オタク気質が災いしてお妃候補になりました

森の木

1-8 髪飾り

 マリアンナからドレスをもらった後、パーティーが行われることを知った。パーティーといってもアリーシア自身は社交界デビューしていない年齢である。だから公式なパーティーではないらしい。比較的親しい人が集まるものだ。ガーデンパーティーであり、当家の庭で行われる小規模なものだということだ。


 完全に病気から復帰して、まだ無理はしないよう注意をされているが、自分の家のパーティーくらいだったら大丈夫ではという話になった。実はこのパーティー、まだ社交界に出ていない子供たちで交流を深めるために意味合いもあるらしい。社交界は大人の世界にでる意味合いがある。ただ貴族社会は、それ以前に小さいころから親交があるようだ。父は貴族の付き合いにはそれほど熱心ではなく、とにかく溺愛している娘を外に出したがらないようだ。母の身分のこともあり、貴族のなかでは快く思っていない人々もいて、表に出ればいわれのない中傷を受けることもある。だから、極力避けているようだ。
 母はもともと根性が座っている持ち主なので、そういった些細な嫌がらせは気にしてはいない。ただ母は身重な状態であり、今は出席が難しそうだ。そこで当家の花として、父と兄と一緒にアリーシアもパーティーへ参加することになった。


 小さなパーティーといっても、それなりに人数は出てくるらしい。身内の食事会レベルでしかアリーシアは経験がないので、ある意味対外的なデビューに近い位置づけなのだろう。その証拠に、朝から大きな荷物が届いたのだった。


 贈り人は父の両親。当家の元当主であった祖父母は、現在は領地内の避暑地でのんびり過ごしている。
完全に現役引退をしてしまい、時折孫たちへのお土産などをたくさん贈ってくるのだ。
 今回はどこ経由で知ったかわからないが、ガーデンパーティーへ着るドレス数着、靴、肌着、帽子、日傘、髪飾り。びっくりするほど届いた。父はこんなにいらないな~とのんきに言っていたが、母は恐縮していた。兄へのお土産も、兄が書物が好きらしいので、貴重な本をたくさん贈ってきた。


 メイドにプレゼントを部屋に置いてもらい、一緒に中を開けていると、素敵な髪飾りが目に入った。白いレースが束ねられ、透明なガラスビーズで形を施された髪飾り。ガラスビーズはとても繊細なもので、高価であるのは一目見てわかった。これはマリアンナのドレスにあう髪飾りだ。


 マリアンナのドレスを仕立て直し、この髪飾りをつけて、ガーデンパーティーに出席することにした。もちろん祖父母にはお礼の手紙をその日に書いて、メイドに渡した。





「オタク気質が災いしてお妃候補になりました」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く