一万の聖剣を持つ精霊

夢野つき

三章 入学試験 Ⅲ

 俺とイルミナは受付を済ませたであろう子供たちと一緒に、女性の先生の案内について行く。校内の廊下はなかなかに広く、一度に200人ほどを連れていく。
 イルミナは緊張しながら、俺は建物の構造を気にしながら進んでいると、大きな広間に出た。

「皆さーん。こちらに集まってください!」

先生が声をかける。

「まだ精霊と契約していない人は、召喚術士の方がいるので精霊契約を済ませましょう。もう一人の先生が案内しますのでついて行ってください。また、もう精霊契約をしている人は残ってくださいね!」

 すると、精霊契約を案内する先生へと人が集まる。200人ほど居た場所には40人程しか残らなかった。契約をしていない奴ら結構多くないか?

「あら?あなた達は契約しないの?」
「...ん?俺の事か?」

隣の子がイルミナと俺を見て言ってくる。

「いや、契約してるだろ。俺はコイツの精霊だ」

俺はイルミナを指しながら言う。

「えっ、そ、そうなの...」

そう言ってこちらを『マジか...』と言うような目でこちらを見ていた。きっと、俺が上位精霊だと分かっての反応だろう。
 すると、周りの奴らが聞いていたのか、噂がどんどんと広まっていく。受付の時の噂よりは悪い気持ちにならないが、何だか恥ずかしくくすぐってくるものがある。
 そんな気持ちを隠しながら平然としている俺の横で、イルミナは頬を赤らめながら下を向いていた。

「どうしたイルミナ?熱でもあるのか?」
「うぅ〜...」

 途端にイルミナは、俺のお腹あたりに軽いパンチを繰り返してきた。もちろん頬を赤らめながらだ。
 周りからは男達がこちらを睨みながら『リア充〇ね!』と訴えてきていた。

 ...やめてくれ...。

「はーい、それでは試験の説明をします。しっかり聞いてくださいね〜」

 周りからの目線を気にする長かった様な時間を終えてせ、ようやく説明が始まった。
 話によると、魔法技術、体力検査、剣術の順番に進むらしい。俺は精霊なので試験は受けない。全てはイルミナにかかっているという訳だが、大丈夫だろ。心配なのは、俺はイルミナに魔法を教えていないことだけだ...ほんとに大丈夫かな?
 そして、残った奴らだけでの試験が始まった。


--------------
 まず初めに...すいませんでしたァァァァァァァ!更新がものすごく遅れました。
 受験の方は無事に終わりましたので、もう少し早く更新が出来ると思います。あらすじに不定期と書いてあるので許してくれるはず!
 また、途切れ途切れで書いていたので内容が少しおかしいかもしれませんがご了承を。
 という事で、これからもよろしくお願いします。(๑° ꒳ °๑)

「一万の聖剣を持つ精霊」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • るーるる

    同じく面白いので無理しないで
    投稿してくださいー

    0
  • 東方@まりさ推し

    面白いからyurusu

    0
コメントを書く