僕はまた、あの鈴の音を聞く

りんね

No.0214 バレンタインデー

二月十四日。

世間ではこの日をバレンタインデーという。

なんでも、女性が男性にチョコを渡すというシンプルなもの。

昔は本命チョコというのが一般的だったが、最近では友人同士で渡す友チョコ、日頃のお礼の義理チョコ、自分自信を労うご褒美チョコなんてものもあるらしい。

そして今日はそのバレンタインデー。

まさかこんなにも辛く険しいものだとは知る由もないのであった。


二月十三日。

神崎冬夜と僕は、電話を通してある会話もとい、密談をしていた。

『信義!明日は何の日か知ってるか?』

『たしか、バレンタインデーとか言ってたっけ。それがどうかしたのか?』

『どうかした......だと』

その後、大まかだがその詳細を僕は教わった。

『なるほどな。でっ、改めて聞くがそれがどうかしたのか?』

『なぁ、信義。お前は記憶がないから知らないんだな......。バレンタインデーは別名、天国と地獄と呼ばれていることに』

『天国と地獄?』

『明日になったら全てわかるさ。じゃあな』

そして神崎は、電話を切った。


二月十四日

今日は珍しく、一人で起きた。

昨日のことが、頭に残っていたせいかもしれない。

それから僕は支度を済ませ学校へと向かった。


「神崎、お前の言ってたこと。分かる気がする」

「そうだろ。これはまさに地獄としか言えないな」

今日はいつにも増して、クラスが騒がしかった。

ほとんどの女子と一部の男子が盛り上がっており、その原因がチョコの受け渡しによるものだった。

そしてそんな様子を白い目で見ていた教室の隅で残りの男子が、殺意をダダ漏れに黙り混んでいた。

まさに地獄絵図。

しかし、そんな地獄は時間が経つにつれて、終息へと向かって行ったのだった。

先程まで盛り上がっていた者達は、普段よりも少し幸せそうな表情を浮かべ、先程まで黙り込んでいた残りの者達は未だ殺意の目を浮かべていた。

「はーい、皆さん席に着いて......って、全員座ってる!?」

すると担任の東山先生が教室へと入ってきた。

「流石バレンタイン。しかし皆さん。今日はバレンタインデーとはいえ、あまりはしゃぎ過ぎないように」

(もう、遅いんじゃないか......)

そして、物語は放課後へと移る.......


「神崎。これが真の地獄だったのか」

「いや、多分違うと思うぞ。むしろ天国だろ」

放課後。僕の携帯に一通のメールが届いた。

相手は伊藤穂波。内容は端的に言うと呼び出しだった。

普通の女子なら期待できること、喜べることだろう。

神崎も、そう勘違いかんちがいしてるに違いない。

しかしこの時の僕は、一種の恐怖を感じていた。

言うなれば、ヤクザや、不良に呼び出された感じ......。

「バレンタインと生じて、毒でも盛られるんじゃ......」

「何言ってんの。しん君」

「.......穂波!?」

「ったく、いつまで待っても来ないから自分から来ちゃったよ。.......は、はい、これ」

そう言って、穂波はカバンの中から取り出したものを僕に手渡した。

「これは.......」

「チョコよ。見れば分かると思うけど、手作り.......言っとくけど、義理だからね」

こんな時、なんて言えばいいんだろうか。

(ありがとうというべきなのか.......。いや、たしかホワイトデーという日に3倍に返さないと駄目なはず......まさか!!)

そして、僕は一つの結論に至る。

ー穂波は、僕にチョコを渡すことでこの前の件について、八つ当たりをしてるのでは......と。

この前の件。それは、僕が穂波としていた約束を忘れているという件だ。

(それならば.......)

「このチョコ.......食べなきゃ駄目なのか?」

そんな事を考えて、言ってしまった。
 
途端、空気が凍りつく。

先程まで僕に殺意を向けていたクラスメイトは、殺意を一切無くし、神崎は唖然、穂波は目に涙を浮かべていた。

「.......いいよ。食べなくて」

そう言って、穂波は教室から立ち去ろうとした。

後悔。

たった数秒が長く感じる。

「待ってくれ。そういう意味じゃないんだ」

穂波が、背を向けたまま立ち止まった。

(どうする、どうする、どうする!!)

この状況を打開する一手はないのか!!

「そ、そっか。信義、食べるのが勿体ない程嬉しかったんだな、な!」

(ナイスだ!神崎)

「ああ、紛らわしい言い方をして悪かった。チョコはちゃんと食べるよ」

「ほんと......?」

「なんなら今食べる」

そして僕はチョコを頬張った。

香ばしいカカオの香り。

ちょっとだけ苦味が混ざった甘い味。

何気に、チョコの味を知ったのはこれが初めてだった。

「凄え、美味いな......!!」

食べ終わると、穂波は少しだけ元気を取り戻しているように見えた。

「しん君。」

「なんだ?」

「お返しは、5倍でお願いね」

「......仕方ないか」


家に帰ると、先に帰宅していた茜が、後ろに手を組みながら出迎えてくれた。

そしてすぐに、組んでいた手を僕の方に差し出し......

「はい、しん。ハッピーバレンタイン!」

「茜......!!」

「頑張って作ったからまた後で食べてね」

(これが天国か)

甘くて苦い、一日が終わった。



初めまして、こんにちは、こんばんは!

作者のりんねです!

いつも、こんな突っ込みどころ満載の小説を、読んで頂き感謝感謝です!

二月十四日から二日過ぎとなってしまいましたが、今回はバレンタインデーの内容となっております。

ただ、本編とは関係ない内容なので、時系列に矛盾が出てきそうな気もしますが、そこは、スルーということで......(笑)

これからも、暇潰し程度に読んで頂けると幸いです!

「僕はまた、あの鈴の音を聞く」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く