誰にでもできる異世界救済 ~【トライ&エラー】と【ステータス】でニートの君も今日から勇者だ!~

平尾正和/ほーち

2-25 Re_初めての人助け 中編

 グレイウルフの群れを殲滅し、森を出て歩いていると、街のほうから5~6人の一団が走ってくるのが見えた。

「おーい!!」

 先頭にいるの、あれガンドルフォさんか?
 とりあえず手を振っておく。

「いよぉ! 無事だったかっ!!」

 ほどなく俺たちは合流した。
 どうやら、ガンドルフォさんのパーティーが同行しているらしい。

「ああ、どうも。どしたんすか?」
「どうしたもこうしたもねぇよ! このお嬢ちゃんが、森でグレイウルフの群れに襲われてるヤツがいるってんで、救援要請があってな。それでたまたま俺らがいたもんだから、慌てて来たんだよ。特徴聞いてまさかとは思ったが、やっぱお前さんだったのか」

 見れば彼女が、少し気まずそうな顔で立っていた。
 一瞬目があったが、すぐに逸らされる。
 そうかぁ、俺のために救援要請出してくれたんだなぁ。
 やっぱいい娘だよ。
 でも、これでグレイウルフの素材を、“たまたま見つけました”で納品できなくなっちゃたなぁ。

「あはは……。なんとか逃げのびましたよ」

 さすがにDランク相当の群れを、ひとりで殲滅したとかは、言えないよなぁ。

「しかし嬢ちゃんも偉いよな。お前さんが襲われてるってんで、必死になって救援要請出してくれたんだからよ」

 ああ、そういうことになってんのね。

「今回は運が良かっただけだと思うぞ。薬草集めもいいが、あんま森の奥には入るなよ!」

 彼女を見ると、なんだか居心地悪そうな顔をしてた。
 エルフちゃんは、ガンドルフォさんになにか言いたそうにしていたが、俺と目が合うと顔を真っ赤にして目をそらされた。

「はい、すいんません。ちょっと調子に乗ってました。以後気をつけますよ」
「え? ちょ――」
「ホントだぜ? どうしても森に行きたきゃ、ひと声かけてくれよ。依頼のついでがあれば護衛くらいするからよ」

 エルフちゃんがなにか言おうとしたが、ガンドルフォさんの言葉に遮られる。
 しかし、やっぱいい人だな、ガンドルフォさん。

「ええ、機会があればお願いします。君も、ありがとうね」
「えっと、あの――」
「じゃあ、俺たちゃ街に戻るわ」

 と、またまた彼女の言葉が、ガンドルフォさんに遮られる。
 ガンドルフォさん、良い人だけど、あんま空気とか読めなさそうだな。
 まぁここであんまダラダラ話してても、意味なさそうだからいいけど。

「はい。ご迷惑をお掛けしました」

 最後に俺が一礼するのを見届けてから、ガンドルフォさん一行とエルフちゃんは、街に戻っていった。
 彼女は何度かこちらを振り返っていたが、結局そのままガンドルフォさんたちと一緒に街へ戻ったようだ。

「あ……」

 しまった、また名前聞くの忘れたよ。

 まだ早い時間だったし、ここまで歩いてくるあいだにMPも少し回復したので、俺は薬草採取とジャイアントラビット狩りを行った。
 狩りのほうは、《魔槍》のおかげですごく楽になった。
 傷口も槍で突いたように見えるし、問題ないだろう。
 とりあえず、ジャイアントラビットは3匹だけ狩って、街に戻った。
 もっと狩れたんだけど、いきなり狩りの効率が上がったら、なにかと詮索されかねないからね。

 この日、薬草採取とジャイアントラビットの納品で得た報酬は、200Gほどだった。
 グレイウルフは、しばらく塩漬けだな。
 もう少し実績を積んでから、小出しに納品しよう。
 ただ、冷凍機能付き収納庫を契約してないので、肉は諦めたほうがいいだろう。
 骨、爪、牙あたりは、こびりついた肉や血なんかをしっかり取り除けば、たぶん問題ない。
 皮は、どうなんだろうな。
 できるだけ肉は削いでおいて、だめなら諦めるか。

 今日の報酬は返済にあてず、当面の活動費にしようと思う。
 当分は魔法の訓練をしたいから、魔術士ギルドに泊まり、食事は冒険者ギルドの食堂ですませる。
 2食と1泊で、1日23G。
 今日の報酬だけで、ひと月近くは過ごせるわけだ。
 なんか、ネットカフェに寝泊まりして、日雇い労働に出てる感じだな。
 いつか部屋とか、借りたほうがいいのかな。
 1日2食だと、普通なら途中で腹が減るんだけど、俺には〈空腹耐性〉があるからな。
 朝食をしっかり取って、たまに《製水》で酢陰部補給しておけば問題ない。
 日中、空腹に悩まされずにすむってのは、ありがたいもんだぜ。

 さて、とりあえずギルドの食堂で、夕食といきますかね。
 〈空腹耐性〉? そんなもん、街に着いてすぐに切ったよ。
 空腹は最高の調味料っていうからな。

「誰にでもできる異世界救済 ~【トライ&エラー】と【ステータス】でニートの君も今日から勇者だ!~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く