の玉が現れた
「こちらの玉に付いていってください」
「わかりました、ありがとうございます」
すだちは光の玉の後に続いた

「無表情ドールマスター」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

  • おかか

    面白かったです。続き楽しみにしていますo(_ _)o ペコリ

    0
コメントを書く