誰にでもできる異世界救済 ~【トライ&エラー】と【ステータス】でニートの君も今日から勇者だ!~

平尾正和/ほーち

デルフィーヌ 前編

 私が人里におりて、まだ1年足らず。
 ようやく、冒険者としての生活が板についてきた。

 私は弓矢を使った狩りが得意なのだけれど、どうやら薬草採取のほうが割がいいので、最近はそっちが活動のメインになっている。
 弓は、矢を消費するから、いまの収入じゃあ使うのも厳しいし。
 それでも、魔術を使えるから弱い魔物は狩れるわけで、一応Fランクにはなった。
 でも、これ以上のランクアップは、そんなに焦る必要はないと思う。
 私たちにとって、時間なんて永遠にあるようなものなんだし。

 最近は、サナンの葉というのを、メインに採取している。
 なんでも内臓疾患に効く、薬の原料になるんだとか。
 病気とはあまり縁のない私たちには、よくわからないけど、ヒトって不摂生が祟ると、すぐ体を壊すらしい。
 このサナンの葉、ほかの薬草に比べて報酬が高いのよね。

 冒険者のなかには、ギルドに寝泊まりしてる人がたくさんいるみたいだけど、正直信じられない。
 私は安いけど、ちゃんとした自分の部屋を借りて、生活している。
 だから、ちょっとだけお金には苦労してるんだよね。
 なので、報酬の高いサナンの葉の採取は、私にとってオイシイ依頼だ。

 サナンの葉の推奨採取ポイントは、草原なんだけど、そこは数が少ない。
 でも、森に少し入れば、たくさん採れるとこに気づいた。
 その日も、いつものように森に入って採取をしていたんだけど、ちょっと熱中しすぎちゃったみたい。
 気がつけば囲まれていた。
 いつもなら、森の魔物を警戒してるんだけどね……。

「グルルルル……」

 グレイウルフ……、最悪。
 見えているのは3匹だけど、茂みにも何匹か隠れているのがわかる。
 5匹以上いるのは確実で、弓矢もなしに勝てるわけがない。
 ……逃げよう。

 とりあえず下級魔術は覚えているので、《炎球》で倒せるだけ倒して逃げようと思ったんだけど、なかなか当たらないし、当たっても一撃で倒せない……。
 とにかくここは逃げるしかない、と思って全力で駆け出した。
 怖くて悲鳴をあげてたみたいだけど、正直何を叫んでいたのか自分でもわからない。
 一心不乱に走り続けてたら、人影が見えた。

「そのまま逃げて!」

 ダサい格好をした、もやしみたいな男だった。
 この人は、なにを言ってるの?

「このまま走れば森から出られる!! 急いで!!」

 どうみても強そうには見えない。
 グレイウルフの群れに立ち向かうなんて、危険すぎる。

「とりあえず俺が引きつけとく! 大丈夫、逃げ足に自信はあるからっ!」

 どうしよう……。
 でも、私が加勢したところで、グレイウルフの群れに勝てる見込みはない。
 彼が逃げ延びることを信じて、私も逃げるしかないの?
 ……彼が逃げ切れなくても、助ける方法はある。
 私は彼に、必ず戻ってくるこを伝えたかったけど、少し離れていたし、いまは1秒でも時間が惜しいから、一度頷き、森を出るべく駆け出した。 

**********

「シェリジュの森で、男の人がグレイウルフの群れに襲われてるの!! 助けて!!」

 冒険者ギルドに駆け込んだ私は、受付で大きな声を出してしまった。

「えーっと、デルフィーヌさん、落ち着いて」

 受付にいたのは、フェデーレさんだった。
 この人、ちょっと軽いから苦手なんだけど、いまはそんなこと言ってる場合じゃない。

「急いでよ!! 彼、死んじゃうわ!!」
「急ぎたいのはわかるけど、状況を把握しておかないと、適切な対処ができないからね。で、グレイウルフは何匹くらい?」
「見えてたのは3匹だけど、たぶんあと2~3匹は隠れてたと思う」
「5匹以上か……。襲われてた人はどんなだった? 強そう? 装備は?」
「丸腰だったと思う……。鎧も着てなくて、安っぽい革のジャケット着てた」
「あー……ホントに……」

