僕はまた、あの鈴の音を聞く

りんね

2章 完 僕から僕へ

「どちら様ですか?」

僕は病室に入ってきた不思議な人に向かって、そう尋ねた。

「.......」

その人は、何も喋らなかった。

しかし、

ーーチリン、チリン。

その人は手に持った鈴を鳴らした。

「ーー鈴?」

すると、その人はゆっくりと頷いた。

「鈴って呼んだらいいの?」

その人......鈴さんは頷いた。

鈴さんはずっと無口だった。

何も喋らず、何かあれば鈴を鳴らし僕の話を聞き、帰るだけ。

そこで僕はある日、鈴さんにこう尋ねた。

「鈴さんは、鈴が好きなのか?」

鈴さんは、首を振った。

「鈴さん。そろそろ、君のことを教えてくれても良くないか?」

意外に呆気なく、鈴さんはお面を外した• • • • • •

さらに僕はそれから数時間、鈴さんと 話をした。

何故記憶がないのか• • • • • • • • •

何故鈴さんは正体を隠していたのか• • • • • • • • • • • • • • •
そんなことを、僕は聞いた......。




ここまでが、君に宛てたメッセージその2だ。

【君は、これから先に進む度にこれを読むことが出来る。その仲介人が鈴さんだ。どうか悔いのないように過ごして欲しい。そして、周りに迷惑をかけないで欲しい。君が一歩進む度、君は現実と向き合うこととなる。それでも、自分を見失わずに頑張ってくれ】










『信義より』


「僕はまた、あの鈴の音を聞く」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く