一匹の犬の短い生涯の物語

ノベルバユーザー291271

一匹の犬の短い生涯の物語

♢1 
 僕は5人兄弟の末っ子。


 兄弟たちほど力が無いから、いつも虐められてる。


 でもお母さんは、そんな僕を優しく包んでくれる。


 でも僕たちを見つめるお母さんの目はどこか悲しそう。


 お母さん?どうしてそんな顔をするの?


 僕は不安な気持ちを押し殺すようにお母さんのお腹に顔を埋めた。




♢2
 ご飯をくれるおじさんが、ある日僕たちを部屋から乱暴に連れ出した。


 ぼくの兄弟はみんな痛い!痛い!と叫んでいた。


 もちろん僕も痛い!と叫んだけど、うるさいと怒鳴られた。


 怖くてそれ以上はなにも言えなかった。


 でも本当は聞きたかったんだ。


 なんでお母さんは一緒じゃないの?なんで僕たちだけ連れて行くの?


 お母さんはいつか見た、どこか悲しそうな目で僕たちを見つめていた。


 お母さん……。




♢3
 僕は犬という生き物らしい。最近学んだ。


 そしてこの世界はどうやら人間という生き物が支配しているらしい。


 彼らはたまに僕の部屋をのぞき込んだり、部屋の窓を叩いたりする。


 僕はその小綺麗な部屋の隅で丸くなって、いつもお母さんのことを考えていた。


 お母さんには僕たち以外の子供がいたのだろうか?


 お母さんは何回同じような別れを繰り返したのだろうか?


 お母さんは元気にしているだろうか?


 僕がお母さんや兄弟と暮らしていたあの小さな部屋。


 今思えばすごく狭くて、すごく暗くて、すごく汚くて……。


 せめてお母さんが何事もなく元気であるようにと願わずにはいられなかった。




♢4
 僕の名前はたろう。


 ご主人様に付けてもらったんだ。


 いい名前でしょ?


 僕はご主人様に買われて幸せだったと思う。


 なんてったってこんなに僕を可愛がってくれるんだから。


 ご主人様の奥さんは一年前に事故で亡くなってしまったらしい。


 僕がご主人様を癒してあげるからね?


 そう言ってご主人様の顔を舐めた。




♢5
 最近の日課はご主人様と朝のお散歩をすること。


 昼はご主人様と縁側で横になって、夕方には庭を駆け回る。


 なにげない毎日がどうしようもなく幸せだ。


 僕はご主人さまと同じ布団にくるまってそう思う。


 ご主人さま……お母さんみたい。


 僕はご主人様の胸に顔を埋めた。


 ご主人様は僕に気づいたのか、優しく頭をなでてくれた。


 やっぱり僕は幸せだ。




♢6
 ある日ご主人様が動かなくなった。


 僕は何が何だかわからなくて、怖くて怖くて泣き叫んだ。


 ご主人様の身体に顔をこすり付ける。


 でも、ご主人様は僕の頭をなでてはくれない。


 叫んで叫んで叫んだ。


 すると、近所に住むおばあさんが僕の叫び声を聞いて様子を見に来た。


 おばあさん!大変なの!


 僕は必死に訴えた。


 おばあさんはすぐに「きゅーきゅーしゃ」って言うものを呼んだ。


 「きゅーきゅーしゃ」はご主人様を乗せてどこかに連れて行った。


 僕はご主人様を奪われたと思って、ご主人様の名前を叫び続けた。




♢7
 ご主人様がいなくなってからご主人様の子供が僕にご飯をあげに来るようになった。


 僕はその人間に繰り返し聞いた。


 ご主人様は?ねぇ、ご主人様はどこなの?


 何回もしつこく聞いてるうちにその人間は怒るようになった。


 僕は怖くなって聞くのをやめた。


 一日に二回来ていたのが、一日に一回になり、やがて、二日に一回になった。


 僕はお腹を空かせていた。


 だけど、ご主人様が帰ってくるって信じて、待ち続けた。




♢8
 ある日、ご主人様の子供が僕をどこかに連れ出した。


 ひょっとしたらご主人様に会えるのかもしれない。


 僕はそんな期待を抱いた。


 だけど、連れて行かれた先はたくさんの犬がいる所だった。


 他の犬に吠えられて、僕は怖くてたまらなかった。


 ここはどこ?僕はどうなっちゃうの?


 ご主人様の息子は僕を他の人間に預けると、そのまま帰っていく。


 残された僕がその人間を不安げに見つめると、彼女は悲しそうな目で僕を見つめ返した。


 その目はどことなくお母さんのそれに似ていた。




♢9
 一週間がたった。


 僕はここに来てから何回も部屋を移動させられた。


 今日の部屋はいつもより殺気立っているように感じる。


 気のせいだろうか?


 世話をしてくれるお姉さんが、ご飯の皿を回収に来た時、思わず顔をこすり付けた。


 お姉さんは僕に気づくと、そっと僕の頭をなでて「ごめんね……」と呟いた。


 なんで謝るの?


 そう言うと、お姉さんは涙を浮かべて僕の頭を何度も何度も撫でてくれた。


 お姉さんの手の温もりに、ご主人様とお母さんの温もりを重ね、胸が締め付けられる。


 お姉さんはひとしきりなでると、部屋を後にした。


 その背中が、どこか悲しそうに見えた。


 少しして、部屋の奥の扉が開いた。


 それと同時に、部屋の壁がだんだん迫ってくる。


 僕と他の犬たちは壁に追われるように奥の部屋へと駆け込んだ。


 すると、「ガコーン」という音とともに扉が閉じた。


 狭いその部屋からは、頭をなでてくれたお姉さんの姿が見える。


 どうしてそんな顔をするの?


 いつか聞いたその問いが、つい口をついてでる。


 しばらくして、だんだんと息が苦しくなりはじめた。


 呼吸が上手くできない。


 まず、身体の小さな犬がその場に倒れ込んだ。


 そして、僕も苦しさに耐えられなくなってその場に倒れ込む。


 それでもなんとか呼吸しようと、首を必死に上に向け続けた。


 苦しい!苦しいよ!


 そう叫びたいのに、声が出ない。


 だんだんと意識が遠のいていくのが分かる。


 小さいころの記憶が、お母さんとの記憶が、そしてご主人様との記憶が……。


 走馬燈のように次々と過去の記憶が頭をよぎる。 


 ご主人様……あなたに出会えて幸せでした。


 そこで僕は意識を手放した―。



「一匹の犬の短い生涯の物語」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「その他」の人気作品

コメント

コメントを書く