誰にでもできる異世界救済 ~【トライ&エラー】と【ステータス】でニートの君も今日から勇者だ!~

平尾正和/ほーち

1-10 朝食からのステータス確認

 俺が歯を磨いているあいだに、客の多くは食事を終えたのか、1階に降りると食堂は半分以上空席になっていた。
 みたところセルフサービスみたいなので、奥に調理場のあるカウンターっぽいところに行ってみる。

「すいません、食事をいただきたいのですが?」
「あいよー。もう日替わりランチしかないけどねー」

 調理場のほうから背の低い、まるっとしたおっちゃんが出てきた。
 なんかの獣人かと思ったけど、こりゃ普通のヒトだね。

「いくらですか?」
「5Gだよー」
「じゃそれで」
「あいよー」

 おっちゃんが手際よく、区切りのあるプレートに盛りつけていく。
 小さくて黒いパンふたつと、サラダ、ハンバーグみたいなのが盛りつけられ、空いたスペースにスープが入った器と水がのせられた。
 トレイを持って、空いたテーブルに座る。

(これが噂の黒パンかぁ)

 異世界もののラノベなんかに出てくる、黒っぽいパン。通称黒パン。

(……やっぱ硬ぇー!)

 試しにかじってみたけど、噂通り相当硬いな。
 でも大丈夫。
 これはスープに浸して食べるんだよねー。

(うん、いけるな!)

 スープに浸せばちゃんと柔らかくなるし、スープの旨味を吸っていい感じだ。
 試しにスープもすすってみたけど、野菜の旨味がしっかり出てるし、塩味も結構効いてるわ。
 異世界モノでよくあるのが、塩とかの調味料が結構な高級品で、食事が味気ないってのが多いんだが、ここのメシは普通に美味い。
 サラダには油と塩となにかの果汁っぽいのを混ぜた、ドレッシング的なものがかかってたけど、これもすげー美味しかった。

(さて、これはハンバーグだよな、どうみても)

 メインディッシュはひき肉を固めて焼いたもので、形も匂いもハンバーグそのものだった。
 ただ、ソースはかかってなかったけど。
 ナイフで切ってみると、中から肉汁が出てきたよ、ちゃんと。

(お、うめー! ソースはかかってないけど、ちゃんと味付いてるね。胡椒の味がしっかりしてるわ)

 料理については当たりの世界に来たみたいだ。
 もともと食に関してはこだわるほうじゃないけど、不味いのは勘弁して欲しいからな。
 メシが美味いってだけでも、モチベーションは上がるってもんよ。
 さて、食事も終えたし、一応ステータス確認しとくか。

――――――――――
名前:山岡勝介
職業:見習い冒険者
レベル:4

HP:127
MP:23

物攻:G+(G+)
魔攻:G-
物防:G+(G+)
魔防:G-(G-)
体力:F-
精神力:G+
魔力:G-
賢さ:F+
素早さ:G
器用さ:G
運:G+

【所持金】
現金:0G
カード:15G

【装備】
麻の服:物防G- /魔防G-
革の靴:物防G-


【所持アイテム】
歯ブラシ
洗口液
革の巾着

【スキル】SP:104
稲荷の加護
言語理解
恐怖耐性:Lv2
毒耐性:Lv1
気配察知:Lv1
空腹耐性:Lv1

【称号】
Gランク冒険者

【スタート地点】
トセマの街 西門
572/06/22
09:048:32
――――――――――

 おお! 念願のニート脱却!!
 さらば昔の俺! そしてこんにちは新しい俺!!
 見習い冒険者か……、いいね!!

 ……お、なんか強くなってね?
 HPとMPは回復しと考えればおかしくはないけど、他の能力値がぼちぼち上がってんだよなぁ。
 あれかな、疲労困憊からの超回復ってやつかな?
 とりあえずレベルアップなしでも、能力がは上がるみたいだな。
 まあ、トレーニングで強くなれないとか、ちょっと考えたらおかしいもんな。
 あと、【所持金】【所持アイテム】【称号】ってのが増えてんな。
 なんとなくわかるけど、一応〈稲荷の加護〉の『能力把握』で確認しとくか。

――――――――――
【所持金】→現在の所持金
――――――――――

 現金とカードで別々に表示されるのはありがたいね。
 現金0だけど……。

――――――――――
【所持アイテム】→現在所持しているアイテム。
――――――――――

 せっかくだし、新たに買ったアイテムも確認しとこう。

――――――――――
歯ブラシ→オークの体毛を束ねた歯磨き用ブラシ。
――――――――――

 オークって、ブタ人間みたいな奴か? やっぱいるんだな、この世界には。そういや昔はブタの毛で歯ブラシ作ってたっていうし、理にかなってんのか?

――――――――――
洗口液→ミドゥークダの葉の煮汁を主原料とした浄化液。飲み過ぎると毒。一口分の水に対して2~3滴垂らすのが適量。
――――――――――

 まあ元の世界の洗口液だって飲み過ぎたら毒だもんな。しかし、アルコール原料じゃないのな。

――――――――――
革の巾着→ゴブリンの皮の端切れで作られた巾着。
――――――――――

 おう……今度はゴブリンか。やっぱいんのね、そのへんの定番モンスターは。

――――――――――
【称号】→行動や功績に応じて付与される。ステータスやスキルに影響する場合も。
――――――――――

 照合も見ればわかるけど、効果があるかもしれないから、一応確認だ。

――――――――――
Gランク冒険者→冒険者ギルドに登録したことで取得。効果:なし
――――――――――

 残念、冒険者ランクは持ってても特典はなし、と。


  あと、やっぱスタート地点変わってんな
  この街はトセマの街っていうのね、覚えとこう。


 ステータスの確認はこんなもんでいいか。

 つーかさ、〈鑑定〉スキルはないけど、装備したり所持したりでアイテムの詳細は見れんのね。
 これもまたチートだな。
 お稲荷さん、ありがとう!!

 よし! そろそろ行くか!!

「ごちそうさん。美味しかったよ!」
「まいどー! また来てねー!」

 食器を返した後、俺は再び2階へもどる。
 食後も歯磨きをしないと、気が済まないタチなので。

「誰にでもできる異世界救済 ~【トライ&エラー】と【ステータス】でニートの君も今日から勇者だ!~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く