SNS仲間で異世界転移

浪村

第7章 7話 劣勢

ゴゴゴゴゴゴゴオオオオオオオオオオォォォォォォォォオオオオオオオ!!!!!!!!!!!



おそらく世界で誰1人こんなデカい音を聞いたことはないだろう。そのくらいの音と衝撃が響き渡った
全員できるだけ離れたとはいえ、この破壊力では逃げきれるはずがない。風圧等で、全員地面に倒れていた


美泉「うっ……一体どうなったの……?」

1番に起き上がったのは美泉だった

美泉「そ…そんな……」

美泉の目に映ったもの。それは雪山から荒地へと変わり果てた地形、倒れている自分以外の兵士、そして全く動かないまま遠くに立っているバッドローグだった

美泉「(何でバッドローグは動かないの…?)みんな!!大丈夫!?」

この声に反応してか、龍剣が起き上がった。そして続くように団長、ドルゼ、バンギック、汏稀、香奈、壮助と意識を取り戻していった。

バンギック「……おいガキ、無事か?」

美泉「私は大丈夫…」

龍剣「俺も…大丈夫っす…」

汏稀「全然平気っす!」

香奈「まあ…大丈夫、なのかな?」

壮助は何も言わないが、右手でグッのサインをしている

体のあちこちにすり傷等はあるが、今立っている者は全員無事のようだ

龍剣「バッドローグの野郎、なに突っ立ってんだ」

ドルゼ「おそらく今の攻撃の反動だろう」

イオネット団長「意識のある者はどれだけいる!返事をしろ!」

龍剣達も含め、12人が立ち上がり返事をした。その12人とは、龍剣、美泉、汏稀、香奈、壮助、ドルゼ、バンギック、ティアーノ、エルド、マルス、ジェット、ザントで、団長を入れて今戦えるのは10人しかいない

イオネット団長「今がチャンスだ!たたみかけろ!!」

反動で動けないバッドローグに龍剣達異世界人が攻撃する

バッドローグ「ウウウ……」

ヒートバズーカを5発、氷槍アイススピアを5回、ボンバーラッシュを5回、FSウェーブを5回、トリプルアローを5回喰らわせたところで、バッドローグの動きが元に戻った

龍剣「こんだけやってまだ傷1つ入んねえのかよ!!」

ダメージは確かにあるのだが、あまりの鉄の硬さにイラ立ちを隠せない龍剣
そんなときだった。バッドローグからピシッという音が聞こえたのを美泉は聞き逃さなかった

汏稀「くそ!!」

美泉「今、確かに聞こえた…」

バッドローグの体をキーポイントゴーグル越しに隅々まで観察する美泉

美泉「あった…左ヒザに!!」

バッドローグの左ヒザに20cmほどの亀裂が入っていた

バンギック「やっと希望が見えたな」

イオネット団長「みんな、あそこだけを狙って攻撃しろ」

他の者はわかっているのに龍剣だけが亀裂に気付いていない

龍剣「え?どういう事ですか?」

美泉「ほら、バッドローグの左ヒザ!傷が入ったのよ!」

龍剣「え…ほんとだ!」

バッドローグはゆっくり話す暇も与えず、走り寄ってきた。その間、美泉はゴーグルであの亀裂を見てみる

美泉「光ってる!やっぱりあの鉄の下が弱点だ!」

龍剣「おっし!任せろ!」

龍剣は低い姿勢で水平にヒートバズーカを3発放った。バッドローグはハードルのように跳んでかわすが、空中で美泉の氷槍アイススピアを喰らい、背中から落下した
そして落下したバッドローグのもとに瞬時に移動するバンギック

バンギック「悪いな」

ジュシ!

バッドローグの亀裂部分を双剣で斬りつけた

バッドローグ「ウグァァァァァァ!!!」

バッドローグの肉は人間とあまり変わらない硬度だった。傷口から出血しているバッドローグはすぐにジタバタしたため、バンギックは距離を取らざるを得なかった


バッドローグ「ウオオオォォォ!!!」

ダメージを受けて怯むかと思われたバッドローグだが、一瞬でバンギックの正面に接近した。そしてそのままパンチを放った

バンギック「!!!」

誰1人この動きを目で追うことはできなかったのだが、なんとバンギックは人間とは思えぬ速さで躱したのだ

龍剣「BBTガトリング!」

すかさず龍剣が援護してバッドローグとバンギックに距離を取らせる。そしてその間に力を練っていた美泉が幻覚で自分達の姿を隠した


ドルゼ「もともとずば抜けた戦闘センスが、仙羅洞に行ってさらに磨きがかかったな」

バンギック「お前に言われても嬉しくねえな。さっさと鬼の血を出しやがれ、クソ魔神が」

ドルゼ「フッ。古い通り名を言いやがる」


騎士団のトップ2、3で同期の2人が話すのは龍剣達にとって珍しい光景だった

壮助「(バンギックさん、あんな顔するんだ)」

汏稀「(ドルゼさん、魔神って呼ばれてたんだ…)」

ドルゼとバンギックは騎士団に入る前から仲が良かった。バンギックが普通の少年だったのに対し、ドルゼは"魔神"と呼ばれるほど有名なゴロツキだったそうだ


イオネット団長「あの亀裂のおかげで、俺達の攻撃も有効となった。龍剣達を守ることを優先的に、他の者もどんどん攻撃していけ。ただし、死なないように」

全員「了解!!」


兵達の姿が見えないバッドローグは、誰もいない所をやみくもに攻撃している

美泉「すいません、そろそろ幻覚が解けます」

美泉の幻覚は力を練るのに時間がかかり、なおかつ使える時間も長くはない

幻覚が解け、兵達の姿が露わになった。当然、バッドローグはこちらへ向かってくる

イオネット団長「行くぞお前らあぁぁ!!」

全員「おおおおおぉぉぉ!!!」

再び気合いが入り、騎士団の士気が高まる。が、気合いで有利になるほど現実は甘くない……


バゴォン!ガァン!ドォン!

エルド「がっ…!!」
ティアーノ「うっ…」
ザント「ぐはっ!」

エルド、ティアーノ、ザントがバッドローグの蹴りやパンチで吹っ飛んでいき、気絶してしまった

ジェット「ザントーー!!」

1分も経たない内に3人もやられ、ジェットは頭が真っ白になっている。そんなジェットに向かってバッドローグは拳を振りかぶる

バンギック「よそ見なんかするな!」

マルスとイオネット団長がハンマーでバッドローグを怯ませ、美泉がムチでバッドローグの脚と地面を凍らせた

龍剣「modeバズーカ!」

素早く形態変化させてバッドローグの至近距離でバズーカを構える

龍剣「ヒートバズーカ10連発!」

ダダダダダダダ!!!!

氷によりバッドローグの脚は地面とくっついているので、よける事ができない。だがそれも、ヒートバズーカ10発目の衝撃で壊れてバッドローグは吹っ飛び、壁に激突した

ドオオオォォン!!!


龍剣「はぁ…はぁ…どうだ…」

龍剣の力はかなり消耗されている

バッドローグ「ウウ……」

バッドローグの方も大ダメージを負い、さらに胸に亀裂が生じていた

「SNS仲間で異世界転移」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「冒険」の人気作品

コメント

コメントを書く