一万の聖剣を持つ精霊

夢野つき

一章 イルミナは

 あの日以来、イルミナはほぼ毎日来るようになっていた。来てくれるのは嬉しいが、友達がいないのかこいつ...。まあ、転生に友達がいなかった俺が言えないけど。

「貴方はいつもここにいるけど何してるのですか?」

イルミナも最近はよく俺に質問をしてくるようになった。

「俺は...この洞窟から出られないんだ。精霊だからな」
「えっ、ご、ごめんなさい...です...」
「別にいいさ、気にしなくて。俺もイルミナのような話し相手がいてくれるから暇では無い」

 そんな事を言うと、安堵したのか彼女は笑顔をこちらに向けてきた。...あれ、俺はロリコンなのか?一瞬ドキっとしたぞ。

「そ、そう言えばお前、ほぼ毎日来ているが友達とか居るのか?」
「...私、友達いないんです」
「その髪のせいか?」

彼女は頷いた。
 彼女は少し不思議な所が多い。子供の体にしては魔力量が桁違いだ。しかも、『巫女』なんて職業は今までに初めて見たぞ。

「心配しなくてもいい。俺はお前をそんな事で差別しない」

 すると、少し驚いた様な顔をしたが、嬉しかったのか、また笑顔になる。...ヤバい、俺の心臓持つかな…まあ心臓なんて無いけど!

「あっ、もう時間かな。また来ますね! 精霊さん」
「ああ、またおいで」

そうして、俺は彼女とわられた。
 少し胸騒ぎを感じた。今まで五百年に感じることのなかった心配を感じたのだろう。明日が不安になってきた...。

「一万の聖剣を持つ精霊」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く