誰にでもできる異世界救済 ~【トライ&エラー】と【ステータス】でニートの君も今日から勇者だ!~

平尾正和/ほーち

2-20 初めての人助け 前編

「昨日は来なかったね。今日も青銅の槍でいいかい?」

 朝起きて朝食を終えた俺は、早速冒険者ギルドを訪れた。
 受付は例のごとくフェデーレさん。
 他にも何人かいるんだけど、慣れてる人がいいよね。
 武器レンタルだが、今日はちょっと別のを借りてみようと思っている。

「すいませんけど、レイピアを見せてもらっていいですか?」
「ほほう、なかなか渋いところをつくねぇ」

 レイピアってのは、突くことに特化した剣だ。
 なんとなくだが、不意打ちで急所をひと突きする俺の戦闘スタイルには、これが合ってるんじゃないかと思ってさ。
 渡された剣は、刃の幅が3cm足らず、長さは1.2mくらいかな。
 結構厚みがあるけど、一応両刃になってるみたいだ。

「刃はあるけど、申しわけ程度の切れ味しかないからね」

 俺が刃の部分をジロジロ見てたら、フェデーレさんが補足してくれた。
 しかし剣身がえらく綺麗だなぁ。

「……これって青銅ですか?」

 青銅っつっても、遺跡発掘なんかで見つかる、青緑な感じじゃないからね。
 金属の配合によっては、金ピカにもなるからね。
 だから見た目で判別するのは、難しかったりするんよ。

「さすがにレイピアを青銅で作るのは、無理があるよ。その細さで、武器としての実用に耐え得る強度をもたせるなら、鋼じゃないと。欲を言えばミスリルね」
「鋼……?」
「そ。ウチのは芯に純鉄入れてるから、鋼だけど折れにくいんだよー」
「えーっと、じゃあレンタル料は?」
「20G」
「……すいません、青銅の槍で」

 もう少し余裕が出るまでは、5Gの槍で我慢だ。

**********

 いつものように、青銅の槍と採取キットをレンタルし、ジャイアントラビットの生息地に向かう。
 とりあえず槍も採取キットもを収納庫に置いて、採取ポイントまでは手ぶらで移動。
 MPが700を超えたので、《収納》を使った道具類の出し入れくらいは、楽勝だ。

 今日は本格的に稼ぐつもりなので、薬草採取をメインに、ジャイアントラビットを2~3匹狩る予定だ。
 1時間ほどかけて薬草を集めつつ、ジャイアントラビットの生息地を訪れた。

「あれ? なんか少なくね?」

 なんというか、数が少ない。
 このあたりは、俺が最初にこの世界へ飛ばされた、シェリジュの森に少し近い場所なんだが、どうもウサ公たちは、森からできるだけ離れようと移動しているみたいだ。
 生息地ギリギリのあたりに、10匹ほどかたまっている。

「……ん?」

 いま、微かにだが、悲鳴のようなものが聞こえなかったか?
 たぶん森のほうからだと思うんだが……。

「キャァァ! 誰かぁ!!」

 やっぱりだ! 女の人の悲鳴だ!!
 すげー遠くみたいだけど、聞こえた!!
 とりあえず俺は悲鳴のする方へ駆け出した。

 最初のうちは、悲鳴の位置がどんどん近づいていたが、ある時を境に悲鳴が途切れてしまった。
 嫌な予感を覚えつつも、俺は悲鳴の発生源であろう場所へ急行する。

「……!!?」

 目に入ったのは仰向けに倒れている女性の姿。
 近づいてみると、無残に食い荒らされていた。
 それを見て、心臓が鷲づかみにされたように感じた。

「そんな、うそだろ……」

 胸を押さえ、膝をつく。
 息が苦しい……。
 背筋に悪寒が走り、全身の肌が粟立つようだ。

「ぐぅ……うぅ……」

 吐き気を覚えたが、それはなんとか耐えた。

「なんで、君が……」

 その無惨な死体は、俺を助けてくれた、エルフの女性だった。

 **********

 解体講座でゴブリンやオークなんかの人型魔物を含め、解体を経験していたおかげで、血や肉にはそれなりの耐性はできていた。
 それでも、人間の死体を見るのは初めてだった。
 それが、こうも無残に食い荒らされ、しかも恩人となれば、精神的にはかなりキツいものがあった。

 目の前が暗くなり、音が遠ざかっていく。
 だめだ……、こんなの……耐えられな――、

《スキル習得》
〈精神耐性〉

 ――無機質なアナウンスのあと、これまでの苦痛が嘘のように軽くなった。
 閉ざされつつあった視界は開け、音が戻ってくる。

 ――グルルル……。

 獣のようなうなり声。
 スキルのおかげで少しばかり冷静さを取り戻した俺は、まわりを取り囲むものの存在を察知した。

 ――こいつらが、あの娘を……!

