誰にでもできる異世界救済 ~【トライ&エラー】と【ステータス】でニートの君も今日から勇者だ!~

平尾正和/ほーち

1-12 転送に至る経緯 前編

 さて、昨日は疲れていたから寝台に寝転がってすぐに眠っちゃったけど、今日は半日しか動いてないからまだ元気だ。
 しかしよく考えれば、昨日あれだけ疲れきってたのに、昼まで寝たとはいえひと晩でよく回復したな。
 あれか? やっぱファンタジー世界だから宿屋一泊で全快する、みたいなことになってんのかな。
 5年引きこもってた男が、丸一日駆けずり回って、翌日筋肉痛はおろか疲労感すらないって、やっぱおかしくね?
 なんとなくだが、この寝台は、回復魔法的な効果がある魔道具的なアレ、だと思ったほうがいいかもな。
 寝心地はあんま良くないけど。
 まあどちらにせよ、まだ眠くないし、眠くなるまでここに至る経緯を整理しとこう。
 
**********

 何度も言うが、俺は引きこもりだ。
 バイトすらしたことねぇ。
 親に食わせてもらいながら、気楽に生活してた。
 引きこもりっつっても、ちょこちょこ小遣いもらって、コンビニくらいは行ってた。

 あの日もコンビニに行ってたんだが、最近小遣いをあんまもらえなくて、ちょっとイラついてたんだよな。
 で、コンビニからの帰り道、お袋を見かけた。
 道ばたにあるお稲荷さんのほこらに、手を合わせてた。
 なんとなく顔を合わせたくなかったんで、物陰に隠れてやり過ごすことにした。
 お袋は手を合わせたあと、供えてた油揚げを引き上げて、そのまま家の方に歩いて行った。
 最近知ったんだが、お供え物って、供えたあと、すぐに引き上げるんだってな。
 この稲荷、お袋だけじゃなく、親父も妹もときどき手を合わせてるらしい。

 お袋が見えなくなったあと、俺も家に向かって歩き出したんだが、ふと祠の前で立ち止まった。
 なんつーか、俺の小遣いが減らされてんのに、こいつは俺の家族からお供えもらってるんだなーって思ったら、なんか無性に腹が立ってきたんだよな。
 とりあえず一発蹴り入れてやろう、なんて思っちゃったわけ。

 いま思えば最低だな、俺。

 ところでこういう経験は無いだろうか?
 ペットボトルとか瓶なんかを取ろうとしたとき、中身が入っていると思って持ち上げたら実は空っぽで、腕をものすごい勢いで振り上げてしまった、みたいな。
 あの感じ、わかる?

 俺はこのとき、祠を軽く蹴飛ばしてやるつもりだったんだよ。
 でも、日頃の運動不足のせいか、目測を誤って外してしまったんだ。
 俺はヒザ下くらいの対象に足が当たるのを前提に振ったんだが、それを外した脚は、予想以上に勢い良く振り上がってしまった。
 そうなると、軸足の方もバランスが崩れるのは必至だよな?
 で、そのまま後ろに倒れてしまった。
 予想外の動きだったから、受け身を取る暇すらねぇ。
 後頭部に衝撃を受けた俺は、そのまま意識を失った。

**********

 気が付くとそこは、真っ白な空間だった。
 で、目の前に和服姿の女の子がいたんだ。
 なんつーか、見たことは無いけど座敷童ざしきわらしってこんなんだろうな、って感じの子。
 おかっぱ頭でちっちゃくて、シンプルなデザインの和服着て、椅子もないのに椅子に座ったような姿勢で足をブラブラさせてた。
 ただ顔は見えなかった。
 狐のお面かぶってたからな。

「おう、気がついたかの」

 声は可愛らしい感じだけど、しゃべり方はおばあちゃんみたいだ。

「えっと……、ここは?」
「ここがどこかは説明が難しいのう」
「はぁ。俺は何でここにいるの?」
「お主はワシをまつっとる祠を蹴飛ばそうとして、失敗してコケて頭打って死にかけてここに来とる」
「死後の世界……的な?」
「死にかけと言うたろうが」
「はぁ……。じゃあもしかして君はお稲荷さん?」
「ふむ、理解の早いことじゃて」

 ま、狐のお面かぶってるし、そんな感じじゃねーかなぁとは思ってたけどさ。

「で、俺はなんでここにいるの……?」
「祠を蹴飛ばそうとするようなバチ当たりには、それ相応の罰を与えねばならんからのう」
「え? それだけのことで俺ってば死にかけてんの?」
「それだけのこととはなんじゃ、それだけのこととは! それにお主が死にかけとるのはワシのせいじゃないわ! 単純にお主がマヌケなだけじゃわい」
「はぁ、そうなんすか」

 お面被った和服姿の女の子が、「プンスカ!」とジタバタしてる姿はなんか和むねぇ。
 いや、和んでる場合じゃねぇか。

「さて、お主はほっとけば死ぬ。それくらい打ち所が悪い」
「あー、じゃあ死んでもいいっすわ。俺なんて生きてても迷惑なだけだし」

 自分から行動を起こすのは無理だけど、不運に巻き込まれて死ねるってんなら、正直望むところだ。
 どうせ生きてたってなにができるわけでもないし、そこまで生に執着はないかな。
 ってことで来世に期待しよう。

「まあそう言うな。ワシの祠の前で死にかけとるのも何かの縁じゃ。お主にチャンスをやろう」
「えーっと、それは俺がたまたま、お稲荷さんの前で転んだから?」

 あー、なんか面倒くさいことになりそう。

「ふむ。それもあるが、お主の家族に免じて、という部分のほうが大きいのう」
「家族?」
「そうじゃ。お主の両親と妹じゃが、週に一度は油揚げを供えてくれるからの」
「はぁ」
「しかもスーパーの量産品じゃのうて、豆腐屋で造られとる旨いお揚げさんじゃ! 3人とも別の店で買ってきておるらしく、それぞれ個性があって非常に美味なのじゃ!!」
「食いもんに釣られたってわけ?」
「それもなくはないがの。ここ数年はみな、お主のことばかり祈っておるのよ」
「俺の……?」
「そうじゃ。お主をなんとかしてくれ、との。まぁ最近妹だけは祈りではなく、呪いに近いものになっておるがの」

 う……、心当たりがありすぎる。
 つか、お袋だけじゃなく、親父も気にかけてくれてたのか……。

「そこでじゃ。お主には世界を救ってもらおうと思う」

 この人、いきなりなに言ってんの?

「誰にでもできる異世界救済 ~【トライ&エラー】と【ステータス】でニートの君も今日から勇者だ!~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く