一万の聖剣を持つ精霊

夢野つき

二章 クエスト

 俺とイルミナは今、ギルドに来ていた。イルミナのギルドカードを作るついでにクエストを見ていこうとなった。
 小さな方の村だけあって、危険なクエストが少なかった。

「あまりやりたいクエストは無いな」
「でも、何かしないとお金貰えないですよ」
「そう言ってもなぁ…いちよう俺、結構持っているぞ」

そう、持っているのだ。フォレストウルフは結構珍しいらしく、ギルマスが結構な額で買い取ってくれた。きっと、これかの事も考えてのことだろう。

「すいません、リョーマさんとイルミナさんですか?」
「ひゃ、ひゃい!なんでしゅか!?」
「落ち着けイルミナ。はい、そうですが何か?」
「ギルマスがお呼びですのでお越しになって貰えますか?」

ギルマスが?一体なんだ?

「おお、来てくれたか」
「こっ、こんにちは」
「こんにちはです、ギルマス。今日は何の用ですか?」
「今日は君達にこちらのクエストをやってもらいたい」

ギルマスが見せてきたのは一枚のクエスト用紙だった。

「クウィーンタランチュラの討伐?リョーマ、クウィーンタランチュラって何?」

「ハッハッハ、そこは私が教えよう、クウィーンタランチュラとは全長7メートルの大型の魔物でな、そいつ自体はあまり強くないんだが、結構厄介な魔物でな。そいつのせいで町が一つ滅んだ事があるくらいだ」
「それって結構ヤバいんじゃないんですか...?」
「ああ、非常にまずい」

 俺も本で読んだことがある。クウィーンタランチュラは繁殖力が高く、洞窟などに巣を作り、およそ最大二百体程のクモ型の魔物を配下にするらしい。

「なるほど、それを俺たちに?」
「そうだ、この村は人で不足でね。まだ発表してないからやってくれないか。もちろん報酬は沢山出す。あと、君達に有力かもしれない情報もね」

あまり乗り気ではないが情報も気になる。それに、イルミナがこちらを見て目で訴えてくるんだ。やるしかないのか…。

「はぁ...わかった、やるよ」
「ありがとう、何か必要になるものはないか?出来るだけ用意出来るぞ」
「いや、いい。すぐに片付けてくる。場所だけ教えてくれ」

 俺とイルミナは、明日討伐に行くことにして宿に戻ることにした。

「一万の聖剣を持つ精霊」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー318179

    脱字が目立つ

    3
  • ネコの肉球

    ギルドマスターなのかギルマスなのかギルド長なのか固めてくれ....

    1
コメントを書く