誰にでもできる異世界救済 ~【トライ&エラー】と【ステータス】でニートの君も今日から勇者だ!~

平尾正和/ほーち

休日の過ごし方 前編

 デルフィーヌさんを救出した翌日、俺は休むことにした。
 昨日は勢いで薬草採取とか狩りとかしたけど、ひと晩寝たらどっと疲れが出たんだ。
 昨夜は冒険者ギルドの寝台で寝たから、疲労は取れたはずなんだが、気分的なもんかねぇ。
 切羽詰まっていろいろやったし、何回も死んだしな。
 今日は一日ゆっくりしよう。
 さて、久々にステータスをじっくり確認するか。

――――――――――
名前:山岡勝介
職業:魔道士
レベル:12

HP:512
MP:831

物攻:E(E)
魔攻:D+
物防:E+(E)
魔防:D-(E+)
体力:E+
精神力E
魔力:D
賢さ:E+
素早さ:F+(F+)
器用さ:F
運:F

【所持金】
現金:50G
カード:168G

【装備】
革のベスト(ゴブリン):物防G /魔防G-
革のズボン(ゴブリン):物防G+ /魔防G-
革のジャケット(オーク):物防F- /魔防G+
蜘蛛糸のシャツ(Gスパイダー):物防G /魔防G
革のショートブーツ(Gボア):物攻G- /物防G /魔防G- /素早さDOWN


【所持アイテム】
歯ブラシ
洗口液
革の巾着
麻の背嚢
傷用軟膏×3
タオル
雑巾×2
解体用ミスリルナイフ:物攻C /魔防UP /器用さUP

【称号】
Gランク冒険者
Fランク魔術士
Fランク治療士
薬草採取士:薬草判別効率UP /薬草採取効率UP
解体講座修了者:解体効率UP
基礎魔道講座修了者:魔術効率UP
魔道士:魔術効率UP /魔法効率UP /魔攻UP /魔力UP

【スキル】SP:7,468
稲荷の加護
言語理解
恐怖耐性:Lv2
毒耐性:Lv1
気配察知:Lv2
空腹耐性:Lv3
草刈鎌術:Lv2
野鋏術:Lv2
掬鋤術:Lv2
魔力感知:Lv4
魔力操作:Lv4
解体術:Lv4
生活魔術:Lv3
聖魔術:Lv2
採取:Lv2
気配隠匿:Lv2
無魔法:Lv2
気絶耐性:Lv2
酔い耐性:Lv1
無魔術:Lv3

【スタート地点】
トセマの街 西門
572/07/08
08:084:15
――――――――――

「ま、魔道士っ!?」

 なんと、職業が魔道士になってるよ!!
 おおう、なんか嬉しいぞぉ。
 魔道士になったおかげか、【魔攻】【魔防】【魔力】がついにD評価を超えたぜ!

 このまま魔道士街道を突き進んでもいいんだけど、やっぱ物理攻撃手段も欲しいよね。
 なんつーか、やっぱ魔道系の攻撃って、有限ってイメージがあるんだよな。
 ……となると、やっぱ目指すか?

」そう……魔法剣士をよ!!」

 やっぱ勇者っつったら魔法剣士だよな?
 いや、俺が勇者かどうかはともかく、魔法剣士って響きに、男子は憧れるんだよ。
 よし、近いうちに基礎戦闘訓練受けよう。
 
 さて、今日は休むって決めたし、ちょっと街をぶらついてみようかな。

**********

 この世界に飛ばされて、この街に来てからずっと働き詰めだった。
 いや、俺ってばこんなに働き者だったんだねぇ。
 自分でもびっくりだよ。

 西門からギルドらへんの通り以外、俺はこの街のことほとんど知らない。
 いまの俺なら多少治安が悪くても、〈気配察知〉全開で歩けば事前に危機回避できるだろ。
 って感じでぶらぶら歩いてたら、ちょっと寂れた通りに、なんか見覚えがあるものを見つけた。

 それは小さい祠のようで、明らかに初めて見る形なんだけど……。

 なんだろう、雰囲気っつーんですか? この懐かしくもなぁんか嫌ーな感じ……。

「あの、すいません」

 近所の住人っぽいおばちゃんがいたから、とりあえず聞いてみよう。
 しかし俺も物怖じしなくなったねぇ。
 〈恐怖耐性〉のおかげか、それとも人との交流になれたおかげか。
 まぁどっちでもいいんだけどね。

「この祠って、何なんですかね?」
「ああ、これ? これはね、オイナリさんだよ」

 ……そういうことか。

「いろいろご利益あるよー? なんならお供え物していくかい?」
「お供え物って、なに供えたらいいんですかね?」
「そりゃあオイナリさんっていったら、油揚げに決まってんじゃないのさ」

 へええ、油揚げ、あるんだ。
 まぁ、こっちに来てもう半月以上たつし、いつも日替わり定食みたいなの食ってるから、なんとなくグルメ事情なんかもわかってきたわけで……。
 実は異世界の食べ物って、元の世界に結構近いんだよねぇ。
 残念ながら白米を食べる習慣は、少なくともこの街にはないんだけどさ。
 でも米はあるし、リゾットやパエリアみたいなのはあった。
 あと、醤油もあるし。
 あー、でも味噌にはまだ出会ってないなぁ。
 しかし油揚げはあるんだなぁ。

「油揚げってどこで買えますかね?」
「よかったらウチで買っていきなよ!」

 まったく気づかなかったんだが、おばちゃんが立ってるうしろ、お店だったよ。
 しかもだ、なんか見覚えある感じなんだよなぁ。

「もしかして……豆腐屋ですか?」
「そうだよ! ウチは毎朝手作りで作ってるからね。味には自信あるんだよ!!」

 まぁ豆腐屋ならそうだろうね。
 しかしこうなると、豆腐も食べたいなぁ。

 ラインナップを見てみると、木綿豆腐、絹ごし豆腐、焼き豆腐のほかに、薄揚げ、厚揚げ、おから、豆乳、そして飛竜頭ひろうす――がんもどき――まであるよ。
 あと醤油も置いてあるな。

「すいません、じゃあ木綿豆腐と薄揚げと、あと醤油」
「まいどあり。器は持ってるかい?」

 ああ、そうか。
 この世界には、プラスチックやビニールみたいな、使い捨ての便利な容器とか袋が、ないんだよなぁ。

「すいません、持ってないです」
「じゃあ、お豆腐入れるのに便利な器も、一緒にどうだい?」
「ああ、そうですね。お願いします」
「ほいよ。全部で10Gにしとくよ」
「どうも」

 ポケットから大銅貨を取り出し、おばちゃんに渡す。
 豆腐は少し深めの、木製の皿に入れてくれた。

「誰にでもできる異世界救済 ~【トライ&エラー】と【ステータス】でニートの君も今日から勇者だ!~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く