神様にツカれています。

こうやまみか

第二章 19

 余りの疲労感に体力も気力も失ってしまった誠司は屋上の床にペタンと腰を下ろしてしまった。
 もう、このザビエルハゲに付き合ったばかりに、物凄く疲れた。気持ちも身体も。
 そんな誠司を半ば忌々しそうに、そしてその半分は気の毒そうに見ている麻神様は誠司のスマホから出る伸也の声にがっくりと肩を落として聞いている。
 心なしか、さらにハゲ具合が進行しているのが気の毒といえばそうだったが、あまりに振り回されて心身ともに疲れ切った誠司は同情する気にもなれなかった。
「日本での活躍はもう諦めて、海外に行ったら如何ですか?最近は特殊詐欺グループも海外に拠点を移しているという情報もありますし、詐欺の神様もそちらに憑いて行っているとか聞きましたよ」
 伸也の懇々とした感じの説教というか説得が続いている。それをぼんやり聞き流していたが、海外と聞いて麻神様が急に力が出てきた感じで身を乗り出している。
「海外って、どこですかイスラム教・キリスト教のシマ……もとい、信者の多い国はマズいので」
 「島」って、きっとアイランドとかじゃなくて、893映画で聞いた覚えがある縄張りの意味だろうな。
「え?特殊詐欺って海外でも流行っているんだ……」
 外国に行ったことはなかったし、ほとんどニュースや新聞は見ないのでその辺りの事情は誠司にも分からない。
 ただ、人間の行為の、いわばおこぼれを貰うのが神様の仕事(?)のようなので、大麻という植物を日本で栽培するのは無理だろう。だったら、大麻とかの栽培が法律で禁止されていない国に行ってくれた方が良い。というか日本から出て行かなくてもいいから少なくとも誠司にストーカーのように憑くことだけは止めて欲しいと心の底から願ってしまう。こんな一日は今日だけで充分だ、心身ともに疲れてしまった悪夢の日は。
「最近架空請求、つまりアダルトサイトを閲覧したとか適当に言ってお金を振り込ませるのは下火になっていて、高齢者を狙うのも警察や金融機関などの努力によって減っています。
 その反省点を踏まえたのでしょうかPCに警告音を鳴らして『ウイルスに感染しています。即座に電話してください』という警告音が鳴るようにして、パニック状態にした上で電話を掛けさせるのが今の流行みたいですね」
 伸也の声が明晰かつ落ち着いた感じでオレととんでもないお騒がせ神様以外にいない屋上に響いている。

「神様にツカれています。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「文学」の人気作品

コメント

コメントを書く