誰にでもできる異世界救済 ~【トライ&エラー】と【ステータス】でニートの君も今日から勇者だ!~

平尾正和/ほーち

2-3 解体講座

 エレナさんに連れられて、俺は冒険者ギルドの地下にある解体場に到着した。
 解体場はかなり広くて、体育館くらいの広さはあるかな。
 ドラゴンとかワイバーンみたいな大物を捌くのに、それなりの広さがいるんだと。
 やっぱそのへんのもいるのね……。

「でもそんな大物、どう考えても階段とか通路を通らないと思うんですけど?」
「そのあたりは転移魔術があるから大丈夫よ」

 ほほう、転移魔術ときたか。
 やっぱり、ある意味元の世界よりハイテクだな、こりゃ。

 奥には解体された魔物の素材や、解体待ちの魔物の死骸が積み上げられてる。
 解体場っつーから血まみれの汚れまみれみたいなところを想像してたんだが、意外と綺麗だった。
 たぶんここにも、浄化施設みたいなのがあるんだろうね。
 便利だよなぁ……。

「おう、エレナちゃん。そいつが今日の生徒か?」

 解体場にいたのは、スキンヘッドのいかついオッサンだった。
 半袖のTシャツみたいな服の上に、ツヤのある革のエプロンを身に着けている。

「ええ。Gランク冒険者のショウスケさん」
「ども、ショウスケっす」

 こっちじゃみんなファーストネームで呼ぶから、俺もファーストネーム名乗るのにずいぶん慣れた。

「おお、アンタが噂の薬草名人か」
「なんすか、それ?」
「ショウスケさんが採取する薬草は、状態がいいから評価が高いのよ」

 へええ、そんなことになってんのね。
 褒められたと、思っていいんだよな。

「その薬草名人が、いよいよ魔物退治を始めようってわけかい?」
「今日はたまたま遭遇して、なんとか返り討ちに出来たんですけどね。今後もそういうことがあるかもしれないので、せっかくなら解体も覚えておこうかと」
「そうかいそうかい。そりゃいい心がけだ。ああ、自己紹介が遅れたな。俺はトセマ冒険者ギルド専属解体士の、クラークだ」

 エレナさんがクラークさんに、俺が仕留めたジャイアントラビットを渡す。

「じゃ私はこのへんで。あとよろしくお願いしますねー」
「おう」

 エレナさんを見送ったあと、クラークさんは俺が仕留めたジャイアントラビットを検分する。

「ふむ、上手いこと喉を一撃で仕留めてるな。傷も少ないし、いい感じに血抜きもできているじゃないか」
「まあ、偶然出した鎌に、そいつが突っ込んできたので」
「なるほど、血抜きは偶然か。そりゃ運がよかったな」
「ですね」
「ではまず俺が手本を見せるから、よーく見ておけよ」

 そう言うと、クラークさんは解体用ナイフを使って、手際よくジャイアントラビットを解体していく。
 皮を剥がし、腹を割いて内蔵を取り出し、体を部位ごとに切り分け、肉と骨をバラす。
 10分とかからず、ジャイアントラビットの死骸は、立派な素材になった。

「とまあ、こんな感じだ。今はわかりやすくするために、あえてゆっくり解体したが、そに気なれば、ジャイアントラビットくらいなら、いまの半分以下の時間で解体できるぞ」

 おお、あれでもゆっくりやってたのか。
 すげーなオッサン。

「皮にはまだ脂肪や筋がこびりついてるし、細かい骨や取りきれなかった内臓なんかも残ってるんだが、それは魔術や魔道具でやったほうが早いからな。ここまでやれば解体完了ってことで問題ない」

 ファンタジーものなんかで、たまに皮に付いた肉をせっせとこそぎ落とすシーンとかあるもんな。
 便利な魔法があるもんだ。

「よし、じゃあやってみろ」

 そう言うと、クラークさんは解体場にストックあった、別のジャイアントラビットと、新品の解体用ナイフを俺に手渡した。
 さっき見た手順を思い出しながら、実践してみる。

 はっきり言おう。
 自分でも驚くほどうまくできた。

 たぶんだが、ステータスアップによる【賢さ】や【器用さ】が影響してるんだと思う。
 1回見ただけなのに、クラークさんの動きの意図をちゃんと理解できたし、バッチリ記憶もしていた。
 いざ死骸にナイフを入れてみても、驚くほどすんなり体が動くんだよな。

「ほう、なかなか筋が良いな。では他の物もやってみるか」

 そのあと俺は、ジャイアンドボア、レッドフォックス、グレイウルフ、ゴブリン、オーク等々、いろんな魔物の解体を教えてもらった。
 最初は人型の魔物を解体するのに抵抗もあったが、すぐに慣れた。

《スキル習得》
〈解体〉

 10体くらい解体したところで、〈解体〉スキルを覚えた。
 これを覚えてからはさらに手際が良くなり、そのあと何度かスキルレベルアップ通知を受け、最終的には初見の魔物でも、手本なしで捌けるようになった。

「うーむ、ここまで筋がいいヤツは初めてだ。気が向いたら解体士になることも考えておいてくれな」
「ありがとうございます! クラークさんの教え方が、うまいお陰ですよ」
「そ、そうか?」

 クラークさんの顔が少し赤くなる。
 オッサンが照れる姿ってのは、あんまみてて楽しいもんじゃないな。

「しかしあれだな。順調すぎて時間を忘れて作業しちまったな。たぶんもう朝じゃねぇかな?」

 マジかよ!
 日暮れ前に始めてたから、12時間くらいぶっ通しでやってたんだな。

「じゃあ、これ」

 そう言って俺は解体用のナイフをクラークさんに返そうとする。

「ん? それは解体講座のオマケだぞ?」
「え、そうなんすか?」

 エレナさん、ちょいちょい説明不足なんだよな……。
 ナイフ付きで150Gなら高くはないか。
 なんにせよ、スキル習得できたのはでかいわ。

「あー、ちょっと待て」

 そういうとクラークさんは、奥から別のナイフを持ってきた。

「これ持ってけ」

 そのナイフは、明らかに今回渡されたものより上等で、しかも新品だった。

「これはミスリル製の解体用ナイフだ。これなら腕さえあればドラゴンの解体も出来るぞ! しかも鞘には浄化魔術が付与してあるうえに、研磨機能もあるから、メンテナンスも楽だ」

 おお! ファンタジー金属ミスリル!! やっぱ存在すんのな!!

「いいんですか?」
「おう。久々にいい才能を見れたからな。それに講座とはいえ実用レベルで解体してもらったってのもある。そのナイフの三割くらいの仕事はこなしてるよ。まあ気が向いたら、今後も手伝ってくれや」
「ありがとうございます! 大事に使わせていただきます!!」
「おう! 武器としてもそこそこ優れてるが、できれば戦闘では使わんでくれよ」
「わかりました! またお邪魔しますね!!」
「おう!!」

 たぶん売ればすげー値段になるんだろうけど、オッサンの期待を裏切るような真似はよそう。
 解体場を出て一階に戻ると、オッサンの言うとおり夜が明けていた。
 朝日を見たら一気に疲れが出てきたので、そのまま浄化設備で浄化を受けた後、寝台に直行した。

「誰にでもできる異世界救済 ~【トライ&エラー】と【ステータス】でニートの君も今日から勇者だ!~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く