無表情ドールマスター

けんはる

採取の成果

すだちが採取を始めてしばらくすると
ピコンッと音が鳴り
画面が現れた
〈レベルアップしました、レベルアップ通知をするのままでよろしいですか?はい・いいえ〉
〈この通知は初めてレベルアップした時しか出ません、設定で再設定できます〉
(別にレベルなんて気にしてないから、いいえで良いや)
いいえを押すと画面は消えた
(さてと、採取の続きをしよ)
すだちは採取を再開した


(こんなものかな、キュア草以外にも採れた)
キュア草×20
クラク草×4
ラック茸×3
蜜の実×5
ークラク草ー
黒色の草で
燃やした煙を吸うと目の前が暗くなる
吸った量に応じて暗くなる時間が変わる
暗視を覚えるために使われることがある
ーラック茸ー
黄色の小さなキノコ
食べると小さな幸運がやってくると言われている
本当かどうかはわからない
味は美味しい
ー蜜の実ー
ピンポン玉位の大きさの白色の実
柔らかい皮で中身も白くて甘い
時間が経つ毎に皮は透明になっていき硬くなる
完全に皮が透明になった蜜の実の中身は黄金色の蜜に変わっていることから
〈黄金の実〉と呼ばれている
(ラック茸の説明、本当かどうかはわからないって)
すだちは蜜の実の皮を剥き
一口食べた
(甘くて美味しい)
すだちは残りを食べた
(皮はどうしよう?とりあえずアイテムボックスに入れとこう)
皮をアイテムボックスに仕舞い
(そういえばカボスの方はどうかな?)
すだちが後ろを振り向くと背を向けて立っていた
(モンスターは出なかったのかな?でもレベルアップはしたよね?)
不思議に思いながらカボスに近付くと
カボスの目の前にはたくさんのアイテムが落ちていた
「カボスがやったの?」
聞きながらカボスの顔を見ると
コクリと頷いた
「すごいね、早速集めよう」
すだちは落ちているアイテムに近付いた
(折角だから鑑定しながら集めよ)
ーホーンラビットの毛皮(茶)ー
防寒具として使用されている
ースライムの核ー
召喚師サモナーがスライムを召喚するときに使われる
ーホーンラビットの角ー
装飾品や矢じりに使用されている
ーマッシュラッシュの胞子ー
パワーポーションの材料の1つ
ーゴブリンの棍棒ー
ゴブリンが使用していた棍棒
武器としては威力が弱い
(えっと毛皮が4つと核が5つで角が3つと胞子と棍棒が2つづつか)
全てアイテムボックスに仕舞った

「無表情ドールマスター」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く