誰にでもできる異世界救済 ~【トライ&エラー】と【ステータス】でニートの君も今日から勇者だ!~

平尾正和/ほーち

1-6 仮登録

 門番の人に促されて街を歩き、冒険者ギルドにたどり着いた俺は、そのまま建物の中に入った。
 街灯同様に、建物内もちゃんと照明設備があるらしく、かなり明るかった。
 で、意外と小綺麗な感じだわ。
 まあでもガラの悪そうなのがチラホラいるね。
 入ってすぐのところは、待ち合わせスペースみたいになってんのかな?
 4~6人がけテーブル席が20卓くらいあって、半分ほど埋まってる感じ。
 そのスペースの脇を抜けて、受付みたいなところに連れていかれた。

「やっほーエレナちゃん」

 うわー! ケモミミだあー!!
 門番の人に声をかけられたエレナさん、ケモミミだったよー!!
 あれかな、見た感じ、猫獣人かな?
 可愛いなぁ……。
 受付卓で見えないけど、尻尾も生えてんのかなぁ……。

「どうもアディソンさん……。もうすでに厄介事のにおいがしてるんだけど、気のせいかしら」

 へえ、このちょいイケメン門番の人、アディソンっていうんだ。
 っつか、語尾に『ニャ』はつかないのな……、残念。

「さっすがエレナちゃん! 冴えてるね」

 うわ、エレナさん、汚物を見るような目でアディソンさん見てるよ。
 んでそれを飄々と受け流すアディソンさん。
 メンタルつえーな、おい。

「……で、そちらの方は?」
「この人ね、森で迷子になったんだって。文なし身分証なしだけど、素材持ってるからよろしくねー。じゃ、僕は門閉めなきゃだから、行くねー」

 アディソンさんは一気にしゃべり終えたあと、さっと身を翻して歩き出した。

「ちょっと! ウチは浮浪者の引き受け所じゃないのよ!!」

 エレナさんが怒鳴ったけど、アディソンさんは手をヒラヒラ振っただけで、そのままギルドから出て行った。
 っつか、浮浪者……。
 ちょっとショック。

「はぁ……。じゃあそこに座ってください」

 促されるまま、俺は受付卓の前にある丸椅子に座った。
 エレナさん……近くで見るとやっぱ可愛い……。
 あ、なんか営業スマイルっぽい表情になった。

「お名前は?」
「山岡勝介です」
「ショウケ・ヤマオカさんね」

 あ、姓名逆になった。
 うまいいこと翻訳されて、今後はそう名乗れってことなのかな?

「ご出身は?」
「すいません……、森で何日か遭難してたらしくて、昔のことよく覚えてないんです」

 さっきエルフちゃんに提示された、記憶喪失という設定を、そのまま使うことにした。
 なんかあったら「思い出せない」で乗りきれるだろうし。

「そう……、それは大変でしたね」

 しかしあれだな、俺普通に話せてんな。
 門番の人はともかく、こんな可愛い女の人なんて、以前なら目も合わせられなかっただろうに。
 もしかして、〈恐怖耐性〉って、対人恐怖症にも効果あったりして。

「ここに来られたということは、冒険者ギルドに登録するということでよろしいですか?」
「えーと、あ、はい。たぶん……」

 ここからは簡単な冒険者ギルドの説明だった。
 登録することで、冒険者ギルドが身元を保証してくれるらしい。
 登録の際に血液――っつっても一滴だけね――を提供する必要があり、もし以前に登録の経緯があれば、そのときの情報が出てくるんだとか。
 登録情報は各地のギルドで共有されるらしく、これは冒険者ギルドにかぎらず、商業系ギルドや職人系ギルド他、主要ギルドでも共有されるんだと。

 なんか妙にハイテクだな。
 まあでもこのハイテクネットワークのおかげで、俺みたいな不審者もとりあえず登録できるんだろう。
 万が一登録後に問題起こしても、その情報がすぐに共有できるわけだし。

「とりあえず詳しい説明は後にして、仮登録という形を取らせていただいてよろしいですか?」
「あ、はい」
「字は書けますか?」
「えっと、たぶん」

 表みたいなのが書かれた紙と、ペンを出された。
 こういうのは、ファンタジーものでお馴染みの羊皮紙と羽ペンかと思ったけど、紙はなんか粗い和紙みたいな感じで、ペンは万年筆っぽいな。
 インクも内蔵なのかな?
 とりあえず書いてみたら普通にインクは出たね。
 試しにカタカナで『ショウスケ・ヤマオカ』って書いたら、勝手に違う文字で書かれたわ。
 変な感じ……。
 あといろいろ項目あったけど、年齢と性別くらいしか書けることはなかったわ。

「では次に血液登録しますね」

 なんかクレジットカードくらいの大きさの、透明なカードをはめ込んだ台座みたいのを出される。
 その台座に丸い窪みみたいなのがあり、そこに指を押し当てるように指示された。
 指を当てると、チクっと軽い痛みが走ったあと、カードが淡く光った。
 指を見てみたけど、特に傷痕はなかった。

「採血後に、自動で回復魔術がかかるようになってますから、傷の心配はないですよ」
「はぁ」

 そういうことは、先に言っといてくれ。

「……残念ながら、過去にギルド登録した履歴はないようですね」
「そうですか……」

 そりゃそーだ。
 しかし一応残念そうな雰囲気は出しておく。

「ではこれで仮登録は終了です。お時間よろしければ詳しい説明をさせていただいても?」
「あ、はい、お願いします」

 とりあえず俺は仮登録ではあるが、冒険者ギルドに加入した。

「誰にでもできる異世界救済 ~【トライ&エラー】と【ステータス】でニートの君も今日から勇者だ!~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く