話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

クラス転移したのにいじめられてた俺がなぜか他の人より強くなっちゃいました

桜坂 麻夜

訓練開始(1)

あーっ今日はほんと最悪な日だ。朝から中村拓人に絡まれるわクラスのバカ三人組。えっーと名前なんだっけな?まぁいいか、どうせ俺には関係ないし、とにかく朝から俺は絡まれてばかりだ。さっきから無視してるんだが懲りずにずーっと絡んでくる。ものすごくうざい。
「おいっ!さっきからこえかけてんだろ!いい加減にしろ!」
バカ三人組の一人が怒鳴ってきた。
はぁー。
「聞こえてるよ。で?何のようだ?」
半分喧嘩口調で挑発してみた。
「あぁっ?なめてんのか?響ちゃんと話したくらいで調子のんじゃねーぞっ?というか何でお前ばっかり話しかけてもらえんだよ。」
おぉ~面白いくらいに挑発乗ってくるな。もうちょっと挑発してみるか。
「はぁ?別になめてないし。響ちゃんと話して調子乗ってる?お前らバカなの?てか響ちゃんが話しかける理由なんて本人に聞けばいいだろ?そんなことも聞けないの?」
あっ、やべっちょっと言い過ぎたかな。三人揃ってゆでダコみたいに顔真っ赤になっちゃった。
「お前。喧嘩売ってんのか?あぁっ?おいっお前らっこいつボコるぞっ。」
「はいっ!ニヤリ」
「了解しました。ニヤリ」
すると三人が襲いかかってきた。まぁ遅すぎて相手にもなんないんだけど。あくびしながらでも倒せそう。
(なぁ、ジュリ。こいつら速攻で倒しちゃっても問題ないかな?)
(問題ないと思います。でも手加減はしてくださいよ?)
(了解!)
バカ三人組の一人・・・・んー長いなバカAということにしとこ。とにかくそいつのとんでもなく遅い攻撃をよけ、一発チョー弱気に殴ってみた。そしたらなんとバカAはバカBとCを巻き添えにしながら吹っ飛んでいった。もちろん三人とも気絶した。
(・・・・あいつら弱すぎね!?)
俺は、本気でそう思った。だって今のチョー弱気だったんだよ!?
(確かにあの三人組は弱いですが(勇者たちのなかでは)、この世界では一応強い方です。なので晴人様が異常なのです。)
(・・・・・これ、ほっといても大丈夫かな?)
(一応メイドとかに伝えといたらどうでしょうか)
(そうだな。そうしよう。)
そのあと、この三人組のことはメイドに任せて、俺は訓練に参加しに行くことにした。


久しぶりの投稿になります。でもまた当分投稿できそうにありません。本当にすみません   ️
題名が訓練開始(1)になっていますが、実際に訓練が始まるのは次の話からです。紛らわしくてすみません   ️

「クラス転移したのにいじめられてた俺がなぜか他の人より強くなっちゃいました」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く