誰にでもできる異世界救済 ~【トライ&エラー】と【ステータス】でニートの君も今日から勇者だ!~

平尾正和/ほーち

2-22 初めての攻撃魔術

 門の外で意識を取り戻した俺は、すぐさま門の中に入る。

《スタート地点を更新》

 これでゆっくり考える時間ができた。
 なんとなく場所も分かったし、全力で駆けつければもう少し余裕をもって助けられるはずだ。
 しかし、いまの俺だと、どう考えても力不足だ。
 何回も挑んでレベルアップを続ければ、そのうちなんとかなるだろうけど、それは最終手段として、死なずに済むならそのほうがいい。
 できればもう少し効率よく行きたい。
 こうしているあいだにも、彼女には危険が迫って、放っておけば死んでしまう。
 それを考えると胸が苦しくなる。
 でも、いまの俺が行っても、彼女は逃げないだろう。
 結局死んでしまうんだ。
 だったら、お互い死ぬ回数は少ないほうがいいよな?
 俺のひとりよがりかもしれないけど、そう考えたんだ。

 いまの俺では力不足だ。
 連中を撃退し、彼女を助けるための、新しい戦術が欲しい。
 そこで思いついたのが、攻撃魔術。
 もしかすると、攻撃魔術だともっと効率よく、敵を倒せるんじゃないだろうか。
 そのためにも、先立つものが必要だ。
 俺は街を練り歩いて武器屋を探しだし、カウンターに解体用ミスリルナイフを置いた。

「ここ、買い取りは行ってますか?」

 キリッとしたイケメンが、店頭に立ってた。

「ああ、やってるよ。それを売るのか?」

 はい、お願いします。
 解体用ミスリルナイフを手にとった店員は、一目見て驚きの声を上げた。

「これはなかなか……。ナイフもいいが、鞘がすごいな」

 そういやいろんな機能がついてたな、その鞘。

「…20,000でどうだ?」

 え……、マジで? クラークさん、そんないい物くれたの?

「……クッ、わかった! 25,000だ。それ以上は出せない!!」

 なんか俺が黙ってたら、勝手に勘違いして値上げしてくれた。

「あ、はい! 大事な贈り物なのでで、きれば手放したくはなかったのですが、その価格なら了承できます!!」

 予想以上に高かったから、変な言い訳をしてしまった……。

「そうか。払いは金貨でいいか?」
「はい」

 そう言うと、店員さんは金貨2枚と大銀貨5枚を置いたので、俺はそれをポケットにしまった。

「ありがとうございました!」

 クラークさん、ごめんっ!! あとで取り戻すから!!
 ……いや、あとでってのもおかしな話だけど。

**********

「攻撃魔術ねぇ。最初のおすすめは『下級攻撃魔術パック』かしらね。攻撃魔術用基本属性四種の《矢》《弾》《球》と『攻撃魔術基本講座』をセットにしてなんと3,000G!!」

 なるほど。
 たぶん普通に覚えるとしたら、これなんだろうな。
 となると、すでに覚えてる・・・・・・・ってことになれば、あとあと面倒なことになりそうだ。

「例えば、上級攻撃魔術って、お得なセットはありますか?」
「上級の場合は各属性の《渦》《波》合わせて3万のところ、セットだと2万、というのはあるわね。下級のような属性四種パックというのはないわ」

 よし、ならそのへんにしとくか。
 2万なら払えるし。

「例えばなんですけど、魔法を使えると、そのぶん魔術の威力が上がるってことはありますか?」
「どういうことかしら?」
「例えば〈無魔法〉を使えると〈無魔術〉の威力が上がるとかそういうの」
「そうね。もちろん魔法を使いこなせれば、そのぶん魔術には反映されるわね」

 よし、決まりだな。

「無属性の『上級攻撃魔術パック』をお願いしたいんですが」
「あら、じゃあ頑張ってお金稼いで、ランク上げないとねぇ」

 ランク? もしかしてランク制限あんのか!?

「あの、上級を覚えるには……?」
「Cランク以上じゃないとダメ」
「えっと……じゃあ俺が覚えられるのは……?」
「下級までね」

 くっ……、どうする? やっぱループ繰り返すか? それともあとの面倒は度外視して、下級魔術を覚えるか。

「お金はあるのかしら?」
「ええ、まぁ……」
「何か事情がありそうねぇ……。もしあとでおねーさんのお願いを聞いてくれるなら、特別に中級を覚えさせてあげてもいいわよ?」
「ホントですか!?」
「ただし、覚えても使えるとはかぎらないから、その時は文句言わないでね」
「もちろんです!! ちなみにお願いというのは……?」
「ダジギリの根もありがたいんだけどね。魔石も集めてほしいのよ」

 異世界ものでおなじみの魔石……、この世界にもあるのか。
 しかし魔物を解体しても出てこなかったなぁ。
 まあ、どこで手に入れるかはあとで聞こう。

「わかりました! 詳しいことは後日でいいですか?」
「ええ、いいわよ。じゃあついてらっしゃい」
「あと、訓練所も使いたいんですけど……」
「はぁ……。いろいろワケありみたいね。ま、詳しく聞くつもりはないけど、あんまり無茶しないでね」
「お気遣いありがとうございます」

 魔術習得施設で、無属性中級攻撃魔術《魔刃まじん》と《魔槍まそう》を覚え、そのまま訓練場へ入った。
 最初のほうだけ、ハリエットさんが見てくれるみたいだ。
 離れた場所にある、巻藁みたいなのを標的に、撃てばいいらしい。
 意識を集中し、まずは《魔刃》を放つ。

「……あれ?」

 なんか、出そうなんだけど、えらい時間かかるな。

 結局10秒後くらいに準備完了って感じがしたので、改めて放つと、無色透明の刃が巻藁を切断した。

「……ショウスケちゃん、初めてよね?」
「ええ、まぁ」
「すごいわね……」
「あの、なんか発動するまで、すげー時間かかったんですけど」
「ああ、そういえばショウスケちゃん、攻撃魔術基本講座を、受けてないんだったわね」
「あ、はい」
「ある程度高度な魔術になると、ちょっと長めの『詠唱えいしょう』が必要になるのよ」
「詠唱……ですか」
「そ。中級攻撃魔術だと、大体10秒くらいね」

 そんなにか……! あの群れを相手にこの待機時間はちょっと厳しいか?
 試しに《魔槍》も撃ってみたが、やはり発動までに10秒くらいかかった。

「誰にでもできる異世界救済 ~【トライ&エラー】と【ステータス】でニートの君も今日から勇者だ!~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く