異世界日誌

白ノ宮

第5話 子供の頃の夢 クレーン車

街門の前に着くと早速兵士に話しかけられる。
「そこの君、この街に何の用かな」
何の用と言われても、皆似たような理由だろうに。
決まり文句なら仕方ないけど。
適当な理由を言ってみるか。
「冒険者になる為に来ました」
兵士は特に考える様子も無く、
「そうか。よし、通れ」
なんかあっさり過ぎるな。ザル警備な分楽に入れていいけど。
街は一本の太いみちの脇に建物が建っていて、絶対に迷わなそうな構造をしている。
門番にもらった街の見取り図を見ると、この街には宿屋とギルド、それに武具屋とアイテム屋がある事が分かった。
見取り図の裏には丁寧な事に安い宿屋の情報が書いてあった。
一泊銅貨9枚 食事オプション+5枚
結構安かった。
今の手持ちには金貨二枚はあったはずなので、もう少し上のランクの宿屋でも良いだろう。
一泊銀貨二枚夕食付き  朝食+銅貨6枚
今日はここにしよう。
早速見取り図に従って宿まで行き、受付の少女に話しかける。
「一泊泊まりたいのですが」
少女は笑顔で
「はい。一泊銀貨二枚です」
木で換金した銀貨二枚を出す。
「ちょうどですね。では此方が部屋の鍵です、部屋は二階の左から二番目の部屋になります」
部屋に着いた。
部屋にはベッドと机が置いてあり、奥にはもう一つの扉が存在した。
開けて見ると、見慣れた水洗トイレがあった。しかも洋式。
いきなりファンタジー要素が崩れた事にショックを感じながらも心の底では喜んでいる私であった。
もうそろそろ夕方だが、ギルドで登録を済ませておこう。
部屋に鍵をかけて宿を出る。
道は屋台が出始めていて、様々な料理の匂いが鼻を刺激してくる。
夕食にはまだ時間があるので焼き鳥擬きを一本買った。
かぶりついてみると、肉汁が口一杯に広がり、肉が口の中で溶けていくような感覚がした。とても美味い。
上質なオークの肉を使っているようだが、モンスターに上質という概念があるのだろうか。
食べ終わったら串をゴミ箱に捨てて、ギルド前まで歩く。
ギルドの外装は普通の建物より少し豪華に感じるだけで、武器のエンブレムが貼ってあるだけだった。
その様子に少し残念がった私はギルドの中に入って行くのだった。



「異世界日誌」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く