誰にでもできる異世界救済 ~【トライ&エラー】と【ステータス】でニートの君も今日から勇者だ!~

平尾正和/ほーち

1-3 出会いはリセット

 彼女の後に続いて、草原を歩く。
 歩くたびに揺れるさらさらの金髪から、尖った耳が覗く。
 もしかして、エルフってやつかな。
 だから魔術ってやつが得意なのかな。
 あと、うしろからみたスタイルは完璧だった。
 狭い肩幅に、ピンと伸びた背筋、キュッとくびれた腰。
 お尻はぷりっぷりだし、そこからすらっと伸びる脚も、細いだけじゃなくいい感じにむちっとしてる。
 くそう、やっぱり太ももの感触をもっと堪能しとくんだったぜ……。

「大丈夫? つらくない?」
「はい、だいじょうぶです」

 こうやって時々声をかけてくれる以外、とくに会話はない。
 いや、これは俺がコミュ障ってわけじゃなくて、物音に耳を傾けつつ、警戒しておく必要があるからだ。
 このあたりは魔物が棲息していて、森にいる奴ほど危険じゃないが、それでも奇襲を受けるとヤバいらしい。

 魔物……そう、魔物だ。
 あの角の生えたウサギも、でっかい猪も、樹の上から落ちてきた蛇も、たぶん魔物なんだろう。
 詳しい話は街に着いてから聞くとしよう。
 とにかく、あの連中をただの獣と侮ってはだめ、ということだ。

 ふたりが草を踏みしめる音が、しばらくのあいだ淡々と続いた。

**********

 少し歩くと、川のせせらぎが聞こえてきた。
 そしてほどなく、小川に行き当たる。

「下流に向かってこの川沿いを歩いていれば、街が見えてくるわ」

 せめてこの川までたどり着いていれば、俺はなんとか生き残れたかも知れない。
 さっき倒れたところから200メートルくらいか……無理だったな、やっぱ。

 ん? なにかいる……?

 ――カサ……。

 違和感のあと、草の葉のこすれる音が聞こえた。
 風に揺れたのとは、たぶん違う。
 ふたりの足音にかき消されそうな、小さな音だった。
 これに気付けたのは、〈気配察知〉のおかげだろうか。

 彼女もどうやら気付いたようで、足を止め、チラリと俺を振り返った。
 少し鋭くなった視線を受け俺が頷くと、彼女は音がしたと思われるほうに目を向けた。
 彼女が腰を落として腰に差した短剣の柄を握るのを見て、俺も身構えながら、腰に手をやる。

 ――しまった。

 腰紐に差していた角ウサギの角がなくなってる。
 どこで落とした……?
 森をあるいている最中か……あるいは倒れたあの場所か……。
 どちらにせよ、俺の手元に武器らしい武器はない。
 なにかあれば、逃げるしかないってわけだ。

 ――ガササッ!

 茂みからなにかが飛び出す。
 角ウサギだ。

「そこぉっ!」

 だが警戒していた彼女は、あわてることなく角ウサギに手をかざした。
 そして炎の矢みたいなものが、手から飛び出る。

「キュィィィッ……!」

 炎の矢に貫かれた角ウサギが、悲鳴を上げてその場に崩れ落ちる。
 彼女はそれを見て表情を緩めた。

「あぶないっ!」

 だが、まだ危険が去ったわけじゃない。
 角ウサギは2匹いたのだ。
 俺からだとすぐにわかったけど、彼女の位置からだとちょうど1匹目が死角になって見えなかったようだ。
 2匹目の姿を確認した彼女は、驚いて目を見開き、手に持った短剣を振りかぶった。
 でも、間に合わない。

 ――ドス……!

 腹に、激痛が走る。

「ぐぅ……いってぇ……」
「そんな……!?」

 なんとか間に合った。
 俺は腹に深々と角を突き刺すウサギを見ながら、口元がにやけるのを感じた。
 痛いし、苦しいけど、それ以上に彼女を守れたことが嬉しかった。

「ぐふぉっ!!」

 角ウサギが俺の身体を蹴飛ばし、その勢いで突き刺さった角がずるりと抜ける。
 強烈な蹴りに吹き飛ばされ、倒れながら、角ウサギが着地すると同時に、炎の矢に貫かれるのを見た。
 ドサリ、と倒れた衝撃で、傷から激痛が生まれる。

「ごほっ! げぼぉっ……!」

 腹の底から血が逆流し、口からあふれ出した。
 息が、苦しい。

「ああっ……! ごめんなさい、私のせいで……!!」

 彼女が、泣きながら駆け寄ってくる。
 ほどなく頭が持上がり、柔らかい物に乗せられた。

「ごめんなさい……ごめんなさい……」

 彼女の目からあふれた涙が、ぽたぽたと落ち、俺の頬に当たる。
 あぁ……後頭部にあたる太ももの感触が、心地いいなぁ……。

「ぁ……がふっ……ごぼっ……」

 ありがとう、俺みたいなやつを助けてくれて。
 そう言いたかったけど、声にはならなかった。
 俺を見る彼女の顔が本当に悲しそうで、申し訳なく感じる。
 大丈夫、あといくらもしないうちに、忘れてしまうから。

 だんだんと視界がぼやけ、音も聞こえなくなってきた。
 やがて俺は意識を失い――。

「ふぅ……」

 ――森の中で目覚めた。
 彼女との出会いは“なかったこと”になった。

**********

 目覚めたあと、感傷にひたる間もなく俺は立ち上がり、角ウサギと対峙した。
 そして無事ウサ公を倒して角を手に入れ、森のなかを歩き始める。

「しばらく〈空腹耐性〉は切っておこうか」

 どうやら意識することで〈空腹耐性〉は無効にできるようなので、俺は空腹や喉の渇きに耐えながら、森のなかを歩いた。
 〈気配察知〉を習得したおかげか、警戒していても気疲れすることが少なくなった。
 そこで俺は、警戒しつつなにか食べられるものがないか探した。

 空腹感や喉の渇きは、いってみれば身体が危険信号を発してるわけだから、それを感じなくなるってのはよくない。
 いや、定期的に飲食ができる状態で、一時的にそういったネガティブな信号をカットできることは、いつかどこかで役に立つだろうけど、いまはだめだ。
 さっきみたいに脱水症状で倒れたら目も当てられないからな。

 森の中には、果物を実らせている植物がそこかしこにあった。
 見覚えのあるようなものもあれば、見たことのないものもあった。
 とりあえず俺には〈毒耐性〉があるから、多少のことでは腹も壊さないだろうし、万が一食中毒になっても、死んだらやり直せる。
 さっきみたいに行動できなくなることのほうが危険なので、俺は慎重に森を歩きながら、ときどき見つけた果物を食べて水分と栄養を補給し、森を歩いた。
 そうやってさっきより時間をかけて探索を進め、再び森を出ることができた。

 ここがさっき出た場所かどうかはわからない。
 でも、森を背にまっすぐあるけばなんとかなるはずだと思い、木イチゴみたいな果物をちびちびと食べながら、慎重に歩いた。
 ほどなく、小川にたどり着くことができたので、顔を突っ込んでガブガブと水を飲んだ。

「ぷはぁ……! 水、うめぇ……」

 ひと息ついたところで辺りを見回したが、彼女の姿は見えなかった。

「誰にでもできる異世界救済 ~【トライ&エラー】と【ステータス】でニートの君も今日から勇者だ!~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く