無表情ドールマスター

けんはる

遭遇

「じゃあ、戻って報告しよっか」
すだちが振り返ると真っ赤な猪がこちらを見て立っていた
(赤い猪?鑑定)
ーレッドボア・レベル15ー
状態・怒り
HP:150/150
MP:112/112
AGE:100
DEX:50
STR:80
ATK:85
DEF:72
猪型モンスター
縄張りに入ってきたものを襲う
激怒すると体を炎で包み込み突進する
猪突猛炎ちょとつもうえん〉を使う
(縄張りに入ってきたものを襲う?ということは、ここは縄張り?)
レッドボアは後ろ足で地面を蹴りながら
すだち達を睨んでいた
(戦うしかない、でも勝てるの?)
すだちがレッドボアを見ていると
凄い勢いで突進してきた
(怖い)
すだちは目をつむり衝撃に備えた
(来ない?)
すだちが目を開けるとカボスが立っていた
「カボス、レッドボアは?」
すだちがカボスの後ろから前を覗き見ると
カボスがレッドボアの両牙を掴み抑えていた
「凄いよ、カボス」
レッドボアが前に進もうとするが
カボスは一ミリも動かない
「このままじゃ激怒しちゃうかもしれないから、カボス」
カボスの顔を見ながら
「殺さないで気絶させることできる?」
(縄張りに入った私が悪いのだから殺したくない)
カボスは頷くとレッドボアを持ち上げ
木に向かって投げ付けた
投げられたレッドボアは木をへし折り
地面へと落下した
「ありがとう、カボス」
カボスは頷いた
「レッドボアはどうかな?」
すだちはレッドボアのステータスを確認した
状態・気絶
HP:30/150
MP:112/112
AGE:100
DEX:50
STR:80
ATK:85
DEF:72
(良かった、気絶してるだけだ)
すだちはレッドボアに近付いた
レッドボアは目を瞑っていた
(とりあえず、このままじゃ駄目だから回復魔法を掛けよ)
すだちはスキル欄を開いた
(確か詠唱ありだと効果が違うんだよね)
すだちはアクアヒールをタッチして詠唱文を出した
「癒しの水よ、この者の傷、痛みを癒したまえ〈アクアヒール〉」
すだちがそう唱えると目の前に数十㎝くらいの水の玉が現れ
レッドボアを包み込み染み込んだ
(どうだろ?)
もう一度ステータスを確認した
状態・気絶
HP:100/150
MP:112/112
AGE:100
DEX:50
STR:80
ATK:85
DEF:72
(良かった、回復してる)
すだちはレッドボアから離れ
(目を覚ますまでにここから離れないと)
「行くよ、カボス」
カボスは頷き、すだちの後に続きその場を離れた

「無表情ドールマスター」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く