一万の聖剣を持つ精霊

夢野つき

三章 体力検査

 今は体力検査をする為に別の体育館に来ていた。

「お、おいコレって…」

 俺は見つけてしまった。床に描かれた白線。音を出す為の魔道具。

「ん? どうしたんですかリョーマ? もうすぐで始まっちゃいますよ?」

 白線との間隔は約二十メートル。走る気満々の試験生たちを見て少しニヤニヤしている先生達。
 そう、これは前世にあった地獄『シャトルラン』だった。学生だった頃ほとんど、いや、全員と言っていいほど嫌いだった時間が今、異世界で始まろうとしていた。

「...イルミナ、一つだけ言っておく」
「ん? 何ですか?」
「しんどいと思ったら直ぐに諦めろ。無理は良くないからな!」
「う、うん。分かったけど、何で震えてるんですか?」

 よく見たら俺はイルミナの両肩をしっかしと掴みながら震えていた。

「い、いや、俺は大丈夫だ。頑張ってやれよ…」
「うん!」

 先生の合図がかかった。この試験は魔法を使用しては行けないらしい。イルミナは可愛らしい笑顔を見せてから白線へと着いた。次々と試験生が白線へと着いて行く。

「それでは始めまーす!....


     一時間後

 独特の曲を流している中、一人の少女が体育館を走っていた。もちろんイルミナだ。はじめにいた試験生達はもうバテバテで、保健室に運ばれた奴までいた。どうやら獣人族に負けるという事が貴族達の気に触れたらしく、最終的にこうなってしまった。元々、獣人族と人族では身体能力の差が大きいんだから理解しろよ…。

「せ、先生!もう曲が終わってしまいます!」
「何だって!? 一体どうなってんだ!?」

 そんな話し声が聞こえる中、とうとう魔道具が煙を出し始めて止まってしまった。

「イルミナ、お疲れ。結構走ったな」
「はァはァ…。も、もう無理ですぅ...」

 倒れそうになったイルミナを俺は体でしっかりと支えた。体が火照っていて、もう完全に脱力し切っていた。

「全く、無理するなって言ったのに...でもよく頑張った」
「えへへぇ...」

 俺はそっとイルミナの頭を撫でた。周りからの目線はやはり少し痛かった。

「み、皆さん!魔道具が故障したので一時間の休憩をとります!その間、昼食を食べて下さい!」

 先生の合図があった後、皆が外の中庭へと案内された。俺はイルミナを背負いながらついて行った。全く、どっちが主人なのか…。

「一万の聖剣を持つ精霊」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く