俺は異世界でも探偵として生きていく

クロシヲ

設定資料集

※読んでも、読まなくても良いものです。

異世界

基本的に戦争なんかはない。
様々な種族が国を作り、世界規模の同盟がある。
魔王もいるが同盟国。戦争の意図なんて微塵もない。

ただ、種族差別は少しある。

魔法

魔法は、魔法名を言えば発動する。

もちろんそれに応じたMPを使用する。

ただ、平和な世界のため、生活用の魔法が多い。

MPを多く使用することで効果を向上させることが可能

ただし、あらゆる魔法も痕跡が残る。

痕跡を探知する魔法を使うと、
『〇時〇分、この近くに変装魔法で痩せた女に変装した誰かがいた』くらいのことが分かる。(変装魔法については一例)

個人の特定は不可能。

時間と、どのような魔法を使っていたのかがわかる。

魔道具

魔法を込めた道具。
こちらは空気中の魔力や、セットされた魔石(魔臓)により使用するため魔力を使う必要は無い。

その代わり、威力やらは一定

ステータス

HP
ヒットポイント。
これが0になると死に至る。
表記 現在値/最大値

MP
マジックポイント。
これが0になると気絶する。
表記 現在値/最大値

HPやMPの値はトレーニングなどによっても変動する。

また、いかなる方法であってもHP、MPが最大値以上に回復することは無い。

スキル

大概の街に存在する神殿で神託を受けることで取得可能。
様々なスキルが存在する。
基本的にはスキルにあった職業につく。
スキルレベルで効果が上がったりする。
スキル進化もしたりする。

職業

だいたいの街にある神殿で神託を受けることで取得可能。
変更不可

モンスター

魔力によって生きる生物。
魔臓(魔力を生み出す器官)が石型となっており、そこを壊すと一撃で死ぬ。

人間にも魔臓は存在し、やはりそこを壊されると死ぬ。

主人公には魔臓がないため魔法は使えない。

「俺は異世界でも探偵として生きていく」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「推理」の人気作品

コメント

コメントを書く