魔滅の戦士

やましゅん

消滅

「來央参上!」
來央は自分でシャキーンとか言いながら決めポーズを取った。
(いや、そういうの良いから)
殺伐とした空気が一瞬変わる。そしてすぐに元に戻る。
「油断すんなよ。」
仮面の男の両腕が落ちる。
「椎名ちゃん!天音くん連れて逃げろ!街の入口に救護班を呼んである!」
來央は親指を立てると、
「俺に任せな。」
そう言ってニッコリと笑った。
「はい!」
そう言って椎名は天音を抱えて逃げて行った。
「貴様、なかなかやるな。」
仮面の男の手は再生している。
「あんたわざとあの子ら逃がしたでしょ。まあその方がお互い好都合か。」
剣技-雷帝-
凄まじいスピードの剣技。現代で例えるなら新幹線程か、それ以上だろう。
「これ躱されちゃうか。勝てるかな?」
仮面の男はニッコリと不敵な笑みを浮かべて
「久しいな。これ程の戦士とやりあうのは!」
男は地面を殴る。周辺一帯の民家は崩れ、悲鳴が聞こえる。
「クソっ!ひでえことしやがんな!」
剣技...
(消えた...!?)
來央の視界から仮面の男が消える。
「油断するなよ。」
來央の首は落ち、首から下が崩れ落ち、最後に頭部が地面に転げた。


「救護班の方ですか!治療をお願いします!」
椎名はなんとか救護班の元に辿り着いた。
救護班は何も言わずに天音を受け取り淡々と治療を始めようとする。
「まずいな...」
天音の腹部の損傷は救護班から見ても凄まじい物だった。直径10cm程の穴が空いている。生きているのが不思議だ。
なぜ、死なないんだ。
天音の体がドクンと脈打つ。
穴が空いているのに、立ち上がる。
明らかに様子がおかしい。
椎名は剣を構える。
椎名の目の前に立っているのは、天音ではなく、悪魔だ。

「魔滅の戦士」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「戦記」の人気作品

コメント

コメントを書く