無表情ドールマスター

けんはる

〈人形師〉カシャン

「ここは?」
ゆずが周りを見回すと
本棚には本や青の液体が入った瓶などが飾っており
机の上に置かれた蝋燭で照らされていた
バンッ
「よく来てくれたわね」
勢いよく扉を開けて入ってきたのは
巨乳の金髪のエルフだった
「あなたは?」
「私は〈人形師ドールマスター〉のカシャンよ」
「カシャンさんですか?私は」
「ユランよ」
「はい?」
「あなたの名前はユランよ」
「いえ私の名前はゆ」
「ユランよ、ステータスを見てみなさい」
「ステータス?」
ユランがそう言うと目の前に透明な画面が現れた
〈名前〉ユラン
〈レベル〉1
〈性別〉女性
〈種族〉ドワーフ
〈職業〉人形師見習い
〈称号〉カシャンの弟子
と書かれていた
「本当にユランになってる、じゃあカシャンさんは師匠せんせい
「そうよ、カシャン師匠と呼びなさい」
胸をより強調するように胸を張っていた
「そう言えば、よく来てくれたわねと言ってましたけど、どういう意味ですか?それとなんで私の名前を知っていたのですか?」
「それはね、ユランのキャラ設定をしたのが私だからよ」
胸を片手でポンっと叩き答えた
「どういうことですか?」
「あなた全部ランダムにしたでしょ」
「ランダム?あぁはい、お任せにしました」
「それが私の考えたキャラを使える条件なのよ♪」
「そうなんですか、でも何で条件なんてつけてるのですか?」
「ユラン、十天聖って知ってる?」
ユランは人差し指を唇に当て
「確か最強の十人でしたっけ」
「それも合っているけど、正しくは神に選ばれた十人よ、この場合の神というのは私達GMのことよ」
「GMって何ですか?」
「あぁGMっていうのはゲームマスターの略よ、つまりこの世界を作った人間のことよ」
「そんな大切な事を言っても良いのですか?」
「大丈夫よ、だってユランは十天聖の一人なんだから」
「えっ」
「それにしても実物もかわいいわ」
「あっあのそれってどういう意味ですか?」
「まだ、自分の姿を見てなかったわね」
「いえ、そういうことでは」
カシャンが指を鳴らすとユランの前に姿見が生えてきた
「これが私……」
写っていたのは
肌は色白で
紫の髪を両側で三つ編みにしており
顔は小顔で瞳は右は赤、左は青色のオッドアイ
服は黒のローブで中は紫のワンピースを着ていた
「かわいい」



「無表情ドールマスター」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く