誰にでもできる異世界救済 ~【トライ&エラー】と【ステータス】でニートの君も今日から勇者だ!~

平尾正和/ほーち

再会

 休日を堪能して早めに寝た俺だったが、気がつくと、真っ白な空間にいた。

(あれ? ここは……)

「久しぶりじゃの」

 狐のお面を被った着物姿の女の子がいた。
 お稲荷さんだ。

「あ、ども」
「油揚げのお供えとは、殊勝な心がけじゃ」
「ええ、まあ。たまたま見つけたんで」
「ふむ、どうやら調子はよさそうじゃの」
「そっすね。俺ってば、やればできる子だったみたいで」

 よくヒキニートが“俺はやればできるけどまだ本気出してないだけ”って言い訳するけど、正直、俺はそんなこと思ってなかった。
 俺なんかが本気出したところで、まともに生きられないだろう、なんて思ってたんだよな。
 だからおとなしく引きこもってたわけだが、人間追いつめられるとなんとかなるもんだ。

 自分ひとりじゃなんにもできなかったヒキニートの俺が、いまじゃ毎日働き詰めだもんな。
 しかも昨日なんて、命がけで人助けしたんだぜ?

「アホは死なねば治らんというが、お主は何べん死んだかのう?」
「う……」

 そっか、俺って何回も死んでるんだった。
 つまり、元の世界でヒキニートやってた俺が、いくら一念発起しても、いまのようにマトモな生活が送れたかどうかは、微妙なんだよな。
 なんだかんだ、チート能力の影響もでかいと思うわ。

「まあ、それでも元気でやっとるならええわい。加護も役に立っとるようじゃしな」
「あー、この加護って、呪いじゃねっすか?」
「自分の無能を棚に上げて、人に当たるな。何度死んでもやり直せるということが、どれほどありがたいことか、ちゃんと理解せんか、このバチ当たりモンが」
「まあ確かに助かってはいますけど、最初はマジで嫌だったんですよ? 心が折れたらどうするんですか?」
「じゃから〈恐怖耐性〉を覚えたじゃろうが。それで心が多少壊れようとも、〈精神耐性〉を覚えていずれ復活するようになっておる」
「ぎゃー!! なんつー鬼畜仕様!! あきらめたらそこで試合終了にしてくれよぅ」
「ダメじゃ。最初に言うたじゃろ? ワシゃ容赦なぞせんよ。お主が目的を達するまで、何度でも繰り返すのじゃ」

 おう……どこぞの死神みたいな台詞じゃねーか。

「……おかげさまで、いまはそこそこ充実してるけどさ。ところで元の世界の俺の体って、どうなってんの?」
「まだ祠の前に転がっとるわい」
「えー!? もう半月以上経ってんのに!?」
「心配するな。そちらとこちらでは、時間の流れが異なるでの。向こうではまだ何時間もたっとらんわ。そろそろ誰かが見つけて、救急車でも呼んでくれるじゃろ」

 なんか扱い悪くね?

「ってか、そっちの体が死んだらどうすんのさ?」
「心配するな。ワシがちゃんと守ってやるでの。お主は元の世界のことは気にせず、こちらで頑張るのじゃ」
「うう……。まあ頑張るけどさ。でもこの先大丈夫かねぇ?」
「ワシの加護と、ワシが作った身体があるんじゃ。なんとかなるはずじゃよ」
「あ、この身体ってやっぱ特別製なの?」

 俺にしては、いろいろと出来がよすぎるからなぁ。
 とはいえ、チートってほどじゃないような気もするけど。

「普通は魂と肉体のあいだに、多少のズレがあるもんじゃ。じゃが、その身体に関しては、シンクロ率100%じゃよ。初期性能は元のままじゃが、成長率は格段に上がっとるはずじゃ」
「え、そうなの? そんなチートっぽい能力、なかったけどなぁ」
「アホぬかせ。ひと晩魔力操作の練習をしただけで魔法を習得できるなんぞ、天才レベルじゃわい。魂と肉体のシンクロ率が高いということはじゃな、思ったことを実現する能力が、高いということなんじゃ。普通はそうなるまでに、相当な鍛錬が必要なんじゃぞ?」

 ああ、そういや一流のアスリートとか音楽家なんかが、そんなこと言ってたの、テレビで見たなぁ。
 確かに、思い通りに身体が動くなら、蹴飛ばそうとしたものをスカして転んで頭打って死にかける、なんてこともないよなぁ……。

「そこに、加護による成長補正がついとるんじゃ。努力すればそのぶん、望んだ方向に成長できるんじゃぞ? それがどれだけありがたいことか……」

 世の中、努力が報われないことなんて、いくらでもあるもんなぁ。
 俺はそういうのが怖くて、ひきこもってたんだけど。

「成長補正って、SP使って好きなスキル覚えられるやつ?」
「それもあるがの。ステータスに表示されん効果もあるのじゃよ。レベルアップであれスキル習得であれ、普通の人よりも成長は早いはずじゃ」
「へええ、そりゃどうもありがとうございます」

 うん、そこはちゃんとお礼言っとこう。
 いまこうやって順調に活動できてるのも、努力した成果が目に見えて現れてる、っていうのが大きいと思うしな。

「そういや気になってたんだけど、本来もらえる異世界基本パックって、〈言語理解〉のほかは、〈鑑定〉と〈アイテムボックス〉かな?」
「なんかお主、さっきから馴れ馴れしくなっとらんか?」
「そう? 俺とお稲荷さんの仲じゃん!」
「……まあよい。そうじゃな。お主の言うとおりじゃ」
「でもさ、ステータス使ったら、所持品とか装備品の詳細が見れるけど、あれって〈鑑定〉と何が違うの?」
「ぬ……?」

 あら、なんかお稲荷さんから“しまった!”的な雰囲気が出てるんだけど、お面の下はどんな表情なんだろ?
 もしかして、ステータスでの情報閲覧は、想定外ってことか?
 これはいま外されちゃかなわん!!

