誰にでもできる異世界救済 ~【トライ&エラー】と【ステータス】でニートの君も今日から勇者だ!~

平尾正和/ほーち

4-11 再びダンジョンへ

 結局あのあとのデルフィだが、乗り換え後の馬車に乗って30分くらいでようやく覚醒してきたようで、エムゼタシンテ・ダンジョンに着く頃にはしっかり目が覚めていた。

「ねぇ……、見たでしょ?」
「なにを?」
「……寝顔」

 ええ、ばっちり拝見したうえで心のメモリーに保存させていただきましたとも。
 それ以上に、起こしたときの感触とか体温とかのほうが――、

「ちょ……ニヤニヤしてんじゃないわよ!」
「あ、ああ、ごめん……」

 ――いかんいかん、せっかくパーティーを組めるようになったんだ。
 これ以上嫌われないようにしないとな。

「えーっと、なんといいますか、その……不可抗力と言いますか……と、とにかくごめんなさい!」

 女の人が機嫌を損ねたときは、男が謝るのが正解だって、ネットで見たから、ひたすら頭を下げることにした。

「べ、べつに謝らなくてもいいわよ……」

 その声に顔を上げると、頬を染めて視線を逸らし、綺麗な金髪を指でくるくるしてるデルフィがいた。

「減るもんじゃ、ないし……」

 俺の心のメモリー残量はガンガン消費されてますけどねー!
 というわけで、その表情もしっかり保存!

「だ、だからニヤニヤするんじゃないの!!」
「ごふっ……」

 デルフィのショートアッパーがみぞおちに突き刺さる。

「はぁ……それにしても、ちょっと汗かいちゃったわね」

 革張りのシートだったから、どうしても蒸れちゃうよね。

「《浄化》設備付きの宿があるから、軽く寄っていく?」
「いいわよ、自分で《浄化》するから」
「え、《浄化》使えるの!?」
「《下級浄化》だけどね。真っ先に覚えたわよ」

 そう言って胸を張るデルフィ。

「優先順位おかしくない?」

 《下級浄化》を覚えるお金で、いったい何本の矢が買えると思ってんのさ……。

「う、うるさいわね……」

 まぁ、女の子だし、清潔感は命より大事なのかも知れないけどさ。

「ほら、ショウスケにもかけてあげるから、そんな呆れたような顔しないでよ……」
「あ、いや……別に呆れては……」

 しまった、顔に出てたか。
 ほどなく、蒸れていた服の中が、少しスッキリするのを感じた。

「ありがとう」
「どういたしまして。さ、いきましょ」

 そんなこんなで、俺たちふたりは無事ダンジョンに到着した。

**********

 デルフィと一緒に、彼女のダンジョンカード発行に付き添ったあと、さっそく装備を整えて受付に向かう。

「おお、ソロで5階層まで言ったか。じゃあ次は7階層な」

 受付のおっさんに感心されつつ規制を解除してもらう。

「面倒だから10階層まで解除してくれません?」
「だめだめ。言っとくけど、Eランクソロの場合、8階層以降は1階層ずつの規制になるからな」
「ええー、マジっすか?」
「なに嫌そうな顔してんだよ。普通1回しか倒せない階層ボスと2回やれるのは、規制解除後の再アタックの時だけなんだぜ? むしろ1階層ごとに規制かけてくれ、って頼みを断ることのほうが多いのによ」

 そういやここのダンジョンの階層ボスは、原則1回しか倒せないんだったな。
 そうしないと、効率重視で階層ボスとばっか戦う連中が出てくるから、ダンジョンコア制圧時に設定を変更したとかなんとか。
 パーティーの中にひとりでも未経験のメンバーがいれば何度でも戦えるらしいが、そこまではさすがに規制しないらしい。
 ボスと戦いたいがためにメンバーを入れ替えるほうが、効率は悪いからね。

「まぁ冒険者ランクをDまで上げるなり、パーティー組むなりしたら規制は緩められるけどな。焦らず頑張れや」
「うっす、がんばります」

 俺のうしろに並んだデルフィが、おっさんの説明を聞き終えるのを待ち、一緒に入り口の転移陣へ。

「じゃあ俺はこっちだから」
「私はこっちに乗ればいいのね」

 俺たちは離れ、別々の転移陣に乗る。
 デルフィは1階層行き、俺は階層指定で5階層からだ。

「デルフィ、無理しないで」
「ええ。ショウスケもね」

 そんなわけで5階層から探索開始。
 6階層からは、トレントやマンドラゴラみたいな、植物系モンスターが出現するようになる。
 どっちもドロップアイテムが、そこそこ高額なのが嬉しいね。

 探索はいたって順調。
 剣での攻撃時はできるだけ《聖纏剣》を使うようにしている。
 1回斬るごとに効果が切れるのは面倒だし、聖属性が付与されるだけで攻撃力が上がるわけじゃないんだけど、それでも対象が刃に直接当たるのは防げるのでね。

 7階層を制覇した時点で、八刻半(午後5時)を過ぎていた。
今日のところはこれで終わりにしておこう。

「よう、今日も順調かい?」

 受付をのぞきに行くと、おっさんが声をかけてきた。
 ダンジョンは24時間営業なんだけど、夜に探索する人は少ないみたいで、この時間になると受付もヒマみたいだな。

「ええ、無事7階層まで」
「へええ、そりゃすげぇ」

 そういや、デルフィのほうはどうなんだろう。

「あの、最初俺の次に並んでた娘なんですけど……」
「おう、あのお嬢ちゃんなら、2時間くらい前に2階層を攻略して、再アタックに入ったぜ」
「あの、様子はどうでしたか?」
「なんだ、心配なのか? だったらパーティーでも組みゃいいだろうが」
「いや、いろいろありまして……。近々パーティーは組む予定なんですけど」
「へええ……まだパーティーメンバーじゃねえってんなら、あの嬢ちゃんはお前さんのコレか?」

 おっさんはそう言って小指を立てた。
 ……こっちでもそういうハンドサインはあるんだな。

「い、いやいや、そういうんじゃ……」

 っつーか、このおっさん、いきなりなに言い出すんだよ!

「はっはっは! ふたりして同じような反応しやがって、おもしれぇなぁ」

 いや、おっさん余計なことすんなって!
 嫌われちゃったらどうすんのさ!

「そ、そんなことより、彼女に変わった様子はなかったんですか? 無理してそうだとか」
「心配すんな兄ちゃん。俺だってこの道ウン十年のベテランだぜ? ヤバそうなやつは通さねぇよ」
「それなら、いいです」

 どうやら無理はしてなさそうなので、ここはおっさんを信じて換金にでもいくか。

「誰にでもできる異世界救済 ~【トライ&エラー】と【ステータス】でニートの君も今日から勇者だ!~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く