誰にでもできる異世界救済 ~【トライ&エラー】と【ステータス】でニートの君も今日から勇者だ!~

平尾正和/ほーち

4-6 新兵器

「銃? ああ、そういやそういう呼び方もあったね」
 
 フェデーレさんが取り出した魔筒まづつってのは、まさしく拳銃だった。
 少し古くさい型だが、立派なリボルバー式だ。
 
「元々は火薬を使って、金属の弾を飛ばす武器だったらしいんだけど、威力が弱くてね。大昔にどこかから伝わったものの、結局美術品としての価値くらいしかないものだったんだよ」
 
 まあ、魔術なんてものがあったり、魔力や強化で身体能力を上げることができるんなら、火薬の量や口径で威力が決まる銃より、弓矢のほうが強かったりするんだろうな、この世界じゃ。
 
「ところが魔術と魔道具の発達で見直されるようになってね。この魔筒には本体に魔術を込めて使うこともできるし、魔石を入れて使うことも可能なんだ」
「へええ。魔石をシリンダーに入れるってわけですか?」
「そ。特殊な形に加工しないといけないけどね。うちのは空魔石からませきを入れてて、そこに魔術を装填するタイプ」
 
 本来魔石というのは、魔道具なんかの動力として使うとだんだん小さくなっていき、最終的には消滅するんだが、魔石の中の魔力だけを抜き取って、魔術を出し入れできるような特殊な加工を施したものを『空魔石』という。
 
「どうやって魔術を込めるんです?」
「それを持った状態で《弾》系魔術を使えば、詠唱終了後に装填されるよ。で、そこの引き金を引くと発射」
「これって事前に6発準備できるんです?」
「そうだよ。それがこの魔筒の特徴だね」
「へええ」
「随分熱心に見てるねぇ。よかったら訓練場行く? 試射だけなら無料でいいよ?」
 
 マジで? 銃撃てるの!?
 
「行きます!」
「わ、私も!」
 
 物騒だとわかっていても、男の子が拳銃に憧れるのはしょうがないよね。
 
 
 訓練場には、フェデーレさんもついてくることになった。
 さすがに無料で貸す以上、放ったらかしってわけにもいかないようだ。
 
 だだっ広い訓練場の片隅にある射撃場に到着。
 ここは弓術や弩術の訓練に使われる場所で、通常の的のほかに、自動修復機能を持つ人型のゴーレムなんかも置いてある。
 幸いこの日は俺たち以外人はいなかったので、思う存分試射出来る。
 
 まずはデルフィーヌさんが魔弓を構える。
 矢をつがえず弦を引くと、その動きをなぞるように炎の矢が現れる。
 《炎矢》を使ったのだろう。
 なんだか惚れ惚れするほど堂に入った動きだ。
 弓を構える凜々しいデルフィーヌさん……尊い……。
 
 そして次の瞬間、炎の矢が放たれると、その射線上にあった岩のゴーレムが爆散した。
 
「「え……?」」
 
 俺とフェデーレさんは同時にマヌケな声を出してしまう。
 見事ゴーレムを撃ちぬいたデルフィーヌさんは、嬉しそうにこちらを向いたが、俺たちふたりのマヌケな顔を見て、少し不機嫌な表情を見せた。
 
「あの、私一応ハイエルフなんだけど?」
「ホントに!? いや、てっきり僕は普通のエルフか下手すりゃハーフなんじゃないかと」
 
 今度はフェデーレさんがひとりで驚く。
 ハイエルフと普通のエルフの違いってなんでしょね?
 でもハーフエルフ呼ばわりはまずいんじゃね? なんかハーフエルフってエルフからは忌避されてるってのがファンタジーものの定番なんだけど……。
 
「いまはダブルって呼ばないと怒られるわよ」
「たしか、二種族のいいとこどりでダブル、だったっけ? うん、そのほうが確かにいいね」
「まぁ私はダブルじゃないけど」
 
 とくに怒った様子もなければ、ハーフ……じゃなかった、ダブルを蔑む様子もないデルフィーヌさん。
 
「でもさぁ、ハイエルフって魔法とかバンバン使えるイメージあるんだけど、デルフィーヌちゃんわざわざ魔術覚えてるから」
「いつの時代の話をしてんのよ。ここまで魔術が発達してるのよ? いまどきのエルフはわざわざ魔法なんて覚えないわよ。たとえハイエルフであってもね」
「ええー、なんかガッカリ」
「勝手に期待して勝手に落ち込まないでよ。そのぶんいまどきのエルフは樹海にいるあいだ、弓術の修行に時間を費やすのよ。あの時だって弓矢さえあれば……」
 
 と、こちらを見るデルフィーヌさん。
 なるほど、弓矢さえあれば、あの程度の窮地は脱せたってことね。
 いや、いまの光景見たら納得だわ。
 
 さて、話は戻るが、魔弓ってのは《矢》系魔術に、弓術の威力が上乗せされるらしい。
 ただの《炎矢》じゃあ岩製のゴーレムに当たっても表面をちょっと焦がして削るぐらいだろう。
 それが爆散だよ?
 溜めが結構あったからおそらく《炎矢》へ魔力を上乗せしてるんだろうけど、それを差し引いても弓術の腕は大したもんだと思う。
 
 そのあと、フェデーレさんがなんかコントロールパネルみたいなところを操作すると、ゴーレムが動き出した。
 結構素早く動いていたんだが、デルフィーヌさんは《氷矢》《雷矢》《魔矢》《聖矢》をそれぞれゴーレムに放ち、すべて命中のうえ、例外なくオーバーキルとなる。
 これなら足手まといどころか、非常に頼りがいのある戦力になるぞ!
 
「じゃ、次は俺の番ということで」
 
 続けて俺が魔筒の試射を行ったんだが……、こりゃ実戦で使うのはどうなんだろうね。
 最初は“拳銃だー!”ってテンションで撃ちまくってたんだけど、冷静に考えたら《弾》系しか撃てないって不便じゃね?
 
 それに魔弓と違って、個人の能力に依る威力補正もあんまないし、空魔石の容量の関係で魔力の上乗せも出来ないし、命中率に関してはむしろ下がってるんだよね。
 それは俺の銃の腕が悪いからだけどさ。
 
 6発事前準備できるから、連射できるのはちょっとだけありがたいかも。
 まあ、銃を撃つ行為ってのは射的みたいで楽しいから、バンバン撃ちまくったけどさ。
 
《スキル習得》
〈射撃〉

「誰にでもできる異世界救済 ~【トライ&エラー】と【ステータス】でニートの君も今日から勇者だ!~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く