「あれっすか? お稲荷さまのせめてもの配慮ってやつっすか!? ですよねー? お稲荷さま、なんやかんやで優しいですもんねー?」
「う……うむ、そじゃな。ワシの配慮によう気づいた。これからも活用するのじゃぞ」

 お稲荷さんはそう言って、少し不器用に胸を張る。
 ほっ……、どうやらこの機能は、継続して使えそうだ。
 しかし、こうなると、なんか俺って恵まれすぎてる気もするんだよな。
 これって贖罪のための、罰なんだよな?

「基本パックマイナス2くらいじゃ、甘くね? とは思わんでもないんだけど、そのへんどうなの? 成長率もかなりいいみたいだしさ」
「ふむ。ちなみにじゃな、普通にこちらからの依頼で転移や転送を行う場合、〈獲得経験値○倍〉とか〈獲得SP○倍〉とか、〈所要SP○分の1〉とか、人外レベルのオマケがつくぞい」
「え……?」
「平均で5倍、多ければ10倍ほどつくこともある。あとはそうじゃな、緊急性が高い場合は〈状態異常無効〉とか〈全戦技LvMAX〉〈全魔法LvMAX〉みたいなのもあるぞ」
「おおう……」

 俺が恵まれてないってより、俺以外が恵まれてるって感じだなぁ。

「そうでもせんと個人の力で世界なんぞ救えるか」

 おいおい、ちょっとまってくれよ……。

「じゃあ俺はどうなんのさ!?」
「ま、頑張れ。少なくとも通常は死に戻りなんぞ、ないからの。普通は高い能力を与える代わりに、死んだらおしまいなんじゃよ。お前さんは苦労する代わりに死んでもやり直せる、と。我ながらいいバチの当て方じゃな」
「ぶー!! 失敗したらどうすんだよ?」
「最終的ににっちもさっちもいかんようになったら、ステータスはそのままで最初からやり直しじゃな」
「強くてニューゲームかよ!!」
「じゃから最初に言うたろ? お主が世界を救うまで、それは終わらんとな」
「あ、だったら死に戻りの仕様、ちょっと変えてくんない?」

 死に戻りの仕様が、少し変わるだけで楽になるはず!
 いまでも結構恵まれてるけど、他の人たちにくらべたらショボいわけだし、それくらいの仕様変更は望んでもいいだろう。

「ほう、たとえば?」
「たとえば、いまのオートセーブな感じはとりあえずありがたいんで、あとはスタート地点を2~3個増やして、手動で更新できるようにとかできない?」
「できるぞい」
「マジで!? いやーこれで随分楽になるわ」
「ステータスを開いてみい」

 ん、ステータスとな?

「はい、開きましたよー?」
「習得可能スキルを出してみい」
「あいよ。おー、相変わらず多いな」
「キーワード検索ができるでの。では『スタート地点』で検索かけてみい」

 検索? とりあえず念じてみればいいのかな……。
 お? 出たな。

「えーっと、〈スタート地点更新方法切替〉が5,000万ptで、〈スタート地点追加〉が1億ptね」
「〈スタート地点更新方法切替〉があれば、スタート地点ごとに手動更新と自動更新を設定できるの」
「おお!」
「〈スタート地点追加〉じゃが、ふたつ目はいま出ておるとおり、1億。3つ目の追加は2億、4つ目の追加が4億と、追加するごとに必要ポイントは、倍々で増えていって最大は10じゃ」

 えっと、2、4、8、16ときて、10個目だと……256億!?
 うへぇ、そりゃ厳しいや。
 ってか、ひとつ目追加の1億すら無理だな。

「贅沢いうのなんだし、とりあえず〈スタート地点更新方法切替〉は有効にして貰って、新しいスタート地点はふたつくらい追加してもらえる?」

 自動と手動の切り替えができて、スタート地点が都合3つあれば、相当楽になるだろうな。
 具体的にどう楽になるかは、実際に能力をもらってから考えればいいだろう。
 ぐへへ、夢が広がるぜぇ。

「うむ。ではがんばってポイントを貯めるんじゃな」
「なんですと……?」
「じゃから、お主の望みを叶えたいんなら、がんばってSPを貯めることじゃ」
「ちょっと待ってくれ! いますぐ仕様変更してくれるんじゃねーのかよ!?」
「ワシゃできるとは言うたが、やるとは言うとらんぞ?」
「ぐぬぬ……」

 しょうがない。
 死に戻りがあるだけマシと考えるか……。
 まあそのうちSPインフレみたいなことになるかもしれんし、そのときに考えよう。
 あ、そういや一番大事なこと、聞いてなかったな。

「あのさ」
「おおっと、時間のようじゃな。またそのうち会おう。お供え、いつでも待っとるぞ?」
「ちょ、待てよ!!」
「ふふふ、お主のような平凡顔には似合わんセリフじゃな。ではまたの」
「ああああ! チクショウ!!」

 お稲荷さん、消えちまったよ。

 ……結局世界を救うって、なにやりゃいいのかまだわかんねぇや。

 その日以降も、暇を見て何回か油揚げを供えてみたけど、お稲荷さんが出てくることはなかったから、お供えはすぐにやめた。
 出てこないくせに、供えたぶんはちゃっかり持っていくんだよなぁ……。

「誰にでもできる異世界救済 ~【トライ&エラー】と【ステータス】でニートの君も今日から勇者だ!~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く