誰にでもできる異世界救済 ~【トライ&エラー】と【ステータス】でニートの君も今日から勇者だ!~

平尾正和/ほーち

3-4 基礎戦闘訓練-型は必要!-

「ああ、そうだ。型の訓練を始める前に、もうひとつだけ聞いておこうか」

 なんやかんやで、剣を使った訓練が始まろうとしていたのだが、カーリー教官には、まだ確認しておきたいことがあるようだ。

「なぜ細剣術を学ぼうと思ったのかを、知っておきたい。その答え次第では、別の武器にしたほうがいいかもしれないからな。ダリルとアルダベルトは剣術全般だからまぁいいとして、ジータ?」
「私のの場合は、父も冒険者で、父が使っていた武器だからです」
「なるほど、そういういことなら、まず使ってみるのもいいだろう。では、ショウスケは?」

 俺の場合、魔法剣士に憧れたから、とりあえず剣、って感じなんだよな。
 そのなかで、レイピア含む細剣術を選んだ理由となると……。

「なんとなく、自分の戦闘スタイルに合ってんじゃないかなーって思って」
「ほう、具体的には?」

 具体的に!?

「あー、えーっとですね。俺の戦闘スタイルですけど、こっそり近づいて死角から、ブスリとやるんですね。いままでは槍を使っていたんですが、細剣のほうが、小回りがきくかなーと思いまして」
「ふむう、死角からの不意打ちなら、弓術のほうがいいのではないか?」
「いやぁ、矢を買うお金が勿体無いといいますか……」
「たしかにかけ出しの冒険者にとって、矢の消耗は痛いところではあるが、剣もメンテナンス費がかかるぞ?」
「いや、剣だとギルドで借りれますから」
「ほう、なかなかしっかりもののようだな。考えなしに冒険者を目指して、食いっぱぐれて盗賊になるような輩も多いなか、君のように生活設計をしっかりできる者は、我々としても大歓迎だ」

 元の世界じゃ親のスネかじるしか能のないヒキニートが“生活設計をしっかりできる”と褒められるまでに成長したよ!
 いやぁ人から褒められるって、嬉しいもんだねぇ。
 山田くーん! お稲荷さんに揚げさん1枚やっとくれ!!

「よろしい。では試しにやってみたまえ」
「はい?」
「君の言う、そろりと近づいてブスリ、というやつだ」

 えっ、いきなり実践?

「あの……構え方とか、全然なんですけど」
「構わん。この巻藁まきわらを、敵に見立ててくれ」

 なんなのこの流れ……。
 まぁ、やるしかないんだろうけど。

「じゃあ、いきます」

 レイピアを抜き、なんとなく構える。

「プフ……」

 男爵家のボンボンめ、笑うんじゃない。
 他のふたりも、笑ってんだろうなぁ……って、余計なことは考えず、目の前の巻き藁に集中だ集中!
 ええっと、いつもどおりだから、〈気配隠匿〉を全開にして、っと。

「ほう……」

 カーリー教官がなにやら反応したけど、いまは無視だ。
 ちょっと不格好かも知れないけど、レイピアを構えたまま、足音を立てないよう、注意しながら前進する。
 そして巻藁が間合いに入るまで、ゆっくりと近づき……突くべし!!

 ――ドスッ!

 一応レイピアは、巻藁に刺さった。

「ふむ、なかなかのものだな」
「ええ!? どこがですか!!」

 せっかくカーリー教官が褒めてくれたのに、男爵家の坊やが反論しやがった。

「ダリル、君はショウスケの構えがなってないと、言いたいのだろう?」
「ええ、そうです。だからこそ型が重要だと思うのです。正直褒める要素が見当たらないのですが……」
「ふむ。ほかのふたりは、なんとなく察しているようだがな」
「え?」

 ダリルは驚いたように、ふたりを見た。
 俺もつられてそっちを見る。

「そっすねぇ。そのへっぴり腰はどうかと思うんすけど、構えてから攻撃に移るまでの雰囲気は、なんかヤバかったっす」
「私も同感です。物陰に潜まれたら、と思うと、ちょっと怖いですね」

 おお、さすが獣人。
 気配には敏感なのね。

「気配の断ち方は見事なものだ」

 きゃー! 褒められたー!!

「しかしダリルの言もまた、正しい。先ほどの構えは、あまりにひどいな」
「おう……」

 上げて落とすのはやめて!!

「オラ、型の大切さがわかったような気がするっす!!」

 アルダベルトちゃん、変なところで納得しないで!!

「では、型の練習から始めようか」

 アルダベルトの答えに、満足げに頷いたカーリー教官が、訓練の開始を告げた。
 俺のかいた恥は、無駄じゃなかったんだよね……?

「誰にでもできる異世界救済 ~【トライ&エラー】と【ステータス】でニートの君も今日から勇者だ!~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く