組長は、人生?をやり直し、魔王になるお話(短編)

久留米天狗

(1ー5) ○○すぎる

(1ー5) ○○すぎる



俺は、オーガと対峙する

オーガにも少しは知識がある、殺した筈の俺が目の前にいる
顔が一緒、臭いが一緒

だが、動けない
蛇に睨まれたカエル状態
弱肉強食…実力の違い
オーガは、死を覚悟する、喰われる


さっき、俺を倒したことで、強くなったハイ**オーガを俺は食べた、俺を倒してレベルアップしていた、進化を遂げていた


弱い弱すぎる…

火の魔法で焼き肉だ

旨い旨すぎる…ハイオーガは、旨かった

その匂いで回りの魔物が騒ぐことは無かった、体を丸め縮こまっていた。
奴らも、また俺の強さを理解した
次は自分かも…


「ふぅ~ 少しは体力と魔力が回復したな」



神様の事を思い浮かべる

俺は言った
「人生をやり直せるのなら、どうせなら、死なない体をくれないか?」

「お主、人間辞める気か?」

「人間のままで、死なない体は、神でも無理なのか?」

「絶対死なない体は無理じゃが、ある程度の事では死なない体なら出来んことは無い」

そう言ったのに、これは人間じゃねぇだろ

見た目は子供だが、オーガを1体食べても満腹にならない子供がどこに居るか?グシャグシャにされて復活する子供がどこに居るか?


震える魔物の心が聞こえた

『オワラセテクレ』

カギを壊し、ドアを開けた


「さて、メインディッシュの時間だ」


俺は、研究所へ足を向け、歩き出した





ガチャリ

ドアを開ける

「誰だ!」

あの男が叫ぶ

俺の姿を見て驚く

「死んだんじゃなかったのか?」

「はははっ、凄いぞ! はははっ」

「今度は、剣を使って構わん、オーガを倒せ」

剣を俺に投げ寄越した

ガシャリ 剣が床に落ちる

拾って、鞘から抜く
「良い剣だな」


「解るか? ミスリルの剣だ、王の武器庫から拝借してきた。王には勿体無い代物だ。 さぁ、オーガを倒してこい!」

「もう、喰ってきた」
オーガの核を見せる

「何! す 素晴らしい、はははっ、素晴らしいぞ」

「自己再生に、物音も立てずにオーガを倒せる実力、素晴らしい」

「そうだな、次は貴族の首でも取ってきてもらうか」
バン 壁を叩く

「コイツらは、私をバカにした、無能だの、金食い虫だの言いたい放題…、コイツらを殺して来い!」

町の地図らしい物に、写真が張られていた。
そこに住んでいるのだろう

並んで張られている男女は夫婦か?
子供の写真まである

「その、子供も殺すのか?」

「そうだ、皆殺しだ! 誰も私をバカにすることは許さん!」
「女も子供も、私を笑った者には、死だ! はははっ」

「狂っているな」

「な! 何と言った」

「何度でも言ってやる、狂っているな! 人のやることじゃない」

「す 素晴らしい、自我にも目覚めたか。 はははっ、私は天才だ! はははっ」

コイツ、バカすぎる





フォロー、いいね ありがとうございます
感想・誤字報告等ありましたら一言お願いします


「組長は、人生?をやり直し、魔王になるお話(短編)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く