誰にでもできる異世界救済 ~【トライ&エラー】と【ステータス】でニートの君も今日から勇者だ!~

平尾正和/ほーち

4-1 魔術士ランクアップ

 エムゼタシンテ・ダンジョンの攻略は順調に進み、2日で5階層までの攻略とハリエットさんに頼まれていた魔石10kgの採取を終えた俺は、およそ8時間かけてトセマに戻ってきた。
 昼の直通便よりかなり早いのは、やはり三頭立てだからかな。

 現在三刻半(午前6時)過ぎ。
 ここから馬車は、エスタサミアス州のケマトへ、さらに4時間かけて向かう。
 急ぎの人はここでスレイプニルタイプに乗り換えることも可能だ。
 それだと2時間足らずでケマトに、さらに2時間でヘルキサの塔があるトウェンニーザ州のエベナに行ける。

 そうそう、あのスレイプニルタイプの馬車は通称『高速馬車』というらしい。
 語感が高速バスに似ているのは〈言語理解〉さんの仕業か?

 ひとまず俺は冒険者ギルドに行き、仮眠をとった。
 各ギルドの営業開始時刻は、一応四刻半(午前9時)と決まっているからな。
 魔術士ギルドは完全に営業を停止しているが、冒険者ギルドには時間外の不寝番がいて、ちょっとした手続きならできるようになっているけどね。
 そして、そのちょっとした手続きに、寝台の利用も含まれるのだ。
 ちなみに治療士ギルドも一般業務は停止しているが、救急外来は随時受付中で、当直の治療士もスタンバっている。

 寝心地は悪いが、寝起きはすっきりする冒険者ギルドの寝台で仮眠をとった俺は、五刻(午前10時)に起き、モーニングセットを食べて魔術士ギルドへ。
 ちなみに冒険者ギルドのモーニングセットは、柔らかいパンとスープ、サラダが基本で、メインは日によってベーコンエッグになったりソーセージセットになったりする。
 それにドリンクが付いてお値段4Gナリ。

 朝食を終えた俺は身支度を終え、魔術士ギルドへ。
 久々のハリエットさんだぁ、とニヨニヨしながらギルドの入り口をぬけるも、受付卓に座るヨボヨボのじいさんを見て一気に気分が下がる。

「おう、ヤンスケくん。息災かの?」
「ショウスケです。あの、ハリエットさんは……?」
「仕事でエムゼタの魔術士ギルドに行っとるよ」

 な、なんだってーっ!?
 わざわざとトセマで戻ってきたのに無駄足だったか……!

「そっすか……」
「そない露骨に落ち込まんでもええじゃろうが、チョウサクくん」
「ショウスケです。じゃあすんませんけどランクアップを」

 俺はうなだれつつも、なんとか気力を振り絞って、ギルドカードをじいさんに渡した。

「ほうほう。もう魔石10kgクリアしたんかね。じゃ早速ランクアップしちゃろ」

 ってなわけで、俺は無事Eランク魔術士となった。

「で、ロウスケくん。何ぞ魔術でも覚えていくんかね?」
「ショウスケです。あー、戦闘付与魔術を覚えようと思ってたんですが、なにを覚えるか検討してまた来ます」

 ハリエットさんの不在がショックすぎて、頭が全然回らんわ。
 とりあえずギルドの食堂でお茶でも飲みながら、ゆっくり考えよう。

「じゃあの、ベンスケくん」
「ショウスケです……」

**********

 冒険者ギルドに戻ってコーヒーを頼む。
 そう、この世界にはコーヒーもあるのだ!!
 いかなる状況でもコーヒーはホットのブラックと決めている俺は、空席が目立つランチ前の食堂にぽつねんと座り、コーヒーをすすった。
 ちなみにいまは夏真っ盛りで、冷房が効いているとはいえホットコーヒーを頼む客は少ない。

「ホントにホットでいいの? この季節は氷たっぷりのアイスコーヒーがオススメよー」

 と食堂のおっちゃんに勧められたが、それを固辞してホットコーヒーを入れてもらった。
 どうせ水出しで作り置きのアイスコーヒーのほうが楽だからそっちを勧めてるんだろうが、その手には乗らないぜ!
 ここにはコーヒーメーカーもドリップペーパーもないから、ホットコーヒーはネルドリップなんだよねー。
 まあアイスコーヒーを水出しで作ってるところは、評価してやってもいいけどな。
 ホットコーヒーを濃いめに作って氷を入れたコップに注ぐタイプのアイスコーヒーは正直どうかと思うんだが、そもそもアイスコーヒーを飲まないんだからどうでもいいか。
 
「なんで受けちゃダメなのよ!」

 おおっと、午前の静かなコーヒータイムを邪魔する、無粋な声が聞こえてきたぞ。
 声の方向を見ると、ギルド受付で冒険者がゴネてるみたいだ。
 ……デルフィーヌさんだったよ。

「いやー、ダメってわけじゃないんだよ? ただ、それちょっとワケありっぽいからさぁ」

 相手してんのはフェデーレさんだな。

「でもEランクの依頼でしょ? だったらFランクの私が受けても問題ないじゃない」
「そうなんだけどさぁ。その内容でEランクってのが怪しいんだよねぇ。普通はそれだとGかFだよ?」
「だったらなおさら問題ないんじゃないの?」
「いやいや、そういう内容の割にランクと報酬が高いのはヤバいんだって」

 うーん、さっきまで全然気にならなかったんだけど、いざ一言耳に入るとその後の会話の推移が気になるもんだねぇ。

「せめてEランク冒険者の護衛くらいはあったほうが……」
「そんな知り合い……いないわよ……」
「うーん、なんかいい方法が――」

 っと、ここでフェデーレさんと目が合ってしまった。

「――あるね。あそこに暇そうなEランク冒険者がいるよ」
「え!? どこ?」

 振り向いたデルフィーヌさんと目が合う。

「あ……」

 俺と目が合ったデルフィーヌさんが、ピシリと音を立てたように固まった。
 やっぱ俺じゃあ、役者不足っすかねぇ?

「誰にでもできる異世界救済 ~【トライ&エラー】と【ステータス】でニートの君も今日から勇者だ!~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く