オタク気質が災いしてお妃候補になりました

森の木

1-1 目覚め

 目覚めたら豪華な天井。豪華な天井とわかったのは、中世ヨーロッパにあるだろう絵画が天井にあったからだ。天井にこんな絵がある家って、現代にあるのかという突っ込みが脳裏に浮かんだのだ。それと同時にとても広いベッドに寝ているのがわかった。
 自分の両腕をいっぱいに広げても、まだまだベッドの両端には届かない。どんだけ大きなベッドにいるんだろうと思いながらも、自分の手の平をみたら、とても小さかった。


(―――――これ幼児サイズの手――――。)


 ベッドが大きいに違いないのだが、自分の体も小さくなってしまったようである。しかし部屋は薄暗く、目視しても自分の置かれている状況はわからない。ふと来ている服は、シルク製品に近い素材の光沢のある寝間着だった。うっすら汗をかいている。


ガチャ。


 扉が開くと二人の女性らしき人がきた。カーテンを開けて外の光を中に入れる。


 パッと光が部屋の中に差し込め、中の様子がわかる。案の定、部屋はどこの中世貴族のお部屋だ?という豪奢な作りだったのだ。それより驚いたのは目の前のご婦人だった。いや、ご婦人といってもとても若い二人で、一人はメイドの服。もう一人は清楚な女性で、襟元までボタンがしっかりととじてあるシンプルなドレスを身にまとい、金髪の毛を結わいている。しかし目の下がくぼんでいて、ひどく疲れているようだった。


「アリーシア? 」


 ドレスの女性は鳥がさえずるようなかわいらしい声で、名前を呼ぶ。誰のことを呼んでいるのだろうか。




「…………………?」




なんと言えばいいのかわからず、首をかしげてじっとドレスの女性を見つめた。




「アリーシアっっっ!!!!!」


「お嬢様!!!」




 ドレスの女性を見つめただけで、女性は少女を力強く抱きしめた。メイドは大粒の涙を流して、エプロンの裾を頬に添えて泣き出してしまった。


 百合のような香りがただよう。ドレスの女性から香っているみたいだ。よく見ると、女性も美しい蒼い瞳から涙を流していた。






「もう、駄目だとお医者様が……。でも私は信じていたわ。英雄サンパウロの末裔であるお父様の子ですもの、どんな困難もきっと打ち砕くって」




 嗚咽オエツをこらえてどうにかドレスの女性は祈り混じりに言葉を紡ぐと、本格的に泣き出してしまった。それを察してか、大きな音が聞こえてきた。今度はもっと複数の人だと足音から察する。






「「アリーシア!!!!」」




 次に部屋に入ってきたのは、大きな体格の大男だった。かといって荒々しい野獣というわけでもなく、むさ苦しい感じなのであるが、優しく育ちがいい野獣というカンジだ。着ている服もラフなシャツに下はズボンというシンプルな装いではあるが、上質の品であるとわかる。
 彼のあとから入ってきたのは、ドレスを着た女性に似た男の子だった。年齢は12~3歳であろう。ドレスの女性と親子であると一目見てわかった。その後に燕尾服をきた執事らしき人、メイド服の女性たちも複数かけつけ、盛大に皆で泣き始めた。


(状況から察するに、私の体の子が何かあって。目が覚めたと言うことなんだろうけれど。自分って小さくなってしまっているし、この人達は誰だかわからないし……)




 困惑してしまい声も出せない。


(一体どういうことなの?)


 もともと冷静なタチなので顔にはあまりでない方ではあるが、急展開過ぎる状況に混乱してしまう。パチパチと瞬きをして辺りを見回したが、そんな仕草でも感動するらしい周囲の人は歓喜の声をあげる。


(ああ、変なことに巻き込まれたかも。)







「オタク気質が災いしてお妃候補になりました」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く