神様にツカれています。

こうやまみか

第一章 15

「この契約書を熟読した上で署名・捺印をこの欄に記入すると完了だ」
 何だかバイトの面接の時みたいだった。ただ誠司が今バイトをしているコンビニでは米粒よりも小さな字でびっしりと書いてなかった。ただ、神様とのの契約書だったら、何かもっと古めかしい筆と墨で書かれた巻紙(?)のような物が相応しいような気がするが、目の前にドヤ顔で置いた物はどう見てもPCか何かで作成したと思しき「現代風」だった。
 まあ、ネカフェのことにもかなり詳しい神様だけにもしかしてそんな場所で作成したのかも知れない。
 PCを操る神様というのも意外過ぎるが、この目の前のザビエルハゲなら何でもアリなような気がする。
「えっと、これ全部読まないといけないのですよね。ええと『神、以後はこう契約者、以後』…………何て読むんですか?」
 ポカーンとスイカを叩く音と共に頭部に激痛が走った。
「アホか。誠司はネットも見ないのか?今時の若者のクセに……。
 しかし、頭の鳴る音も見事に誠司を表現しておったな。スイカはスイカでも中身がスカスカで出荷出来ないレベル……。いや、それは置いておいて『おつ』と読む。
 5ちゃんでも『乙!』と書かれている。まあ、意味は異なるが『お疲れ様』の最初の二文字が由来だ。そんなことも知らないのか……」
 盛大なため息をつかれて、かなり傷付いた。頭も痛い上に心まで折れてしまいそうになる。
 というか、何で神様にそんなことで呆れられてしまうのかも分からない。一応その巨大掲示板に入ってみたことは有ったが、専門用語というか業界用語の羅列でサッパリ意味が分からずにそっと閉じた覚えがある。「乙」の字も見たような気がするが、定かではない。
「まあ、甲の字が読めただけマシかもしれんの……」
 神様は自分を励ますような感じで呟いている。読めた理由を言うと再び叩かれそうな気がして止めたが。
 それは誠司も大阪の人間なだけにタイガー〇ファンだ、熱狂的ではないものの。だからその球場名を知っていただけということはナイショにしておこう。アホを連呼されてはたまったものではない。幼馴染の伸也に呆れられるのはまだ良いけれどもそれは友達という、一応対等な関係だからだ。
 そうか、こう考えればいい!オレって賢いかも!と心の中でガッツポーズをした。

「神様にツカれています。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「文学」の人気作品

コメント

コメントを書く