 駆けつけた俺を警戒して、茂みや木陰に隠れていた連中に、どうやら俺も獲物認定されたみたいだ。
 茂みの中から、灰色の体毛に覆われた大型の狼が1匹、また1匹と現れる。

「グレイウルフ……」

 単体討伐難度E。
 ただし、5匹以上の群れになるとその難度はDに上がる。
 茂みから姿を表したのは3匹。
 俺の正面と左右に展開し、囲むように陣取っている。
 しかし、俺の〈気配察知〉には全部で8匹が引っかかっている。
 そのすべてがいま、俺を狙ってるみたいだ。

「……あのときの恩は、必ず返します」

 女性の死体に、そう告げる。

「ぶっ殺してやる……!」

 低く呟き、睨みつける。
 気のせいかもしれないが、俺の視線を受けた正面の個体が、怯んだように見えた。

 収納庫から槍を取り寄せ、構える。
 勝ち目はない。
 それがどうした。
 1匹でもいいから道連れにしてやる。

 〈気配察知〉を全開にし、腰を落とす。

 正面の奴がジリジリと間合いを詰めていたが、右側にいた奴が突然飛びかかってきた。

「おおおおおおお!」

 雄叫びとともに半身をひねり、槍を繰り出した。

「グルァッ!」
「ギャウッ!」

 それと同時に、正面と左側にいた2匹が飛びかかってくる。
 さらに茂みに隠れていた連中も、一気に飛び出してきた。

「ギャ……!」

 ほかの個体などお構いなしに、俺は最初に飛びかかってきたグレイウルフ喉を、槍で貫いた。

《レベルアップ》

 捨て身の攻撃で、なんとか1匹目を倒した。
 ただし、ほかの2匹に対しては無防備になっている。
 1匹は左の太ももを、もう1匹は喉を狙ってきてた。

「ぐぅっ……!」

 太もものほうが防御を諦め、喉に食らいついてきたほうに対して、肘を上げて急所を防ぎ、なんとか前腕を噛みつかれるにとどめることができた。

「いってぇなチクショウ!!」

 俺は槍を離し、左腕に噛み付いている奴に『魔弾もどき』を放つ。
 痛みと怒りのせいで、威力の調整ができず、頭は爆散した。
 顔に返り血やら肉片やらが飛び散ってきたが、気にせず左脚に噛み付いている狼の頭に手をかざし、ふっとばす。
 魔法をなめるなよ。

《レベルアップ》

 仲間の頭がふっとばされる光景にビビったのか、茂みから飛び出してこっちに向かっていた連中が、動きを止める。

「死ねオラァ!!」

 止まったんなら、容赦はしない。
 狙いをつけて『魔弾もどき』を放つ。
 怒りにまかせて魔法を放ち、さらに2匹を倒す。
 魔法を受けたグレイウルグは、身体の一部をごっそりとえぐり取られ、地面に倒れた。
 明らかにオーバーキル。
 しったことか。

 噛まれた太ももからは、《止血》ではどうにもならない勢いで、血がドクドクと流れいる。
 致命傷だろう。
 それがどうした。

 グレイウルフたちも、ただやられっぱなしじゃない。
 ここまでくると動きを見切られたのか、次に狙ったやつは『魔弾もどき』をかわし、そのまま突っ込んできた。

「くっ……」

 目まいによって、回避が遅れる。
 さすがにここまで連続で魔法を使ったら、魔力酔いは避けられない。
 そいつは跳びかかった勢いで、そのまま俺の喉を噛み切って逃げようと思ってたんだろう。

「逃がすかよ」

 それを予想していた俺は、喉を噛まれた瞬間にそいつを抱きかかえた。

「ギャワワッ!」

 俺に締め上げられたグレイウルフは、逃れようとジタバタしているが、もう遅い。
 抱きかかえたままの状態で、両手から魔力を放出すると、灰色の狼は血を吐いて死んだ。

「ごほ……」

 咳とともに、血が口からあふれ出す。

 とりあえず、敵は討った……。
 次は、助ける、から……。

 そこで、俺の意識も途絶えた。

《レベルアップ》

「誰にでもできる異世界救済 ~【トライ&エラー】と【ステータス】でニートの君も今日から勇者だ!~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く