一万の聖剣を持つ精霊

夢野つき

四章 真実

 学園寮は実に環境の整ったいい場所だった。宿に比べて部屋が広く壁はしっかりとしており、何よりも室内の空気管理をする魔法が組み込まれた魔法石、言わゆるエアコンがあるのだ。

「わぁー!凄いねリョーマ、ヒメさん!」
「あぁ、そうだな」
「うん...」

 ヒメは俯きながら答える。いつ本題に入るべきなのか俺は考える。自分の予想が合っていても、間違っていてもどう反応すべきなのか分からないからだ。
 でも、話さないといけないな...。

「イルミナ、ヒメ、そろそろ本題に入っていいか?」
「うん、分かったよ!」
「...」

 彼女達はベットに腰を下ろした。

「本題と言ってもどこから話せばいいものか...まず初めに、俺には前世の記憶が残っている」
「ッ...!?」

 一発目から衝撃の発言をしてしまったが、イルミナはどういう事かわからない様子だが...ヒメの表情は衝撃を隠せていなかった。その表情で俺は確信に近づく。

「リ、リョーマ、それってどういう事?」
「そうだな、簡単に言うと俺が今、精霊として生きている前の...人だった時の記憶が残っているという事だ。それはヒメ...お前も一緒なんじゃないのか?」

 ヒメの表情は伺えないが俯いたままゆっくりと頷く。

「---姫」
「ッ!?」

 俺は前世で知っている『姫』妹の苗字と一緒に名前を呼んだ。
 するとヒメは顔を上にあげてこちらを見る。その目には涙が浮かんでいる。

「...りょうにー...本当にりょうにーなの?」
「...あぁ、久しぶりだなその名前で呼ばれるの」

 すると、ヒメはいきなり泣き出してしまった。それを今だに状況を把握出来ていないイルミナが慌てながら背中をさする。
 何だかほっとしたような、嬉しいような気がして体の力が一気に抜けた気がした。きっと緊張し過ぎていたのだろう。
 俺はヒメの横に行きイルミナと一緒に背中をさすってやる。気づけばもう外は夕方になっていた。真っ赤に染った太陽の光が俺達のいる部屋を温かく照らす。

「ヒメさん大丈夫ですか? 少しは楽になりましたかぁ?」
「うん、ありがとうイルミナちゃん。何だか心にあったつっかえが取れた気がするよ。今のことは忘れて、今思うと少し恥ずかしいからね…」

 ヒメは微笑みながら俺とイルミナを見つめる。

「それよりもお前達、お腹すいてないか?」

 俺がそう聞いた途端、イルミナとヒメのお腹が同時になる。

「あはは...お腹すいちゃったね」
「ですね...」

 彼女達は頬を赤らめながらも笑いあっていた。

「早く行かないと食堂に間に合わなくなるぞ」
「「本当だ!?」」

 すると二人とも慌て始める。
 まったく、こいつらは見てて飽きないな…。

「ねぇ、りょうにー」

 突然ヒメが話しかけて来た。彼女は万遍の笑みでこう言った。

「これからもよろしくね♪」

「一万の聖剣を持つ精霊」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ナナシ

    わぁ...感動

    1
コメントを書く