無表情ドールマスター

けんはる

夏みかんツアー〈ジョブ編〉2

「まず通常ジョブっていうのは基本的に誰でもなれるジョブのことよ」
「そうなんだ」
「まぁアイドルは吟遊詩人をレベル100に死霊術師は黒魔術師をレベル100にならないとなれないんだけどね」
「なんで?レベル100なの?」
「まぁレベル100までになるとランクAとかになるからね、まぁ別に転職しなくてもいいんだけどね」
「そうなの?」
「まぁまたジョブレベルが1からなるからね、転職しなかったらジョブレベルもそのままだからね」
「ジョブレベルって?」
「ジョブレベルっていうのは名前のままでジョブのレベルのことよ、ジョブレベルがそのままレベルになるからレベルが1になることはないよ」
「じゃあ100以上の人もいるの?」
「まぁね、私もレベル355だから」
「高いね」
「まぁ普通だよ」
「そうなんだ」
「お待たせていたしました」
グレムはワゴンにケーキと飲み物を乗せて運んできた
「ありがとうマスター、あとはこっちでやっておくから」
「かしこまりました、ごゆっくりでどうぞ」
グレムは軽くお辞儀をしてカウンターに戻っていった
夏みかんはそれぞれのケーキと飲み物を置き始め
「はい、砂糖とミルク」
「ありがとう、お姉ちゃん」
すだちは角砂糖2つとミルクをコーヒーに入れた
「じゃあ、食べようか」
「「「「いただきます」」」」
すだちはチョコレートケーキを一口食べると
「美味しい」
「そうでしょそうでしょ、美味しい」
夏みかんは頷きながらチーズケーキを食べた
「そういえば、説明の続きは?」
「そうだった、どこまで話したっけ?」
「通常ジョブのところまでよ、夏みかん」
「そうだった、ありがとう、椿」
椿はコクりと頷いた
「次は限定ジョブよ」
「限定ジョブ?」
「限定ジョブというのは例えば年齢18歳以下で女性限定のジョブの〈魔法少女〉や〈Only Fantasy〉内で結婚して一年間限定のジョブの〈花嫁〉と〈花婿〉とかよ

「〈魔法少女〉なんてあるんだ、〈花嫁〉と〈花婿〉ってジョブなの?」
「そうなの、私も〈魔法少女〉になりたかったんだけど、年齢でダメだったの」
「そうなんだ」
「でも良いの、私には〈ラブガーディアン〉がいるから」
「〈ラブガーディアン〉って?」
「〈ラブガーディアン〉っていうのは3人組の魔法少女で…」
(長くなりそう)
「椿さん、特殊ジョブって何なんですか?」
「えっ夏みかんは良いの?」
「長くなりそうだから良いです」
「そう、特殊ジョブっていうのは特殊な条件をクリアした人がなれるジョブのことよ」
「特殊な条件?」
「そうね、私のジョブは侍って言っていたけど本当は違うのよ」
「侍じゃないんですか?」
「侍は侍だけど私は〈十刀士じゅっとうし〉なの」
「〈十刀士〉って何ですか?」
「〈十刀士〉っていうのはね、遠い昔ある国の殿様に仕えていた十人の侍のことでそれぞれ特殊な刀を殿様から与えられていたの」
「特殊な刀?」
「そう、私が持っている刀は霧を発生させ、幻を見せることが出来たりするの」
「すごいんですね」
「そう、すごいから〈十刀士〉になるには大変な試練に合格しないといけないの」
「大変な試練ってなんですか」
「〈十刀士の試練〉って言って初代の魂が入った刀と戦わないと行けないの?」
「初代の魂?」
「あぁ刀にはね、最初の持ち主が宿っているの、その持ち主が実体化して戦うの、相手は刀の能力を全力で使ってくるから、それに勝てたら2代目として刀を譲られるの」
「刀は選ばれるんですか?」
「本当は選べるんだけど私は選べなかったんだけどね」
「選べなかったんですか?」
「私が持っている刀〈霧夢きりゆめ〉の初代持ち主は〈十刀士〉の紅一点の霧姫きりひめ まいって人で2代目は女性が良いってことでその時に試練を受ける資格があった女性は私だけだったの」
「そうなんですか、資格というのは?」
「その試験を受けるために必要最低限のことね、〈十刀士の試練〉の場合はジョブレベルが100でSランクのモンスターを一人で討伐したことがあるってことかな」
「大変なんですね」
「まぁね、さっきも夏みかんが言っていたけど砂羅も特殊ジョブだから私と同等の試練を突破してるわね」
「砂羅さんもすごいですね」
すだちが感心していると
「ということで〈ラブガーディアン〉はすごいのよ」
夏みかんも話を終えた

「無表情ドールマスター」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く