神様にツカれています。

こうやまみか

第一章 13

「でも……。植物を育てたことは、小学校の時の朝顔くらいなんですけど……。手伝って下さるんですよね……」
 そんな未経験者でも大丈夫なのだろうか?しかも朝顔は水をやるのを忘れて枯らせてしまったことはナイショにしておこう。
「このタワケ者がっ!!」
 怒鳴られたものの、意味が分からない。
「『タワケ』って台所とかにある洗うモノですか?」
 それしか思い当たる物はない誠司だったが、麻神様は、怒りの表情が空振りに終わった感じで、むしろ呆気に取られたようだった。
「アホというほどの意味だが……関西人にアホと言うとシャレにならないので、アホを古風に言い換えたのだが……。やはり頭が残念過ぎる人間はこれだから……」
 がっくりと肩を落としている。何だか時代劇で戦に負けて逃げ出した落ち武者(?)が敵に見つかってしまった瞬間のようだった。
 ただ、アホを連呼されるのはマジに止めて欲しい。幼馴染の伸也だってそこまで露骨に言わない。頭の良さと――そしてこれはどうでも良いが――女子が全員振り返るというイケメン具合は、誠司が逆立ちしたって敵わない相手だけれども、何故か気が合ってずっと友達付き合いをしている。
「さっきからの話を聞いておっただろう。神様が農作業をしたり『オレだけど』という電話をかけたりしない。あくまでも人間の行為を元にポイントがチャージされるシステムだ。
 しかし、誠司ほどのアホなら多少は景気が上向いた、このご時世でも就活は危ないな。いや卒業もか。そういう時のためにプラチナ会員……ではなくて御利益を最高額にまで引き上げておく必要があるだろう。なまじ自力で何とか出来るような「ゆう」……いやいや、要領の良い人間とはとても思えないのだからの」
 「優秀」と言いかけたことくらいは誠司にも分かる。ただ、神様の言うことも何だか納得だ。
「大学の奥の空き地ですよね……。誰も入れないように一応なっていますけれど……。ああ、こーきのヤツが忍び込む方法を知っているとか言っていました。けれど、育て方とか全然分からないです……どうすれば良いんですか?」
 幸喜こうきとは髪を赤く染めている一応友達だ。
「あああ。もう特別サービスで教えてやろう。その代わり立派な糸が採れるようになるまで責任を持って育てるのだぞ。そうしなければ神罰が下る……」
 

「神様にツカれています。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「文学」の人気作品

コメント

コメントを書く