誰にでもできる異世界救済 ~【トライ&エラー】と【ステータス】でニートの君も今日から勇者だ!~

平尾正和/ほーち

1-5 初めての街

『下流に向かってこの川沿いを歩いていれば、街が見えてくるわ』

 あの金髪エルフちゃんの言葉を頼りに、ひたすら小川沿いを歩いた。
 喉が渇けば川の水を飲み、腹が減ったらそのへんに成ってる、木イチゴとかブルーベリーみたいな果物を食べる。
 見た目通りに甘酸っぱくて美味しく、いまのところ腹痛はない。

 たまにステータスでHP確認してたけど、とくに変化はないから、飢え死にの心配はなさそう。
 いや、さっきの脱水症状のときに、HPが減っていたかどうかは未確認だから、あくまで気休めみたいなもんだけど。

 そんなこんなで日暮れ近くまで歩いたところで、やっとこさ見えてきたよ、街が。
 たぶん、街だと思う。
 まあまあ高い市壁に囲まれてる場所があって、壁の向こうに建物の屋根っぽいのがちらほら見えるから、アレ絶対街でしょ。たぶん、彼女が言ってたやつ。
 小川から離れる形になるので、最後に水をがぶ飲みして、街に向かって歩き始めた。

 20分くらい歩いたかな。
 日が落ち始めると、暗くなるのは早いね。
 塀にたどり着いたときには、もうほとんど真っ暗だったよ。
 
 塀沿いに5分くらい歩いたら、ようやく門らしきものが見えてきた。
 で、門番らしい人が立ってたよ。
 さて、話しかけられるかな、俺。
 長いこと引きこもりやってて、コンビニ店員とすら目を合わせられなかったもんなぁ。
 さっきは救出に対するお礼、みたいな流れで話せたけど、あれは異常事態だからノーカンだ。

 あー、なんかドキドキして……こないな。
 あれ、意外と平静かも。
 門番の人の格好、軽鎧っていうんだっけ? 胸当てと手甲と金属ブーツだけ、みたいな。
 遠目に見るといかつそうな感じだったけど、近くで見るとなんか若くて優しそうだな。
 俺よりちょい背が高いから、180センチくらい?
 まぁまぁイケメンだね。

「あのー、すいません」

 お、ふつーに声かけれたよ。

「なにー?」

 うわー、なんかこの人ダルそうにしてんな。

「あの、森で迷ってしまって……。なんとか森を抜けてここまでたどり着いたんですが、どこか休めるところはないでしょうか」
「ふーん、森でね。ずいぶんボロボロだね」
「はぁ……」
「身分証は?」
「いえ、ないです……」
「お金は?」
「持ってません……」
「そりゃ参ったね。とりあえず日没後は原則通行禁止だけど……、ギリギリセーフかな。持ち物は……」
「えーっと、このホーンラビットの角だけです」
「へぇ、ホーンラビットの……。とりあえず調べさせてもらうね」

 そう言うと門番の人はボディチェックを始める。
 アッー! そんなとこ……触られたら、声が……。

「ホント、何も持ってないんだねえ」
「……はい」

 門番の人が、急に真顔になってこっちを見てる。
 やだ……、ちょっと照れる……。

「魔術の方も危険なものは使えなさそうだね」

 あ、なんか試されてたのかな?
 たぶん魔法に関してなにか調べてたんだろうけど、〈魔力感知〉持ってないから反応できなかった、とかそんな感じだろ。

「よし、じゃあとりあえず門とおって街に入って」
「あ、はい」
「おーい、ここ頼むね!」

 門番の人、門の反対側にいる相方っぽい人に見張り任せるみたいだな。
 俺はそのまま門番の人に言われたとおり、門を通って街に入った。

「そのまま歩いてー」
「あ、はぁ……」

 あれ、いまなんか通知音がなったような……。

《――を更新》

 あ! お知らせ出てたのに見逃した!!
 なになに? 何か更新したみたいなのでてたよね? もっかい出ない?

「ちょっとー、なにキョロキョロしてんのー。うしろついていくから、とりあえずまっすぐ歩いてー」

 ああ、もう! 仕方ない、言われたとおりにするか……。
 それにしても、「ついてこい」じゃなくて「前歩け」なんだな。

 しかしあれだな、やっぱ昔のヨーロッパ風なんだな。
 いま歩いてるのが中央の大通りみたいな感じ?
 結構いい感じの石畳だわ。
 そういやもうほぼ真っ暗なのに、街に入ると結構明るいな。
 よく見たら街灯が結構あるわ。
 流石に電気ってことはないだろうから、ガス灯ってやつかな?
 いや、ガス灯って名前は知ってるけど、あれって燃料ガスなのかね。
 原理がわからん。
 ああ、でもファンタジー世界で魔法があるのは確定だから、魔道具ってやつかもしれないな。
 うん、そっちの方がしっくり来るわ。

「あ、そこ右に曲がってー」

 その後も、門番の人の指示に従って歩いて行った。
 って言っても、そんな複雑な道順じゃないけどね。
 基本的には街灯が立ってる広めの通りばかりだったわ。
 で辿り着いたのが……冒険者ギルドだって。

 キタね!!
 異世界に来たからには外せないよな!!
 なんでここが冒険者ギルドってわかったかって?
 看板が出てるからな!!
 よしよし、ちゃんと読めるわ。
 〈言語理解〉さんあざーっす!!
 しかし明らかに見たことない文字なのに読めるって、なんか変な感じだなあ。

「なーにニヤニヤしてんのさ。入った入った」
「あ、はい、すんません」

 実際に冒険者ギルドを目の当たりにし、どうやらニヤついてしまったらしい。
 俺は門番の人に促されて、建物中に入った。

「誰にでもできる異世界救済 ~【トライ&エラー】と【ステータス】でニートの君も今日から勇者だ!~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く