魔女が生き残った世界で生活する俺ら、当然魔法使えるよね?

Pman

第11話 教室

高校の教室。
ピンク色に彩られた教室は、新しい生活が始まったということを強く意識させる。


三年間の寮生活。親元を離れ、一人首都東京で魔法について学ぶ。我が国最高峰の魔法高校ということもあって、すれ違う人全員に風格を感じる。


「進、残念だったな、一緒じゃなくてー。笑」


「しょうがないよ、前からわかりきっていたことだし」


「え、どういうこと?」


「入学するときに資料もらっただろ」


「そんなのあったっけ?」


「家柄や個人の能力により、クラスは編成され、個々の頑張りによって常にクラス編成はされるってやつ!」


「へぇー、じゃあ俺らも同じクラスになれるってこと?」


「今更気づいたのかよ!日野さんはAクラスだから、なんとかしてクラス上がんないとな」


「うぉっし!やる気がでてきたー」


「優、速く席につけ」





          

「魔女が生き残った世界で生活する俺ら、当然魔法使えるよね?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く