 フェデーレさんは、なにやら納得したような顔をしたあと、受付を出て食堂の方に行った。

「すいませーん! この中に、Dランク以上の方は、いらっしゃいませんか!?」
「おーう! 俺がいるぜー!!」

 すぐに、呼びかけに応じる人がいた。

「ああ、ガンドルフォさん!! 実は……」

 この人、たしかここじゃ結構有名な人よね。
 たしたCランクだったと思う。
 この人なら、なんとかなるかしら?
 もう手遅れかもしれないけど……。

「おいおい、それってもしかして薬草名人じゃねぇの」
「たぶん……」
「ったく! どうせ採取に夢中になって、森に入っちまったんだろ?」

 う、耳が痛い……。
 でも、あの人も私と同じような理由で、森にいたのかしら?
 なんだか有名人みたい。

「基礎戦闘訓練、おすすめしたんですがねぇ。せめて受けていてくれたら、少しでも生き延びる時間は、稼げたかもしれないんですが……」
「もう手遅れかもしれんが、とにかく行くだけ行ってみよう。嬢ちゃん、案内してくれるか?」

 私は大きく頷き、先導するように走りだした。

**********

 森へ向かって走っていると、森の方から歩いてくる人影が見えた。

「あ!!」

 つい声が出た。
 でも間違いない! あのダサい格好は、あの人だ!!
 よかった……、生きてたのね。

「おーい!!」

 ガンドルフォさんが手を振りながら呼びかけると、彼もこちらに気づいて、手を振り返してくれた。

「いよぉ! 無事だったかっ!!」

 私たちは、すぐに合流した。

「ああ、どうも。どしたんすか?」

 なんか、すごくのんきね……。

「どうしたもこうしたもねぇよ! このお嬢ちゃんが、森でグレイウルフの群れに襲われてるヤツがいるってんで、救援要請があってな。それでたまたま俺らがいたもんだから、慌てて来たんだよ。特徴聞いてまさかとは思ったが、やっぱお前さんだったのか」

 一瞬彼と目があったけど、ついそらしちゃった。
 だって、こっちは凄く心配してたのに、こんな平然とされたら、なんか空回りしたみたいで恥ずかしいじゃない。

「あはは……。なんとか逃げのびましたよ」

 あの状況で逃げのびるなんて、凄いわね……。

「しかし嬢ちゃんも偉いよな。お前さんが襲われてるってんで、必死になって救援要請出してくれたんだからよ」
 しまった!!
 私が襲われてたのを助けようとしてくれたって、言うの忘れてた!!

「今回は運が良かっただけだと思うぞ。薬草集めもいいが、あんま森には入るなよ!」

 ほんと、耳が痛いわね……。
 おそるおそる彼の方を見たけど、目が合ってすぐにまたそらしちゃった……。
 なんか彼が無謀で私が偉いみたいな流れになってる……。
 彼、怒ってないかしら?
 でもいまさらごちゃごちゃ言うのも変だし……。

「はい、すいんません。ちょっと調子に乗ってました。以後気をつけますよ」

 え……?
 なんでアナタが謝るのよ!
 悪いのは私じゃない!!
 アナタは私を助けてくれたんでしょ!?

「ホントだぜ? どうしても森に行きたきゃ、ひと声かけてくれよ」
「ええ、機会があればお願いします。君も、ありがとうね」

 なんで私がお礼を言われるの?
 お礼を言わなきゃいけないのは私のほうなのに……。

「別に……」

 ああああ……! なんで素直にお礼も言えないのよ、私!!

「じゃあ、俺たちゃ街に戻るわ」
「はい。ご迷惑をお掛けしました」

 ……ダメだわ。
 お礼をいうのはまたあとにして、いまはガンドルフォさんと街に戻りましょう。

「誰にでもできる異世界救済 ~【トライ&エラー】と【ステータス】でニートの君も今日から勇者だ!~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く