誰にでもできる異世界救済 ~【トライ&エラー】と【ステータス】でニートの君も今日から勇者だ!~

平尾正和/ほーち

1-8 人は簡単に死ぬものよ

 冒険者ギルド登録に際して、俺はこの世界の常識をいくつか質問した。
 どうやらステータス確認にレベルアップ、スキル、SPの割り振りなんかは、この世界の常識にないらしく、これは大きなアドバンテージになりそうな予感がする。

「他になにかご質問はございますか?」
「あー、とりあえずこんなもんで」
「では、冒険者ギルドへの正式登録はどうされますか?」
「えーっと、すぐにできますか?」
「はい、仮登録は終わってますので、後は登録料をお支払いいただきましたら、ギルドカードをお渡しして完了となります」
「あー、でも俺、文なしなんですけど……」
「よろしければ依頼報酬からの天引き、という形で後払いにも出来ますよ。あと、ホーンラビットの角をお持ちのようですので、買い取りも可能ですが」

 なんでも、ホーンラビットの角は、装飾品や武器の素材としてそこそこ需要があるらしい。

「えーと、いくらで買い取っていただけます?」
「見せていただいても?」

 俺は腰紐に差していた、ホーンラビットの角を渡した。

「これといって目立つ傷もないですし、うまく採取できておりますので、規定料金の50Gゴルドで買い取らせていただきます」

 なるほど、ここの通貨単位はGゴルドね。
 新たな常識、ゲット。

「ちなみに登録料っていくらですか?」
「失礼しました。お伝えしておりませんでしたね。登録料は100Gです」

 足らんやないかーい!!
 ……とりあえず50Gは、手元に置いておこう。

「すいません、じゃああと払いで正式登録お願いします。あとこの角は買い取りで」
「かしこまりました。少々お待ちくださいませ」

 エレナさんがカード入ってる台座を操作すると、またカードが淡く光った。
 そしたらカードに、俺の名前と冒険者ランクが表示された。
 エレナさんが台座からカードを外して渡してくれたので、ありがたく受け取る。

「はい、ではこれで登録は完了となります」

 ちなみにこのカード、失くしても他人による不正利用はほぼ不可能なうえ、万が一にも不正使用しようもんなら、すぐにバレて重罪なんだと。
 再発行は可能だけど、紛失記録は残るし、再発行に100Gかかるとのこと。
 絶対になくさないよう、気をつけないとな。

 とりあえず、冒険者ギルド登録は終わった。
 あとは今夜の宿だが……。

「すいません、宿をとりたいのですが、できるだけ安いところはないでしょうか?」
「当ギルドに宿泊施設がありますよ。冒険者の方は無料で利用可能です」
「ホントですか!? ……ちなみに安宿だといくらくらいになるんでしょうか」
「そうですねぇ、安くても10~20Gはかかるかと……。一般的なところで50~100G程度ですね」
「なるほど。では今夜は宿泊施設を使ってもいいですか?」
「かしこまりました。あちらの階段を上ったところが宿泊施設になりますので、209番の寝台をお使い下さい。寝台入り口にカードをかざせば、利用可能となっております。また、宿泊階層には10Gで利用できる浄化施設もありますので、ぜひご活用下さいませ」

 そのあと俺は、ホーンラビットの角の買い取り手続きを済ませた。

「カードを使ってお金を預かることもできますが、どうされます? ギルド内や提携店舗での飲食や買い物、施設利用料などはカード決済出来ますので、便利ですよ?」

 うお、なんかハイテクだな、やっぱ

「じゃあお願いします」
「はい、かしこまりました」

 エレナさんがなんか手続きすると、ギルドカードに50Gの文字が現れた。

「カードに表示されている金額は、ご本人様以外には見えませんのでご安心下さい」

 おお、なかなかの安心設定じゃないか。

「じゃあ、ありがとうございました」

 ……疲れた。
 よくよく考えれば、丸一日歩きっぱなしだったんだよなあ。
 休めるとわかったら、一気に疲れが来たわ……。
 さっきまでのワクワク感の反動も激しいな……。
 指示された場所にある階段へ向かって、俺は重い足を引きずりながら歩き始めた。
 なんかすぐそこなのにすげー遠いぞ、階段。

 「……いてっ」

 あ、なにかにぶつかった……、けどいま止まったら、このままぶっ倒れそう。

「おい、待てや」

 なんか肩掴まれた。
 もしかして人にぶつかった?
 そりゃ悪いことしたなぁ。

「あー、すんませんっしたぁ……」

 振り返ったらでかいオッサンがいたから、とりあえず謝る。
 つかマジでけぇな。
 2メートルくらいあんじゃね?
 肩の筋肉とか、盛り上がり方がハンパねぇな。

「いやいや、人にぶつかっといて無視していくとか、呼び止められたらダルそうに謝るとかよぉ、そりゃちょっとよくねぇんじゃねぇか?」

 おっしゃるとおり。
 すげー顔で睨まれてるから、普段の俺ならジャンピング土下座状態だろうけど、いまはホント疲れてるから勘弁して欲しい。

「すんませんっす……。疲れてるもんで……」
「へええ。お前、俺に睨まれてんのにあんまビビってねぇな」
「はぁ……」
「ちっ……、まあいいや。次からは気をつけな」

 そういって男は軽く俺の胸と押した。
 うん、ホント軽く押すって感じの動作だったんだ。
 車にでもはねられたんじゃねぇか? ってくらいの衝撃が来て、階段の方に吹っ飛ばされた。

「え……?」

 オッサン、唖然としてこっち見てるよ。
 いやいや、びっくりしてんのはこっちだっての。

「お、おい! 大丈夫かよ?」

 オッサン慌てて駆け寄ってきたわ。
 なんか笑える。
 あれ、でも体が全然動かねぇし、声も出せねぇ……。

「ちょっと! ガンドルフォさん! 何してるんですか!?」 

 あ、エレナさんが慌てて飛び出てきた。

「い、いや、ちょっと揉めてよ。軽く押したらよろけて階段で頭打っちまったみたいで……」

 いや、よろけたっつーか、ふっ飛んだよね?

「ショウスケさん! 聞こえます? 大丈夫ですか!?」

 いやぁ、大丈夫じゃないっぽいねぇ、これ。
 あーあ、階段に頭ぶつけて死亡って、どこの2時間サスペンスだよ……。

「嘘だろ……。俺の睨みでビビらねぇから、ちょっとはできる奴と思ったんだが」

 どんな言い訳だよそれ……。
 ああ、来たよ、ゾワゾワ。
 だいぶマシになったけど、やっぱ嫌だなこれ。
 クソ……、せっかく街にたどり着いたってのに、また森からやり直しかよ。
 ……………………。


「ちょっとー、なにキョロキョロしてんのー。うしろついていくから、とりあえずまっすぐ歩いてー」

 ……え?

「誰にでもできる異世界救済 ~【トライ&エラー】と【ステータス】でニートの君も今日から勇者だ!~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く