無表情ドールマスター

けんはる

1日目終了

「せっかくだから何か食べようかな?すみませーん」
「はーい、なんでしょうか?」
店員の女性が近付いてきた
「メニュー見せてもらえますか?」
「はい、どうぞ」
メニューを受け取り
「ありがとうございます」
「いえ、注文が決まったら、また呼んでね」
店員は他の客の元へ向かった
「何にしようかな?」
メニューを見て、考え始めた
「うーん、そこまでガッツリ食べたくないから肉料理系は外して、魚料理はないのか、じゃあサラダにしよ、すみませーん」
「はーい」
「注文良いですか?」
「はい、何しますか?」
「トロピカルサラダをお願いします」
「かしこまりました、少々お待ちください」
女性店員は注文を聞き、離れた
「トロピカルサラダってどんなのかな?」
数分後
「お待たせしました、トロピカルサラダになります」
すだちの前に色とりどりの野菜が乗ったサラダとフォークが置かれた
「ドレッシングは柑橘系・シーザードレッシングがありますが、どちらにしますか?」
「じゃあ、柑橘系で」
サラダの横にドレッシングを置き
「ごゆっくりどうぞ~」
店員は離れた
「いただきます」
すだちはドレッシングをかけて
食べ始めた
「ごちそうさまでした、お会計しよ、すみませーん」
「はーい」
「お会計したいんですけど」
「それなら結構ですよ」
「どういうことですか?」
「葵さんが迷惑をかけたお詫びにお代はこっちで持つと言っていたので」
「そうですか、サラダ美味しかったです」
(今度、葵さんに会ったらお礼を言わないと)
「それは良かったです、またお越しください」
「はい、また来ます」
すだち達は〈宿り木亭〉を後にした
「そういえば、今何時だろう?」
すだちは時間を確かめた
「まだ、こんな時間か、まぁやることもないから、ログアウトして〈Only オンリーFantasyファンタジー〉のこと調べてみよ」
すだちは噴水広場に戻りログアウトした

「無表情ドールマスター」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く