やはり、創造神の加護はチートでした

弥音 雪

17話 最上位神と受験勉強




  意識がだんだん覚醒していき、目を開けると朝になっていた。

《チセ、おはよう。》

《おはようございます。マスター。》

《今まででなんか問題あった?》

《いえ、特にありません。無事に昇華は成功しました。》

《分かった、ありがとね。今から見てみるよ。》

  そしてステータスを開く

『ステータス』

1ページ目(1/2)

【名前】レオン

【性別】男

【年齢】5歳

【種族】最上位神

【Lv】6500

【体力】∞

【魔力】∞

【スキル】最上位神魔法 LvMAX    魔神 LvMAX    武神 LvMAX     神眼 LvMAX    神隠 LvMAX    全経験値成長率 1兆倍   昇華    全知    言語理解

【称号】転生者   創造神の加護を持つ者   魔法神の加護を持つもの   武神の加護を持つもの   生命神の加護を持つもの   龍殺し   超越者   全ての神を統べるもの   


2ページ目(2/2)

【物理攻撃】∞

【魔法攻撃】∞

【物理耐性】∞

【魔法耐性】∞

【俊敏性】∞

【精神力】∞

【知識量】∞

【魅力】∞

【運】∞



最上位神魔法・・・全ての神魔法を最高レベルで使える。

全ての神を統べるもの・・・神王にのみ現れる称号



(なんか最上位神になってるんだけど。)

《チセ。なんか最上位神になったみたい。》

《最上位神ですか……。》

  さすがのチセもこれには引いている。

《チセ?》

《…………。》

  どうやらフリーズしているらしい。

《チセっ!》

《あ、はい!なんでしょうか?》

《いつも通り説明頼んでいい?》

《はい!分かりました。》

  そこから説明されたことをまとめるとだいたいこんな感じだ。


  最上位神魔法は1発で宇宙が吹き飛ぶ。

  レベルは種族ごとに最大値が違う。最上位神の場合はLv1.0×10^30らしい。

  神々に敬われる存在になってしまった。


  だいたいこの3つだ。今一度、レオンのステータスについて整理する。

レオンは最上位神であり、全ての魔法を使え、全てのスキルを使え、全ての神魔法を使え、武術においても最高レベルであり、ステータスに関しては全て無限であるということ。

  そしてレオンは思った。

(これ、まだ成長できるの?)

  今回ばかりは本当に後悔したレオンであった。







  そしてレオンは7歳となった。

  身長は125cmぐらいになり同年代では比較的高めだ。体重は細身なので若干軽いが誤差の範囲だろう。

  そして1番変わったことといえば生活の変化だろう。

  6歳になった頃、両親のお店を手伝い始めたのだ。そこからだ。お店の売上は急上昇。毎日何百人ものお客が来た。理由はよく分かっていないが、前より儲かっているのはいいことだろう。今では貴族並に資産があるらしい。

  そしてそれから1年たった今日だ。

  母さんから思ってもみない言葉が放たれた。

「レオン、国立魔法学園に行く気はない?」

  そう母さんが言ってきた。

「元々お金には余裕があったんだけどね、この1年でさらに蓄えが出来たから。これは紛れもないレオンの功績よ。だからもし行く気があるなら行かせてあげたいなと思って。」

  もともとそこまでレベルの高い学園には行く気はなかったのだが、行かせてもらえるというなら行ってみたいが、お金がすごくかかるのだ。

「母さんありがとう。でも本当にいいの?」

「えぇ!もちろん!お父さんとも話し合ったわ。前から学園に興味あったでしょ?」

(本当にいい両親を持ったな……。)

  レオンは心からそう思った。

「ありがとう!僕学園に行ってみたい!」

「レオンならそう言うと思ったわ!もうここに受験票があるから受け取りなさい。」

「本当にありがとう!」

「受験は来年の今頃だから。しっかり勉強するのよ?」

「はい!」

  そう言ってレオンは受験票を受け取って自室に戻った。

  自室では受験内容の確認をした。

(やっぱり問題は歴史だな。)

  試験内容は知識について問う問題と魔法学園と言うだけあって魔法の実力を問うようなものだった。

  知識は歴史、計算、魔法学の分野だ。魔法については実技で評価されるらしい。

  レオンは当面の間、歴史について勉強することにした。

  そして翌日。レオンは家にある歴史書を読み漁っていた。もちろん受験勉強だ。

  そうして読み漁っていくうちに分かったことがいくつかあった。

  まずは再確認、この国はオルマリアという。そして今更ながら知ったこと、この王都はヴィーネというらしい。なおかつヴィーネは他国の王都よりも大きく、治安も良いらしい。そしてここまで良くなったのは現王様の政策で名前はグレイ=オルマリアというらしい。

  と、こんなふうに覚えることが多く大変というのが最もよくわかった。

(あ、完全記憶使えばいいじゃん。)

  ってことで作成した。因みにだがこの世界に無いスキルを作っても自動的に魔神や神王魔法に統合されるらしい。

  そして作成した後すぐに使ってみた。

  するとどうだろう。1度読むだけで完全に覚えることが出来たのだ。

(よし、これなら余裕だな!)

  だがそれでも油断はいけないと保険で、思考速度上昇、複数思考、速読を作った。

  そうしてレオンのやりすぎな受験勉強が本格的に始まった。

「やはり、創造神の加護はチートでした」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • 如月 時雨

    完全記憶か...テストとかスグに終わりそう(欲しい)

    1
  • 鴉色の殺人鬼

    もうやってるかも知れませんがいつかチセが具現化とかしたらいいな〜って思います

    1
  • 虎真

    そもそもチエいるなら要らんだろ
    カンニングできる習ってないところでもわかる

    1
  • ヒカッチ

    1e30ということですか?概を余裕で超えているやべえ

    0
  • ドラゴン2

    元から知識無限なのに...オーバーキル

    2
コメントをもっと見る / 書く