神様にツカれています。

こうやまみか

第二章 12

「あのあのあの……プラチナ会員とかは良いですから、つうか俺の名前がネットで晒されたら、一般会員よりも下の人生しか送れなくなるんでっ!!何とかなりませんか?」
 神頼みという最後の手段に――と言ってもそれしか思いつかなかっただけだが――賭けてみた。
 スマホの動画からは「大阪国際経済法律情報大学経済学部の神津誠司君、大麻の栽培とか所持が罪になるのを知っていますか?」と何故だか勝ち誇った声と表情で伝えてきている。その口調も物凄く怖かった上に早口で何を言っているのかオレの頭では半分くらいしか理解出来ない。きっとこのPCの前に居る人は頭も良いし口も滑らかに回るんだろうけど、オレは両方とも不得意だ。
 ユーチュー○とか「ついきゃす」は、全然詳しくないけど、再生数でお金が稼げると聞いたことがある。大人気のヒカキ○の動画はつい再生してしまって、豪華かつ広いマンションの部屋と思しき場所で撮影をしていたけれども、あのタワーマンションも自力で買ったとか聞いたことがあったし、こういう暴露動画は多分、閲覧数が稼げるのだろう。
 しかも、リアルタイムな「事件」なだけに――オレ的には物凄く不幸だ――皆はこぞって情報を出している。オレの小学校の卒業アルバムとか現住所なんかもどんどん暴露されていて、しかも、今居る場所が大学の空き地で、いつの間にか学生がどんどん集まってきている。
 多分、幼馴染の伸也と同じく、相互フォローをしている大学の友達のツ○ッターに「ついきゃす」を見ていた人からダイレクトメッセージが行って、それが爆発的に広まったんだろう。講義は出ないと単位も貰えないけど、こんな「お祭り」というか「炎上」――オレ的には、お先真っ暗だけど、他人事《ひとごと》ならば面白いんだろう――騒ぎをスマホで撮影したり、友達と動画を見ながら実況中継を始めていたりしている。麻を持って呆然と突っ立ったままのオレの間抜けな顔が世界中にネット中継されている。
「契約書が有るからな……。散々言ったがプラチナ会員という人生も悪くはないぞ」
 ザビエルハゲの神様は人間と異なる世界に住んでいるのだろう。神様にプラチナ会員認定されたって、こんな画像と共に大学とかオレの名前が「ついきゃす」を中心に出回ってしまったら、元々真っ黒なオレの人生がさらに真っ黒黒になってしまう。
「伸也ぁ。どうすれば良いんだよぉ」

「神様にツカれています。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「文学」の人気作品

コメント

コメントを書く